« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

厳しいけど

リンク: 飼い犬のふん放置に罰金、最高5万円 東大阪市|大阪|地方|Sankei WEB.

 美しいまちづくりを進めるため、東大阪市は10月1日、道路や公園などに飼い犬のふんを放置した飼い主に、最高5万円の罰金を科す規定を盛り込んだ改正条例を施行する。
同様の条例は府内では枚方市、寝屋川市、豊中市に次いで4市目。

改正条例は、「飼い犬を公共の場所において散歩させる者は、当該飼い犬のふんを回収し、持ち帰らなければならない」と規定。
違反者は「5万円以下の過料」としている。

市は平成9年7月、空き缶などのポイ捨てや落書き防止のほか、飼い犬のふんの処理を規定した「まちの美化推進に関する条例」を制定。
ふん害防止を呼びかけ、当初は犬のふんについての苦情は減少した。

しかし、13年度以降は苦情が1000件を超え、16年度1185件▽17年度1198件▽18年度1576件と年々増加。
19年度も6月までの3カ月間で、667件にのぼっている。

こうしたことから、市は条例を改正。
ふん害に罰則規定を盛り込み、ことし4月1日、改正条例を公布した。

大阪の記事ですが、厳しいですねー。
巷に犬連れがあふれるのは、犬好きとしてもとっても喜びたいことですが・・・。
僕が出張してる地域でも、ある地域に入ると、やたらと犬立ち入り禁止の公園ばかり、なんてこともあります。

しつけの問題もそうですが、フンを回収することも、モラルとして守っていきたいですね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

めずらしいことに

近所の獣医さんに聞いた話ですが、ここのところマダニに刺されるワンコが頻発してるそうです。
ノミもだそうです。
今までだったら刺される可能性の低いだろう飼われ方をしているワンコが、例年になく刺されてしまっていると。
今年は夏が暑すぎて、今ごろの時期になってマダニが活動的になっているんだそうです。
こんなところにも地球温暖化の影響がきてるようで・・・。

マダニといえば・・・
ある小型犬ワンコのしつけトレーニングに伺っていた時のことです。
そのワンコは幼いころからわがままに育ててしまい、ついには体を触ろうとすると飼い主さんを噛んでくるほどになった、2歳のワンコでした。
やがてしつけ直しを進めた結果、体に触れるようになって、飼い主さんがワンコののどあたりの飾り毛をなでていると、毛玉ができているような感触。

「あ、マダニですよこれ。血吸ってパンパンに脹らんじゃってますね。取りましょうか」

ということで、飼い主さんがワンコをひっくり返して暴れないよう抑えてもらい、ピンセットで取りました。
(マダニは慎重に取らないと、皮膚に刺さっている部分だけが残ってしまうので注意!)

「しっかり抑えられましたよね、信頼関係ができましたね。」

しつけ直す前では、とてもできないことでした。
あの時ばかりは、マダニのおかげ(?)で、しつけの成果が実感できて、飼い主さんと感動した瞬間でしたね~。
だからって、べつにそのマダニに感謝はしませんでしたし、逃がしもしなかったですけどネ。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年9月27日 (木)

準決勝進出!

浦和レッズ、ACL準決勝進出、おめでとう!
ときどき、埼玉スタジアムの近くを通るので、親近感湧いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本脳炎、室内犬にも

リンク: 日本脳炎、室内犬にも抗体 山口大准教授らの調査 | エキサイトニュース.

 蚊が媒介する日本脳炎に人が感染する危険は、近隣に豚がいるなどの「要注意」とされる環境でなくても依然かなりあることが、山口大の前田健・准教授(獣医微生物学)らの調査で27日までに分かった。
飼い犬100匹の血液を調べたところ、蚊に刺されることが少ないはずの室内犬の約1割から、感染歴を示す抗体が検出された。
犬の体内でウイルスは増えないため、犬から人に感染する恐れはない。

フィラリア予防をしなくちゃいけない飼い主さんとワンコたちにとって、蚊はイヤな存在ですよね。
日本脳炎はウイルスだけど、蚊が媒介するということでは同じということで。
それにしても刺されれば痒いし、あのプ~ンて羽音もイライラするし、本当にイヤになりますよ。
・・・そういえば、今年の夏は比較的刺されなかったな、うん。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

本当に好きなの?

リンク: 東京新聞:犬44匹野放し 予防接種なし『週2、3回エサ』男性書類送検:社会(TOKYO Web).

東京都檜原村の山中で、野放しに近い状態で狂犬病の予防接種をせずに数十匹の雑種犬を飼っていたとして、警視庁五日市署は二十五日、狂犬病予防法違反や都動物愛護条例違反の疑いで、八王子市の自営業男性(56)を書類送検した。
同署は四十四匹の犬を確認したが、人間を見るとおびえて逃げる犬もいるため、正確な数は把握できていないという。

 調べでは男性は一九八四年ごろ、稲城市で雌犬一匹を飼い始めたが、子犬が増えたため家を転々とし、最終的に八王子市に転居。
犬が六十匹ほどに増えた二〇〇一年、檜原村内の約五千平方メートルの山林を買い取って犬を移したという。
現場にはベニヤ板などで囲った柵があるが、犬が抜け出せるスペースは数多くある状態。
調べに男性は「週に二、三回は水や餌をやりに来ていた」と話しているが、周辺にはドッグフードの空き缶が散乱、腐って悪臭を放つものもあった。
付近の住民から「自転車に乗っていたら犬に追いかけられた」「勝手に犬小屋に入ってきた」などの苦情が都動物愛護相談センターなどに寄せられていた。
男性は「今後はしっかり飼う」と反省しているという。
男性は死んだ犬を含めて約七十匹の名前と特徴をすべて覚えていたというが、署員は「独りよがりな愛情の罪深さを感じた」などと話している。

他の記事によると、自宅は、犬のいる山中から車で1時間以上離れているそうです。
・・・・う~ん。

時々こういう飼い主のニュースがありますね。
今回もそうだけど、この人は犬が本当に好きなの?と考えると、やりきれない気持ちになりますよ。
結果として、付近の人に「あそこの犬は怖い」と思われてしまえば、白い目で見られてもしかたないでしょう。
せめてこれ以上、この犬たちが悪者になることのないよう、しっかり管理してあげて!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

階段

階段の昇り降り、ここにもワンコの個性がでますね。

ひたすらまっすぐ、リズミカルに昇る降りるワンコ。
斜めに、一段ずつ4本の足で立ってから昇る降りるワンコ、とね。

ワンコの大きさでも、ずいぶん違いますね。

さて、このワンコの階段を昇り降りさせるのかどうかで、飼い主さんによって考えが違っています。
でも、何も問題がなければ、教えておいたほうが、できるようにしておくほうがいいと思いますよ。
特に降りるのには落ちたら大変ということでワンコ自身、とても神経を使います。
だから、やり慣れないと、どんどん苦手になってしまいますからね。

あくまで、ドクターストップのかかってないワンコの話ですが。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

刑務所で

リンク: 受刑者が盲導犬育成、来年開設の民営刑務所で導入へ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

島根県浜田市に来年開設される民営刑務所で、受刑者が盲導犬育成の一端を担う矯正プログラムが導入される見通しになった。
Click here to find out more!生命を慈しむ気持ちを育て、社会に貢献できる喜びを体験させるのが狙い。
馬を飼育する過程で忍耐力などを養うプログラムも、実施される予定だ。
国内の刑務所ではいずれも初めての取り組みで、動物を介在させた矯正教育が、本格的に始まる。


両プログラムを予定しているのは、来年10月に開所される刑務所「島根あさひ社会復帰促進センター」。
法務省は今年、建設・運営を民間に委託する「PFI方式」の刑務所を開設、同センターは4か所目となる。
初めて入所する刑期1年以上8年未満の受刑者ら2000人を収容、一部の業務を除き、ゼネコン「大林組」、警備会社「綜合(そうごう)警備保障」などの企業グループが運営する。

財団法人「日本盲導犬協会」と連携するプログラムでは、受刑者が、盲導犬の候補となる子犬に社会性を身につけさせる養育者として、散歩やしつけなどにあたる。
盲導犬は人間との信頼関係をつくるため、訓練に入る前の生後間もない時期に、人間の愛情を受けて育てられることが大切で、同協会は現在、ボランティアに委託している。


同企業グループなどによると、米国では、一部の刑務所や少年院で受刑者に盲導犬や介助犬、爆発物探知犬になる子犬を育てさせるなどのプログラムを実施。
受刑者には、暴力的行動が減ったり、責任感や他者への思いやりがはぐくまれたりする効果が出ている。

ペットの美容師、獣医師の助手など出所後の雇用や、再犯防止にも役立っているという。
同企業グループは盲導犬協会とともに、米国も参考にプログラムの詳細を決め、罪種や犯歴なども考慮して対象者の条件を詰める。
このほか、人間の感情に敏感で、力ずくではしつけられない馬を育てながら、忍耐力やコミュニケーション能力の向上を目指すプログラムも計画。
乗馬クラブの協力を得て、センター内に設ける厩舎(きゅうしゃ)で、受刑者が馬のエサやり、しつけにあたる。


米国のプログラムに詳しいフォトジャーナリスト、大塚敦子さん(47)は、「米国では、犬にストレスがたまらないようボランティアの協力で施設外にも出すなど配慮し、受刑者の矯正に効果を上げており、日本でも計画をよく練ってほしい。また、馬と向き合うことで暴力的な傾向のある人も、自分を省みる経験を積めると思う」と期待している。

色々とクリアしなくちゃいけない課題は多いでしょうね。
それでも、画期的!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月22日 (土)

あっけなく、くやしい最期 ④

その日、来客がいる間、室内でリードで繋いでいたそうですが、いつも繋いでる場所ではない所に繋いだそうです。
すぐ移動させるつもりでいたんだそうですが・・・・。

場所が変わったことで、またさらに落ち着かなかったんでしょうか、動き回ったために繋いだリードが絡まってしまい首吊り状態になって、病院に連れて行く間もなく亡くなってしまったそうです。

・・・・・
もう10年ちかく前に伺ったお宅の話ですし、結果的に会ったのは2回だけ。
なのに、なぜかとても強く記憶に残っていますね。

飼い主さんによると、
いつもならつなぐ前後には怒って吠えるのに、その時はなぜかつなぐ前後も吠えずにおとなしくしていたので、それが油断にも繋がったととても悔やんでいました。
さらにそもそも、繋がなければいけないほどに噛み癖をしつけ直さずにきてしまったことを、とても悔やんでました・・・。

小型犬でかわいい顔立ちをしてて、きっと笑顔なら、子どもたちも大人も寄ってくるほど愛らしいのに。
家でも外でも終始イライラしている、犬でも人でもすべて敵と思っているかの厳しい顔つきが、今でも記憶に残っています。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

あっけなく、くやしい最期 ③

しつけを始めました。

外に出ても、よその犬、人に吠えて威嚇の態度をとります。
どうも、根本的にイライラが溜まっているようでした。
まずは、飼い主さんのリードの使いかたなど、ワンコに負荷をかけ過ぎているところを直していきました。

・・・・・・・・・・・・・・

残念ながら、ここで話が終わってしまいます。
1回、2回としつけのご指導に伺いましたが、そこで、ワンコが突然亡くなってしまいました。

-----つづく-----

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

あっけなく、くやしい最期 ②

伺って初対面してみると、こちらをにらみつけて唸り吠えたてるばかりで、まったく近づこうともしません。
相手を確認するための、におい嗅ぎもしにきてくれません。
「来客にもまったく同じ様な態度なんです。」

それでも大人の来客は知っているので相手にしないのですが、子ども達はこのワンコの小さくて顔のかわいらしさに引きつけられて、何とかなでようと手を出してしまうそうです。

なでていても、おとなしくしている時もあったんですね、でも・・・。
その時の気分やさわり方が気に入らないと、強気で噛んでくるのだそう。
飼い主さんに対しても同じで、やはり噛まれてしまうそうです。

そこで飼い主さんは、来客が居る間は、ワンコを室内でリードでつないで、近くに来れないようにしていたそうです。

-----つづく-----

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

あっけなく、くやしい最期

4歳の小型犬ワンコ♂のしつけに伺った時の話です。

幼いころから甘噛みぐせがあり、それでも、だましだましそのままにしていたら、歳を重ねるごとに噛みかたが強くなってきていたそうです。

そこに拍車をかけたのが、環境の変化でした。

今までは、大人2人の飼い主さんとの生活だったのが、事情で高齢の方から子どもまで出入りする来客の多い生活に一変しました。
もともとしつけをしないできていてわがままになっていて、強気の気持ちが噛み癖に出ているワンコだったので、これがさらにイライラをつのらせる原因になったようです。
噛まれると、ケガを心配しなければいけないほどに強い噛みかたになり、切羽詰った状況になっていたそうです。


-----つづく-----

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

来年中にできるそうな

リンク: 動物の飼い方でもガイドライン、環境省が来年度から策定へ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

環境省は来年度から、ペットや家畜の適切な飼い方、病気の見分け方などを網羅したガイドライン(指針)の策定に乗り出すことを決めた。
欧米で広がる「動物の福祉向上」の視点を日本でも普及させる狙いがある。
ペットショップのほか、一般家庭でも飼育の目安に活用してもらう考えだ。


指針策定に当たり、環境省はまず、ペットフードに含まれる成分、ペットショップなどにおける、犬や猫の飼育環境、販売・輸送の実態、病気の有無などの調査を実施する。
調査は、ペットだけでなく、家畜動物であるニワトリやウシ、ブタなども対象。

こうした実態調査をもとに、専門家による研究会を設置し、2009年度中に、ペット・動物の飼い方に関する指針をまとめる予定だ。

欧米では、最近、中国産のペットフードによりペットが死ぬ事故が相次いで発生。
安全なエサの提供と合わせて、適切な飼育スペースの確保などを定めた法整備の議論が活発化している。
国内では、動物愛護法により、動物虐待に対する罰則が設けられているが、動物が健康を維持するためのエサの与え方などに関する指針は、これまで策定されていなかった。



なんだか堅苦しい話のようですけど、これはなかなか良いニュースですよ。
飼い方の良い悪いのものさしが、国としてきちんと決めてあるってことは、それだけ動物を大切に考えている国となりますからね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年9月17日 (月)

大蛇に危機一髪

リンク: フレッシュアイニュース.

香港で、散歩中に愛犬が体長4・5メートルのビルマニシキヘビに襲われた女性が、この大蛇と格闘し、愛犬を救出した。
英字紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストが16日付で報じた。
 大蛇を撃退した勇敢な女性はキャサリン・レオナードさん(41)。
愛犬数匹を連れて公園を散歩中、そのうちの1匹、ポピーが突然ビルマニシキヘビに襲われた。
レオナードさんはほかの犬が吠え立てる中で、直ちにヘビに飛びつき取っ組み合いを演じた。
 レオナードさんは「ヘビを蹴り、ポピーをヘビから引き離そうとした。ヘビは私の体に巻きついてきました」と語った。
レオナードさんは何とか愛犬を自由にし、ヘビは退散したという。
 レオナードさんは「あとで自分のしたことを振り返って、震えが来ました。少しでも考える間があったとしたら、あんなことはとてもできなかったでしょう。でも、ポピーが絶望的な鳴き声を上げているのを聞いて、もう夢中でヘビに向かっていったんです」と話した。
 この近くでは昨年、体重22キロのハスキー犬がヘビに殺されており、先月にはニシキヘビが子牛を食べてしまったという。
ビルマニシキヘビは世界で最も大型のヘビの一種で、体長6メートル、体重100キロ以上にもなる。

そんなヘビが、普通に(?)公園にいるんだー!
あれ、香港ってそんなとこ?

なにはともあれ、飼い主さんの決死の格闘で、お互い助かってよかったですね。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

北海道犬のプロジェクト!

リンク: 中日新聞:伊那市が北海道犬でクマを駆除 10匹購入し、養成へ:長野(CHUNICHI Web).

 伊那市は、クマやサルなどから農作物や住民を守る一策として、有害鳥獣を山奥へ追い払うために北海道犬を養成するプロジェクトに乗り出す。
九月定例市議会に提出する補正予算案に犬購入や訓練委託費、トレーナー養成などの事業費六百万円を盛り込んだ。

市農林振興課によると、動物の生態に詳しい同市高遠町在住の元北海道大助教授や市内北海道犬所有者らによる民間レベルでの訓練や実践で「一定の成果が得られた」ため取り組む。
計画では生後約四週間の十匹を購入。
犬舎を造り約一、二カ月訓練をする。トレーナーも数人養成する。
小坂樫男市長は「成功すれば(有害鳥獣防除の)有効な手だてになるのではないか」と期待している。



話によると、猟銃を扱える人が、高齢化もあって人数が減っているんだそうですね。
以前に、友達の住んでる、山に囲まれた田舎に行ったとき、イノシシよけの銃声もどきの炸裂音が不定期に鳴るのを聞いたことがありますけどねえ。
うっかり近くで聞いたものだから、それはそれはビックリたまげましたよ。

人と犬との連係で、銃に頼らないで住み分けがうまくいくなら、こんないいことはないですねー。
今後、注目。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

コードをかじって火事

リンク: 犬がコードかじり出火?

 富山市内の民家で三十日夜に起きた火災は、飼い犬が電気コードをかじったことによる可能性が高いことが、富山北署の調べで分かった。
チワワなどを中心に室内犬が人気なだけに、飼い主はかわいいペットの“困った行動”にも注意する必要がありそうだ。

調べでは、火災は同日午後十時二十五分ごろに発生、木造二階建て住宅の二階部分など約四十平方メートルを焼いた。
最も燃え方が激しかった子ども部屋にはコンセントに差し込んだままのテレビゲームの充電器がソファの上に。
この家で飼っていた犬はコードをかむくせがあり、他にも家電製品の一部に同じようなコードがあった。
同署は「むき出しになった導線にほこりなどが付着して発火した可能性が高い」としている。

富山市消防局によると、原因は長期間、プラグを差し込んだままのコンセントから出火する「トラッキング現象」に似ているという。
差し込み部分にたまったほこりに湿気が加わることで、電気が流れ発火する現象だ。

県消防・危機管理課の統計では、二〇〇六年に県内で発生した火災二百十三件のうち、電気コードを含む電灯・電話等配線が原因とされるものは四件。
今回と同じ原因かは不明で、件数も少ないが、同課の担当者は「対策には、電気コードをプラスチックのカバーでおおったり、壁の裏から通したりすることなどが考えられる。
できるだけ、コードをペットから遠ざけるようにして防いでほしい」と話している。

これは、しっかり教訓にしなくちゃいけない火事。
犬の大きい小さいにかかわらず、留守番中におきそうなことは、飼い主さんが前もって予想して、それなりの予防策をとらなければいけませんね。

それから、ワンコの性格によっては、しつけをきちんとしておかないと、留守番中にわざと飼い主さんが嫌がることをして、怒られてもイイから早く帰ってきてっ!と願いをかけるワンコもいます。
安心して留守をワンコに任せられるようになるかは、飼い主さんの心がけしだいというわけですね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月14日 (金)

立ちションはあなどれない!

ある小型犬ワンコ(♂)の飼い主さん宅に伺った時のこと。

最近わがままになってきて直したいとのことで、室内での様子を見せてもらいました。

室内に入ると、タンスなどの家具や廊下の壁のあっちやこっちに分散して、トイレシートがテープで貼ってあります。
「これは、どうして貼っているんですか?」

すると飼い主さん
「とりあえず一度立ちションされちゃった所には、またされてもいいように貼っているんです。」

---------------------


室内で立ちションする自体が、危険信号なんですね。
トイレのしつけの面でも、わがままになりかけてるワンコの気持ちの面でも。
しかも、場所も何箇所にもわたって、というのはもう尿意というより、におい付けですね。

この飼い主さんの場合も、まずは立ちションを認めないことから始めてもらいました。
トイレシートは平面にのみ広げて敷き、壁際から少し離して、と。
もちろん、縦に貼ったシートは撤去、撤去!ですよ。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

秋のオシッコ

この時期に伺ってるワンコの飼い主さんには、毎年のように、同じこんな質問されることがあります。

「ワンコのオシッコの量が多くなってるんです。病気じゃない?」

ただちにそうとは限りませんね。

ワンコが、のどが渇いて、水を飲みます。
飲んだ水分を、夏場は口から舌を出してハアハアと荒い呼吸をするたびに、どんどん蒸発させてしまいますね。
その気化熱を利用して、体をクールダウンしようとするんですね。

でも今の時期は、暑い夏が過ぎて秋、気候が涼しくなって、口で長時間ハアハアする必要はなく、体に吸収された余りは、全部オシッコになります。

だからオシッコの量が増えたとしても、不思議じゃないんですね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

短口吻犬種、OKに

リンク: 10月1日からブルドッグなど短頭犬種の預かりを再開 -全日空- 時事ニュース PETWALKER ニュース.

全日空(ANA)は今年8月1日から9月30日までの夏期に短頭犬種は他の犬種に比べて高温多湿に弱く夏場の環境においては、体調に変調をきたす恐れがあるとして預かりを中止していたが、10月1日から外気温が下がることで当該犬種でも体調に変調をきたす恐れが少なくなるとの専門家の見解を得て再開すると発表。
対象便はANAグループが運航する国内線と国際線の全便で、国際線の貨物は対象外。2008年の夏期の取扱は、08年2月までに決定する。

対象犬種
ブルドッグ、フレンチブルドッグ、ボクサー、シーズー、テリア(ボストン・テリア、ブルーテリア)、チャウチャウ、パグ、チン、スパニエル(キング・チャールズ・スパニエル、チベタン・スパニエル)、ブリュッセル・グリフォン、ぺギニーズ

該当するワンコを飼っている人には、朗報ですね。
乗せる用事がない人には、まったく関係のない話でしょうが。

・・・それはそうと、安倍首相辞めたって!
ビックリしたなー。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年9月11日 (火)

ゲージで飼う?

問い合わせや実際にしつけトレーニングに伺ったお宅で、よく質問されることに、

室内飼いのワンコで普段、ゲージやサークルに入れてすごさせるほうがいいのか、それとも、いつでもどこでも室内フリーでいいのか、というのがあります。

これはどちらでも、最終的には飼い主さんの好みでいいと思ってます。
飼い主さんから見た、ワンコが好んでるほうと言ってもいいですね。

ただ、ワンコがまったくゲージに慣れてないために、入れると落ち着かず騒いでしまう、のはまずいですね。
色々な場面で、やむをえず一時入れるということもあるかもしれませんから、ね。
ワンコが病気で入院とか、ペットホテルなどに預けるとか、災害時、など日常ではないにしても、いざという時のことを考えておきたいですね。

あとは飼い主さんの好みとはいっても、ゲージ飼いで吠えぐせがひどいとか、完全フリーにしてたら室内をワンコが荒らしちゃうとか問題がおきないように、しつけをきちんとすることですね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

ドッグランでのトラブル

リンク: ZAKZAK.

ペットブームで10年前の1.5倍にまで増えたといわれる犬(全国で約650万頭)。
だが、飼い主は要注意!
 というのも、最近、犬を遊ばせる施設「ドッグラン」をめぐって不安の声が続出しているというのだ。
さっそく取材してみた。

ドッグランは犬の運動場のこと。
柵で囲まれた敷地内ではリード(引き綱)を外して自由に遊ばせることができる。
近年はレジャー施設やペンション、高速道路のSAなどにも登場。全国に400近くあるとみられる。

 東京都立代々木公園にも今年4月にオープンした“公設ラン”がある。
登録制だが利用は無料。
「小型犬」「全犬種」用と2つあるエリアは都内で最大規模の3500平方メートルを誇る。都会のど真ん中でも緑が豊富で、ウッドチップが敷き詰められた地面は犬の足に優しいと評判だ。
この4カ月で、実に4683頭の犬が登録した。
利用者は関東一円、山梨県から車で来る人もいるという。

「マンションなどで犬を飼う人が急増、要望も多いため設置しました。かつて公園では、放し飼いやフンの放置といった問題が多く、その対策も狙いです」(代々木公園管理担当者)

 そうした問題軽減の半面、飼い主たちに話を聞くとこんな声が次々とあがった。
「他の犬に飛びかかられ、愛犬がパニックを起こした。以来怖がって行きたがらない」「犬が集団で追いかけてきた。気の小さいウチの子には無理」
「ウチの子にジャレついて泥やヨダレで汚さないでほしい」
「ノミをうつされた」…。
ある主婦は「飼い主らがおしゃべりに夢中で、犬から目を離したスキにケンカが起きそうになったり、タバコの吸殻が落ちていたり」とお怒りだ。


常駐の監視員がいない施設では、利用者のマナーが頼みの綱。
実際のところはどうなのか。

「事故としては7月に1件あった。知らない犬に犬と人間が噛まれたと駆け込んできましたが、噛んだほうは逃げたようです」(担当者)
ちなみに、過失が認められれば飼い主に損害賠償責任がある。
犬が噛み殺された場合の損害賠償は10万-30万円が相場だが、人に危害を加えると厄介だ。
名古屋地裁は5年前、散歩中の犬が人に噛みつき、ケガとPTSD(心的外傷後ストレス障害)を負わせたとして、飼い主に約790万円の支払いを命じた。

「ワンちゃんトラブル相談室」(山と渓谷社)の著者で、犬の生態に詳しい丹由美子さんは、「性格も育ちも違う犬がたくさん集まれば刺激的で、社交性をつけさせるためにもいい。一方で、ドッグランをストレス、運動不足解消の場と思い違いしている飼い主も多い」と指摘する。

ドッグランでトラブルを起こさない、巻き込まれないためにはどうすればいいか?

 「まずはきちんとしつけしてから連れて行くのが最低限のマナー。トラブルを避けるには、遠くにいったらすぐ呼び戻すこと。噛んできた犬に狂犬病など病気があるかもしれないので、破傷風などの予防接種もぜひ。ノーリードの場合、双方の飼い主の管理責任が問われますよ」(丹さん)
犬を飼っているあなた! 大丈夫ですか?


ウチのワンコをドッグランデビューさせようかなー、これから行ってみようかなーと思ってる飼い主さんに覚えておいてほしい、とっても大事なことが書かれてる記事です。
ちょっと長文ですけど、読み物だと思います。

飼い主さんの立場からの不満のなかには、犬同士で遊んでいるんだから、ちょっと大目に見てあげてほしいなあと思う部分もありますが、そこは、飼い主さんの価値観もそれぞれで、許せないことのボーダーラインも違いますから仕方ないですね。

せっかく楽しみにドッグランに行くんですから、楽しんだまま帰れるように、そのためにも最低限のしつけがマナーです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

14億!!!

亡くなったアメリカの資産家の女性が、遺言で、親族に分配する資産のうち一番金額が高い、日本円にして14億円を、愛犬のために遺したそう。

・・・・・・・
あ然としちゃう金額だけど、それほどに強く、親愛なるワンコを残して逝くことを心配してたんですねー。
それにしても、人間の親族より手厚いっていうのが、なんだか生前の人間関係が見えて切ないな。
資産家も、いいことばっかりじゃないんでしょ。
ひがみで言ってる・・・・はい、そうです。

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

イヌからイヌへの狂犬病が

リンク: 米、イヌの狂犬病の根絶を発表 国際ニュース : AFPBB News.

米疾病対策センターは7日、米国内におけるイヌの狂犬病を根絶したと発表した。
数十年にわたる予防接種やペットの登録制度が奏功したと考えられる。
CDC狂犬病室長のチャールス・リュプレヒト氏は、「米国内におけるイヌの狂犬病の根絶は、過去50年の公衆衛生の向上における成功の中でも特に素晴らしい。だが、世界中での根絶にはまだ道のりは長い」と、「
World Rabies Day、(世界狂犬病の日)」を記念する演説で述べた。
世界では、狂犬病が原因で死亡する人の数は毎年5万5000人以上といわれており、これは10分につき1人に相当する。
リュプレヒト氏は、「イヌからイヌへと感染する狂犬病が根絶されたからといって、米国民がペットの予防接種をやめていいというわけではない」と、予防接種の重要性を主張する。

狂犬病は、犬だけじゃない哺乳類全体の感染病だから、まだまだこれからですね。
でも、あの広さの国で、すばらしいですね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月 7日 (金)

ホームページの更新が・・・

HPの更新日付、できるようになりました。
もとはといえば、ネット環境を良くしようかと、余計なことをしたのがきっかけでネット不調になってしまいまして。
もう、余計なことしません!(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワンコとトラ

リンク: asahi.com:犬とトラの子、乳離れ後も同居 東かがわ市の動物園 - 暮らし.

香川県東かがわ市の白鳥どうぶつ園で、フレンチブルドッグのメス「ナナ」(2歳)の母乳で育ったベンガルトラのメス「ハチ」が乳離れ後も、ナナと同居している。
生後間もないハチが人工保育のため4月に犬用の産室に移され、死産直後のナナが乳を飲ませたのが始まり。
ハチの体重は13キロを超え、体長はナナの約2倍の60センチにまで成長したが、一日中じゃれあっている。

乳離れ後に別居させるつもりだった同園は、仲の良さに驚きながら「けがする心配が出てくるまでは共同生活させる」と見守っている。

前にチラッとニュースで見たけれど、ほのぼのしますね。

今現在の写真画像を見ると、そのあまりの大きさの違いに、ちょっとヒヤッとしますけど、大丈夫なんですねえ。

こうなれば、ずっとこのままいっしょにって思っちゃうんだけど。
トラの子次第なんだろうけど、大人のトラとフレンチブルドッグがじゃれる画、・・・・ものすごく見てみたいなあ。(熱望)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

食欲のムラのあるワンコ

食べ方にムラのあるワンコの飼い主さんの中には、食べ終わった食器を出したままにしている人がいますね。

かと思えば、フード袋をワンコの手の届く、部屋の一角に置いてる飼い主さんも、けっこういました。

その状態だと、ずーっとフードのニオイを嗅いで過ごすことになって、おなかが減ってないと勘違いしちゃうこともあります。

ゴハンの時間以外は、ワンコのまわりに食べ物に関わるものを、できるだけ置かないようにしたほうがいいんですねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

食べないならば

ある小型ワンコにしつけをしようとした飼い主さん。
おもむろにごほうびのおやつをあげようとしますが、ワンコは特に欲しがることもなく、プイッと顔を背けちゃう。
話を聞けば、普段の食事も食べたり食べなかったりだそう。
「それでも、おやつでしつけをしようと?」
飼い主さんは
「しつけ本にそうかいてあったからネ」

しつけ本は、普通は食の細いワンコを前提にして書かれていませんよね。
自分のワンコにそのしつけ方が合ってるか、合ってないと思ったら方法を変える機転は必要ですね。

このワンコの場合、毎度のゴハンをしっかり食べてもらうため、間食おやつをストップ。
しつけでもあげないことで、毎度、適量食べてくれるようになりました。
・・・・・・・・

理由は様々だけど、おやつでしつけるのが向いてなくて失敗して、しつけ直しに伺うケース、かなり多いんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

お知らせなんですが

ホームページのドクトレミヤ日記ブログ日付の更新は、都合のためしばらくできません。
すいません!
更新はしてますので、よろしくです。

それにしても、インターネット関連の勧誘電話の多いこと。
しかも、1回断っても、まるで初めてかのようにまたしばらくたつと掛けてくる。
ご苦労さまですよね〜。
バレてるって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

季節

涼しくなりましたね〜。

ワンコが活発になるのはいいのだけれど、夏場にはなかった癖が出てきたりもする頃でもあるんですよね。
元気があり余ってるワンコには、散歩の内容を見直す時期になったんですね〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »