« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

より深刻な事態に

リンク: Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 米で毒物混入ペット食騒ぎ、中国産小麦から有害物質.

北米で毒物の混入したペットフードによって犬と猫、十数匹が急死し、メーカーが6千万食の回収に乗り出す騒ぎとなっている。
 米食品医薬品局(FDA)は30日、原料の中国産小麦グルテンに化学物質メラミンが含まれていたと発表した。
人間用の食品に使われたグルテンにも混入がなかったかどうか、引き続き調べている。

ペットフードは、カナダのメニューフーズ社が製造。
グルテンのほか、死んだ猫の腎臓からもメラミンが検出された。
メラミンは合成樹脂の原料で、アジアでは肥料としても使われるが、ペット食品への含有は禁じられているという。
ただ、23日にはニューヨーク州当局が「殺そ剤のアミノプテリンを製品から検出した」と発表している。
メラミンの毒性があまり高くないこともあり、原因物質はまだ特定されていない。

なかなか事態が収拾されないようですね。
原因の究明には、まだ時間がかかっちゃうのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月29日 (木)

食べたら危険

リンク: アメリカ国内 ペットの危険物ランキング トップ10 - 犬 ニュース01(ゼロワン)

[ ペットの危険物ランキング 一覧 ]
1位 人間用医薬品 78000件
(鎮痛剤、風邪薬、抗うつ剤、栄養補助食品)
2位 殺虫剤・駆除剤 27000件
(殺ノミ剤、殺ダニ剤)
3位 動物用医薬品 12000件
(非ステロイド性抗炎症薬・フィラリア予防薬・抗生物質・ワクチン・栄養補助食品)
4位 植物 9300件
(ユリ、ツツジ、シャクナゲ、サゴヤシ、カランコエ、シェフレラ)
5位 殺鼠剤:殺そ剤 8800件
(殺鼠剤、殺菌剤)
6位 家庭用洗剤 7200件
(ブリーチ剤、合成洗剤、殺菌剤、消毒剤)
7位 チョコレート 4800件
(チョコレート)
8位 化学品 4100件
(揮発性石油系製品、アルコール、酸、ガス)
9位 物理的障害物・危害物 3800件
(粘着テープ、紙製品、骨、首輪)
10位 家庭用改修・修繕用品 2100件
(ペンキ、溶液、接着剤)

日本でも同じこと。
気をつけなきゃね。

特に薬は、錠剤だと、あっという間に飲み込める恐ろしさがありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月27日 (火)

寝るのどこ

「夜、同じ蒲団でワンコとざこ寝しちゃうと、しつけの上でマズイですよねえ。」

よく質問されるけど、寝るも寝ないも、別にどちらでも良いんですよ。
お好みでどうぞってことで。
他のところでしっかりと、しつけを通じて関係ができてれば、特に問題ないんです。

・・・

もちろんそうは言っても、飼い主さんとワンコの関係がうまくいってないとか、ワンコの性格によっては、やめたほうがいいですよー、とアドバイスする場合はありますけどネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月25日 (日)

キシリトール

リンク: 愛犬家注意! キシリトールは犬にとっては有害 |健康|生活・健康|Sankei WEB.

 砂糖の代わりにクッキー、ミントキャンデー、ガムなどに使われる甘味料「キシリトール」を犬に与えると血糖値が下がり、命に危険が生じるとして米動物虐待防止協会(ASPCA)・毒物センターが注意を呼びかけている。

「非常に深刻な問題。犬は少量でも死に至るケースがある」と毒物センターのダナ・ファーブマン広報担当。
昨年8月、獣医らに警告文を送り、診療所の張り紙、ASPCAのウェブサイトなどで警告しているが、まだ知らない人が大勢いるという。
 
ASPCAによると、犬はキシリトールの製品を少しでも食べると30分以内に血糖値が急激に下がり、嘔吐(おうと)を始め、立っていたり歩いたりすることが困難な状態になる。
発作、大量の内出血、内部損傷、肝不全を引き起こした例もある。体重20ポンド(約9070グラム)の犬の場合、2、3枚のキシリトールガムでも中毒になる。

万が一の際は早急にブドウ糖を点滴することだという。
 
毒物センターは2002年以降、キシリトールで犬が死亡した事故は10件あったが、肝臓が悪くなってから来院し、飼い主が何を食べさせたかを忘れていることもあるので実際にはもっと多いとみている。
 
 
キシリトール製品のメーカーは「糖尿病患者など砂糖に代わるものを探している人を対象にした製品であり、犬を対象にはしていない」としている。
犬以外のペットがキシリトールで中毒を起こした例はまだないが、獣医らはペット全般に与えないよう指示している。



危険といっても、ワンコにキシリトールを与える機会はないから、そう深刻に考えなくてもいいでしょ。

まあでも・・・家に置いてあった人の食べ物を、誤って食べるってことは、充分にありえるな。

犬の口の届く場所に人の食べ物を置かないこと。
これは鉄則だね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月24日 (土)

ひょっとしたら

リンク: Yahoo!ニュース - 時事通信 - ペットフードから猫いらず=大回収で飼い主はパニック-米.

 カナダのペットフード大手メニュー・フーズ社製ペットフードを食べた犬や猫が相次ぎ死亡した問題で、ニューヨーク州当局は23日、同社商品を調べた結果、ネズミ駆除用の毒物が検出されたと発表した。
 米メディアによると、この毒物は米国ではネズミ駆除用としては認可されておらず、当局筋は、中国から輸入した小麦粉にネズミ駆除剤が残留していた可能性を示唆したという。
 同社は先週末に北米で、缶詰など6000万個以上を対象にした回収・無償交換を開始した。
同社製ペットフードを食べた猫や犬が腎不全を起こし、少なくとも16匹の死亡が確認された。
 同社はペットフードの有力メーカーで、全米のスーパーで商品が販売されている。
さらに、競合各社のペットフードも手広く受託製造している実態が判明し、愛犬家や愛猫家に「どのペットフードを買ったらいいか分からない」とパニックが広がった。
同社に対する訴訟も起こされた。 

ひょっとしたら、何らかの形で日本にも影響がある、かもしれないな。

食べて死んでしまった犬、猫、そしてショックだろう飼い主さんの気持ちを考えると、単なるミスで済まされることじゃないね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月23日 (金)

あるご夫婦

この前、ワンコの散歩中に、声を掛けられた。

「エッ、あ、はあ。(誰だっけ?)」

もう何年も前に時々散歩に行ってた、今はもう無くなっちゃった近所の空き地で、同じくワンコ連れで会ってたご夫婦だった。

ワンコはどうしたのかと聞いてみたら、最近亡くなったとのこと。

それ以来、よくワンコと散歩に行ってた道を、ご夫婦で毎日歩いてるとのこと。

「ワンコはけっきょく老衰で死んだから諦めもついたけど、今までの散歩の習慣が抜けなくてねえ。」

明るい感じでなんか良かったなあ。

いい家族だったんだねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

ヤッタネ!

リンク: Yahoo!ニュース - 時事通信 - DVD探知犬、マレーシアで大手柄=海賊版100万枚かぎ出す.

ハリウッドの主要映画会社などで構成する米映画協会(MPAA)は20日、違法DVD探知犬として訓練されたラブラドル・レトリバー「ラッキー」と「フロー」の2頭が、マレーシアで推計100万枚前後の海賊版光ディスクを押収するのに大いに貢献したと発表した。
 MPAAはマレーシアを中国などと並ぶ海賊版の製造・輸出拠点と見て、当局に取り締まりの強化を要請。

2頭は同日、ジョホールバルの違法複製・保管施設を当局の係官らを導いて捜索し、映画やコンピューターゲームの海賊版ディスク286万ドル(約3億3500万円)相当などをかぎ出した。
 2頭は光ディスクに使われるポリカーボネートのにおいをかぎ分けるよう、8カ月の訓練を受けた。
空港の税関などに配備され、スーツケースの底などに隠された「怪しい」ディスクを見つけて係官に知らせる。
 


ここまで大きな成果がでるとなれば、DVD探知犬も麻薬探知と同列で世界的に広がるのも時間の問題かな。
それにしても、お見事!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月19日 (月)

回収!

リンク: @nifty:NEWS@

 カナダのペットフード大手メニュー・フーズ社は17日、同社が北米で販売した犬と猫向けのペットフードの大規模回収・無償交換を開始した。
同社商品を食べて少なくともペット10匹が死んだため、ペットフードの安全性に対する懸念が強まり、飼い主に混乱も広がっている。
 回収対象の缶詰などは犬向け、猫向けそれぞれ40種類以上で、全体で数百万個規模とみられる。
小売り最大手ウォルマートなどの店舗でも扱われており、全米の飼い主には非常になじみ深いブランドばかりだ。
 原因は不明だが、同社商品を食べて腎機能障害に陥るペットが続出し、死んだケースが確認された。
さらに、同社は他社の有力ブランドも手広く受託生産しており、飼い主の混乱に拍車が掛かった。
 

やめてくれ~!
こんなこと、日本で起きたら大変だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

楽しいあいさつのつもりが~つづき

このあいさつの儀式にも変化が。
ワンコが、帰ってきた家人に対してジャンプしながら吠えつき、早く屈んで口をなめさせるようにせかし始めた。
そしてさらにエスカレート。
ジャンプしながら、一番届くところの服の布地を噛み、そのままワンコ自身の重みで引っ張り下げようとし始めた。
そして。
それが口元だろうとかまわず、興奮激しく噛むようになった。

=========================

以前伺った家の小型犬ワンコの一例でした。

飼い主さんにとって最初は単なるあいさつのつもりでも、最低限のしつけをしないでワンコへの態度を誤ったままにしておくと、やがてエスカレートして手に余るようになる場合もある。
せっかく家族としてワンコを迎えたのだから、滅入るようなことが起きないよう注意していてほしいなと、常に思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月16日 (金)

楽しいあいさつのつもりが

子犬の頃から、家族全員でそのワンコを可愛がってた。
家の人が外出から帰ってくると、ものすごく喜んで人の口を舐めたがるので、屈んでなめさせてあげてた。(室内飼い)
特にしつけはせず、口を舐める習慣もワンコがせがむので、毎度の帰宅のあいさつとして家族で定着した。

やがて、ワンコも1歳を過ぎ、だんだんと家族にワガママな態度をとるようになった。

・・・つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月14日 (水)

フラワーパーク

リンク: 春 そこまで 八潮.
 八潮市の中川フラワーパークで桃と菜の花が見ごろを迎え、春のさわやかな風とともに、行き交う人の気持ちを和ませている=写真
花は「八潮市内に新しい観光名所を」と市民らが中心となり、十一年前に植えた。
 百五十本の桃の花と、辺り一面の菜の花のコントラストが春到来を感じさせる。

これに合わせ、八潮市観光協会などでは「中川やしお花桃まつり」を四月一日まで開催中。
今月二十五日には、同所を起点に市内の観光名所を回るウオーキングイベントや物産・模擬店も。

問い合わせは同協会(TEL048・996・1926)へ。

そうそう、これこれ。

桜とはまた違う良さがあるね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

勘違いは怖い

リンク: livedoor ニュース - 坂下千里子 愛犬の衰弱に心配するも!?.

バラエティ番組で活躍中のタレント・坂下千里子さんは、京都の実家で犬を飼っているのだとか。
もう14才の老犬である愛犬・虎次郎は、久し振りに見ると可哀想なぐらい痩せていたのだそうです。
散歩に連れて行くと脇道の砂をガツガツ食べ始めてる始末………。
「もう歳だし、脳がいっちゃってるのかな…」と悲しい思いをしていたのだとか。
昔は大盛りで食べていたご飯も、母親が「もう歳なんだから半分でいいよ…」と言い、少な目。
食が細いのは仕方ないにしても、砂を食べる癖だけはどうしても心配になった千里子さんは、動物病院に虎次郎を連れて行く事にしたのだとか。
 すると脳の診断結果は至って正常!!
原因は栄養失調で、「もう歳だからあまり食べない」と母親が勝手に思い込み、ご飯を減らした為、それを補おうと砂を食べていたのだとか!
それからは昔通りの量を与え、今では見違えるほど若々しくなったのだそうですよ!
勘違いって怖いですね!

老犬の域になると、たしかに生活の中で気になる変化もあるだろうし、飼い主さんとしても気を使いたくなりますよね。

でも、まずは動物病院でチェック。大切ですね。

気を使って、勘違いで、結果、ワンコが不健康になったじゃ、力抜けちゃいますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

人工呼吸

リンク: Yahoo!ニュース - スポーツ報知 - 愛犬に人工呼吸 一命救う.

米国・ネブラスカ州の男性がこのほど、おぼれた愛犬を人工呼吸でよみがえらせた。
元空軍のランディー・ガーチンさん(51)は、ブルドッグのルーシー(雌10歳、23キロ)が、アヒルを追って自宅近くの凍りかけた湖に飛び込むのを目撃。
助けようと、氷の上に足を踏み出した。
 「氷が割れ始めていた。すぐに彼女を抱き上げたよ」とガーチンさん。
ルーシーは血の気を失い泡を吹いていたため「もう死んでしまったと思った」が、軍隊での経験を生かして応急処置を開始した。
ルーシーの口を手でふさぎ、鼻に自分の口を付けて息を吹き込んで胸を押した。
すると息を吹き返したと言う。

ガーチンさんは戦争でイラクやアフガニスタンの空を飛んでいたが、2005年に背中の負傷で引退。
つえをついて歩く生活だった。
妻のケリーさんは「今回の“救出任務”を遂行するまでは、一度だって犬を愛してるなんて言ってなかったのに」と、喜びを隠せなかった。
 

とっさの人工呼吸がきっかけでさらに絆が深まったようで、とっても気持ちが暖かくなる。
癒されましたよ。
これに懲りて、アヒル追っかけちゃ、ダメダメ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月11日 (日)

伸縮リードの弱点

ワンコの散歩でよく見かける、伸縮リード
あれはなかなかの便利グッズ。
片手で、しかもワンタッチで散歩リードが伸び縮み調節、楽チン。

でも、ちょっとまって!

ひっぱりぐせの強いワンコには、無理して使わないでほしい。
こういう失敗は、小型犬の飼い主さんに多いですね。

散歩のしつけができて、普通の1メートルちょいの散歩リードを、ゆるく手に持ってワンコと歩けるようになったら、その時には使ってみるってことにしてほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 9日 (金)

散歩のひとこま

Sa290001_3  近所のフラワーパーク(八潮市)にて。

今日は風が強くて冷たいね。
Sa290003_4 ピーチといえば、

「お~、咲いてるね、きれいだね」なんて思うはずもなく。

この一瞬あとには、ただひたすら地面嗅ぎまくり~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 7日 (水)

自転車

ワンコを、自転車引きで運動してる人を、よく見かける。
さっそうと並走してるワンコを、思わずニンマリとしながら眺めちゃう。

ただ時々、「うわっ、ちょっとそのワンコに自転車運動は合わないんじゃないかなあ」と心配したくなるような組み合わせもあるんだなあ。
関節が悪いせいかなんだか歩き方がフラフラしてたり、もともと長時間走れる体型してなかったり。

ほどほどにしてあげて~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

母、強し!

リンク: Yahoo!ニュース - サンケイスポーツ - ガダルカナル・タカ、飼い犬に“鼻”噛まれる…大事には至らず.

 お笑いタレント、ガダルカナル・タカ(50)が愛犬に鼻を噛まれて負傷していたことが27日、分かった。
この日放送された読売テレビ「なるトモ!」にバンソウコウ姿で生出演して告白した。
 
「母親になったのがかわいくて」と21日夜、自宅で子供を産んだメスのコーギーと2時間ほど遊んでいたという。
だが、タカが「(子犬を)取っちゃうゾ!」とコーギーを脅かし続けたため、「うるさい」とばかりに鼻を噛まれてしまったそうだ。
所属事務所によると、翌日に病院で傷口を数針縫合してもらい、消毒と投薬治療を受けた。幸い大事に至らず、仕事に支障はないという。

 タカは「飼い犬に手を噛まれる飼い主はいるけど、鼻を噛まれる飼い主はいないよね」と笑い飛ばしていた。

まったく自分の産んだ仔犬の世話をしない、母性の弱いワンコもいる中で、なかなかの母親ぶり。
挑発しすぎましたねえ~。
仔犬の様子を見たいときなど必要な時でも、母犬から取り上げる時は、やさしく声でもかけながらゆっくりとしなきゃね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 1日 (木)

8年間、え~!のつづき

「エッ!でも、ご主人は散歩してらしたんでしょう?その時に散歩リードに付け替えたりするわけでしょう。全く無いってことはないんじゃないですか?」

「散歩のときは、繋いでるひものままで行きますので・・・。」

「それじゃ、しつけはされたんですか?」

「犬が家に来た当初は、私もするつもりでいてしつけ本を買って読んでたんですが、それを見た主人が怒って本を焼いてしまいました。自分なりにするからいいって。」

「それで、ご主人なりにされたということなんですか?」

「多分、してないと思います。散歩はいつも同じ場所ですし、普段は庭につなぎっぱなしですので、気にしてなかったようです。主人が一切の世話をしてたので私も気にしてなくて、こんなことになるとは思ってなかったです。」

「それじゃ、今、この状況で犬はどうしてるんですか?」

「庭に放し飼いになってます。ひもをつけようとか首輪をつけようとしない限りは、自分から寄ってきて、頭とか背中とかを撫でても怒らず喜んでます。」

「・・・愛情に飢えてたんですねえ、きっと。結果的に本来その犬がもってる、人懐っこい性格が出てきてるんですねー。よかったじゃないですか、これを機会にきちんと信頼関係をつくるチャンスですよ。ただいきなり首輪がつけられるとはどうかはわかりませんね。実際に様子を見てみないと。」

「そうですね。ぜひ見てもらいたいので、主人と相談してまたすぐ電話します。」

――――――――――――――――――――――――――――――――

その後、けっきょく連絡はなく、どこの誰かも分からずじまい。
この電話で聞いた限りの情報しかないので実態が分からず、余計にこの犬と飼い主さんご夫婦がその後がどうなったのか気になって、ずいぶん経ってるのに今でも記憶に残ってます。

いくらなんでもねえ、長すぎでしょ。
自分の家族の犬が9歳になるまで、首輪をつけようとする人を咬むかもしれないことに気づかずいるなんて、あまりにも寂しすぎでしょう。
特に、どうもこの犬は、もともとしつけもしやすい人懐っこい性格のような感じですから、余計にそう思えちゃう。

今となっては考えてもきりが無いので『このご夫婦とワンコは、じっくり信頼関係をとりもどして、その後は楽しく暮らした』と、勝手に想像してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »