« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月30日 (火)

何歳でも。

リンク: Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <ペット犬>半数は7歳以上の「高齢犬」.
ペットフードメーカーなどでつくるペットフード工業会のインターネット調査で、ペットとして飼われている犬の約半数は、7歳以上の「高齢犬」という結果が分かった。
犬の寿命は種によっても異なるが、大型犬では10歳程度、小型犬では12~15歳程度といわれる。
獣医療の高度化などで長寿化が進んでいるという。

よくしつけの問い合わせで、いくつまで大丈夫なのか、1歳2歳超えるともうダメでしょ、なんて事をよく聞かれる。
でもふつうに7歳、8歳でもしてるし、できてる。
もちろん、進め方はワンコそれぞれ。
健康であれば、何の問題もなし。
だって今の寿命でいくと8歳でも、まだまだ犬生の半分、折り返しだもの。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

ご報告

ホームページの「掲示板」は機能してないので閉じました。
具体的なお問い合わせなどは、引き続き、電話やメールでお願いします。
その他なにかあれば、ブログの「コメント」を使ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

飲食店に・・・

リンク: livedoor ニュース - 米ワシントン州議員、飲食店内への犬連れ込み解禁を提案.

AP通信によると、米ワシントン州では、酒場への入場が禁じられている犬たちが寒空の下、ご主人が一杯やっつけるのを待ちつづけるという光景がなくなるかもしれない。

民主党のケン・ジェイコブセン州上院議員は犬を飼ってはいないが、先日同州オリンピアの居酒屋で呑んでいる最中、氷雨のそぼ降る中、店の外でつながれている犬を見て、連れ込みを許可する場所を拡大すべきとの考えに至ったという。

「動物を連れて入ることができる場所は、いろいろとある。ホテルに犬を連れて行くこともできる。中にはハンドバッグに入れている人もいる。なぜ酒場には入っていけないのか」と語る同議員は、酒類を出すバーやレストランへも、飼い主が同席ししっかりとつながれている場合に限り、犬の連れ込みを認めるとする改正法案を提出した。

現在は盲導犬や介助犬などを除いて禁止されている。
しかし、全米州議会議員連盟の担当者は「酒場に犬を入れるのを認めるなどという法律は、どこの州にもない」とにべもない。
例外と言えそうなのはフロリダ州だが、当局の承認を得た飲食店でのみ、飼い主と犬が一緒に食事をすることを、建物外に限り認めるというもので、若干趣が異なる。
州防疫当局者も、飲食店へのペット連れ込み禁止はFDA(米連邦食品医薬品局)の規定に基づくもので、「排泄物やよだれをその場に落とす動物の存在は、食品衛生に対する潜在的脅威だ」と、否定的な見方を示している。
同州上院は30日に小委員会で、ジェイコブセン議員の提案に対する公聴会を開く予定だ。


日本では補助犬ですら入店できるかは、店次第なのが現状。
こんな議論が日本でも盛り上がってほしいな。
犬も家族の一員ですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

ガスもれ

リンク: サルマ・ハエック、飼い犬に助けられる - シネマトゥデイ.

サルマ・ハエックが、ゴールデングローブ賞の授賞式が行われる数時間前に、カリフォルニアの自宅でガス漏れに気づかないまま昼寝をしてしまった。
この危機を救ったのは、ハエックの愛犬ディーバ。
スカイ・ショービズ・ニュースによると、ハエックは「頭痛がして横になったら、ディーバがやってきて、私の洋服の袖をくわえて引っ張って、外へ連れ出そうとするの。それで、ガスが付けっぱなしだったことに気付いたのよ」とのこと。
授賞式にも無事に出席することができ、お手柄の愛犬を充分に褒めてあげたようだ。

日本でもガス漏れのニュースがありましたが、場合によっては死んでしまうんですよね、そのまま気付かなければ。
こわいなあ、本当に。
未然に気づけたおかげで、絆を強く感じるあったかい話になったからよかったよ。
・・・特にこの女優さんに思い入れはありませんが。(苦笑)

| | トラックバック (1)

2007年1月23日 (火)

ピアラシティ

Piara お隣の三郷市にあるピアラシティって名のショッピングモール。
でちょっと買い物。
モール全体は一枚じゃ写せない。
駐車場3100台って、ホント広いよなあ。


つい数年前までは、だだっ広い凸凹の荒れた空き地だったのに。
今じゃすぐそばにはヤマダ電機もできたし、すっかり買い物スポットになってる。
まだまだ色々建ちそうな気配だし。
近所だし、これから楽しみだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

イノシシVS犬

リンク: Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <イノシシ>犬は天敵 散歩中の遭遇は危険.
犬の散歩中に遭遇した時は特にご用心。
全国でイノシシが人を襲う事故が相次いでいることに対し、専門家は「対応を誤れば、さらに被害が増す恐れがある」と注意を呼び掛けている。
犬はイノシシの天敵。「たとえチワワのような小型犬でも恐ろしい敵と感じて襲われることがあります」と指摘する。
 
愛媛県八幡浜市の住宅街では元日、突進してきたイノシシに体当たりされるなどして男女4人が軽いけが。静岡市では8日、犬の散歩後に帰宅しようとした女性が自宅裏の空き地でイノシシに体当たりされ負傷するなど、イノシシによる被害は相次いでいる。
 中央農業総合研究センター(茨城県つくば市)の鳥獣害研究サブチームの仲谷淳上席研究員によると、農地放棄などでイノシシの生息域が拡大しているためという。「生息域が人家近くまで広がり、人と遭遇する可能性が高くなった」と話す。
その上、現在は狩猟期間中(原則11月15日~2月15日)。ハンターに追われ、パニック状態で逃走中のイノシシがたまたま遭遇した人に襲いかかる可能性もある。
 特に犬は、狩猟の際にイノシシを追うため、天敵だ。犬と一緒にいて遭遇した時は、まず鎖やひもを放して犬から離れないと、パニックに陥ったイノシシに襲われる危険があるという。
 イノシシから走って逃れようとしても、イノシシの方が人より足が速い。
背中の毛が立っている時は興奮しているので特に危険という。
慌てずに落ち着いて近くの木に登ったり、物陰に隠れる他、傘を広げて身を隠すのも効果的だ。
 仲谷さんは「イノシシにとって大事なのは、人を殺すことよりも自分が逃げること。一撃して退散することもあり、まずは落ち着くことが大切」と話している。

犬を散歩で連れていたおかげで、出会いがしらのイノシシが逃げて難を逃れたって話がこの前あったと思ったら、逆にこういうパターンもあるかあ。
むずかしいな。
その時のイノシシの興奮の様子によって変わる、か。
むずかしいな。
イノシシに出くわす環境にないことを感謝しなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

そうほうがいい

リンク: Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 犬は登場せず、アイフルがテレビCM再開.
アイフルは20日、テレビコマーシャルを再開した。強引な取り立てなどで昨年4月、金融庁から国内全店の業務停止命令を受けたのを機に中止しており、約9か月ぶりの放映となる。
愛らしい犬が登場し話題となった以前のCMと異なり、借りすぎ注意などを呼びかける内容となっている。
多重債務問題に取り組む市民団体などからは「時期尚早」との批判もあるが、アイフルは「貸し付けに関する社内規定を見直すなど、信頼回復への取り組みを進めている」と説明している。

そんなにこのニュースに興味があるわけじゃないけど、あんまり安易に犬をCMに登場させてほしくないな、というのが正直な気持ちなので、その部分だけはよかったと思う。
犬種のブームは、やっぱりテレビの影響が大きい。
急激な人気の犬種ができるのが、生き物を育てるという考えの無い偽ブリーダーが増える原因の一つになってるのは見過ごせない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

ブリーダーじゃない!

リンク: 犬虐待で京都のブリーダー逮捕 - 大阪ニュース : nikkansports.com.

 京都府警右京署は18日、ヨークシャーテリアなど人気犬を虐待した動物愛護法違反の疑いで、京都市西京区松尾木ノ曽町、タクシー運転手野々村浩三容疑者(53)を逮捕した。
容疑を認め「事故でけがをし、飼育場所まで餌を与えに行くのが面倒になった」と供述しているという。

調べでは、野々村容疑者は副業としてブリーダーをしていた。
昨年10月31日から約3週間、同市右京区内の山中で飼育していたミニチュアダックスフントやチワワなど計27匹に餌や水を与えず、12匹を死なせて15匹を衰弱させた疑い。衰弱した犬は市が施設に保護した。(共同)

こんな人をブリーダーと呼ぶのもおこがましい。
ほんとに腹が立つ。
単に人気犬種を集めてるところをみても、もはや生きものとして犬をみてないでしょう。
記事の内容読んで想像するだけにしても、最初から無理がある管理状況でしょ。
間違いなく、犬好きじゃない人だろうし。
どうして不幸な犬をつくる前に気づかないのかなあ、自分が向いてないこと。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年1月17日 (水)

地震

今日は阪神大震災のおきた日。

地震といえば、おきた時のための備えとしても、普段から犬に首輪をつけておいたままにしたほうがいいと思います。
散歩の時以外は外す家もけっこうありますね。
でもいざ災害が起きたとき、首輪に指を引っかけるだけで、パニックを起こしてる犬をその場にとどめやすくなりますからね。
小型犬だとだっこができるから・・・と思ってしまうけど、災害現場となれば状況によっては手がふさがってしまう抱っこは、し続けるわけにもいかないことも考えられます。
リード(引き紐)がすぐ見つかればいいけど、無くてなにかロープなどで代用したとして、そのとき犬に首輪がついてるかどうかで安定感もずいぶん変わってきます。

・・・こんな心配は一生したくはないのが本音ですけどね。
そうもいってられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

さみしいね

夫バラバラ殺人・・・ショッキングな事件だと思ったら、犬を飼ってたんだ。
コッカースパニエルを飼っていたそうで、なんとか犬のことも考えて犯行思いとどまればよかったのに、なんて考えちゃうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

ケイタイ

2度の水ポチャにも耐え抜いた、わが携帯電話もついに機種変更しました。
いやあ~水たまりに落とした時はダメかと思ったけど、よくここまでもったな。
けっきょく3年半ぐらい使ったのかな。
今思っても、機能の半分も使ってないよ。
そんなもんだよね。

今度のも、できる限り機能をしぼったのを選んだつもりだけど、はたして使いこなす気になるかどうか・・・。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

犬の飛び出し事故

リンク: 大型トレーラーの運転席を鉄板が押し潰す:カーセンサーラボ.

5日午後、茨城県水戸市内の国道6号で、大型トレーラーが急ブレーキを掛けたところ、荷台に積載していた鉄板(1枚あたり1.6トン)が脱落。14枚が運転席を直撃した。運転席部分は完全に押し潰され、乗っていた男性2人が即死している。

茨城県警・水戸署によると、事故が起きたのは5日の午後1時5分ごろ。水戸市若宮1丁目付近の国道6号を走行していた大型トレーラーが、飛び出してきた犬を避けようと急ブレーキを掛けたところ、荷台に積載されていた鉄板16枚が脱落。このうち14枚が慣性の法則で前方に移動して運転席を直撃。そのままこれを押し潰した。

この事故で運転席は跡形も無くなり、運転していた37歳の男性と、同乗していた36歳の男性は胸部強打で即死した。また、事故原因になったとみられる犬も死体で発見されている。

現場は片側2車線の直線区間。鉄板は1枚あたりの重さが1.6トンあり、脱落した16枚を合わせると25トンを超えていた。重量のある鉄板が前に移動することに耐えられず、固定していたワイヤーが切断されたとみられているが、警察では固定方法が適切だったかなどについても調べを進めている。

痛ましい事故です。

犬の道路への飛び出しといえば、
飼い主さんが近くで立ち話していて、そのすきにノーリードの小型犬が道路に飛び出しそうになるという場面に何度か出くわしたことがあります。
ホントにヒヤッとします。
そんな時慌てて呼び戻す飼い主さんもいれば、追いかけて抱き上げる飼い主さんもいます。
車に轢かれた経験でもない限り、犬自身に、車道に出たらどうなるか本当の恐さを理解するのは無理でしょう。
命にかかわることなので、もうちょっと緊張感をもっていてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月 7日 (日)

肥満の薬

リンク: Yahoo!ニュース - ロイター - 犬の「肥満治療薬」を認可=米食品医薬品局.

[ワシントン 5日 ロイター] 米食品医薬品局(FDA)は5日、米ファイザー<PFE.N>の犬用肥満治療薬「スレントロール」を認可したことを明らかにした。この薬品は犬の食欲を減退させ、油の吸収を抑える効果があるという。
 FDAは声明で、同薬品は米国で飼われている犬の約5%とされる肥満犬を減らすことが目的だとしている。人間向けではないため、誤飲しないよう注意を促していくとしている。

これは日本ではないですが、いずれ登場するんでしょう。
あまり太らせてしまうと、単純に運動量を増やしてダイエット、というわけにはいかない場合もあるからねえ。
関節に負担がかかり過ぎたりとか。

それはそうと、正月をはさんだこの時期は、人も犬も色々食べちゃいますよね。(苦笑)
気をつけなきゃねー。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年1月 5日 (金)

Sora105 今日は澄んだ青空でしたネ。

・・・青空といえば、小さいころは色のなかで青色が一番好きだったなあ。
今でも青は好きな色だけど、それほど強いこだわりはなくなりましたね。
心理とか深く考えなくても、実感として、赤系の色を見るとあったかい気分になるし、緑色を見るとなんとなくリラックスできる気がする。
茶系の色を見ると、・・・・・・・・なんとなく「犬」のイメージが湧くのは職業病か。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

ウン○

年末年始って、フンの後始末が一時悪くなる、けっこうそんな広場とかが多い。
それって、普段なかなか犬のサンポに行かない人が、お正月休暇で家にいて、サンポに行くことも影響してるんでしょうね。
ワンコとサンポを楽しむためにも、ウンチ袋、忘れずにもってほしいな。

いきなり年始めにこんな話で恐縮です。
でも、ま、ウンのつく話ですし・・・・・・・。

あ、そうだ、浦和レッズ、天皇杯優勝おめでとう!
やったね。王者の風格。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

ごあいさつ

あけましておめでとうございます!

ワンコたちには、な~~~んにも関係ない一日の元旦ですが(笑)・・・。
今年が、みなさんにとって明るくすごせる1年でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »