« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金)

フードが

来年、今よりさらに安全に、犬・猫用フードが選べるようになりそうです。
今までが規制が甘すぎて遅いくらいですが、1歩前進でしょう。

フードといえば、同じフードを何年も何年も続ける飼い主さんもいますが、例えば年単位ででも、製造メーカーからもフードを変えてみるのもおすすめですヨ。
毛づやや便の様子が、変わったりしますからね。
消化がよかったのか、便の量や回数が減ったワンコの話はよくあります。
それが、必ずしも値段の高いフードにしたから、とは限らないのがおもしろいところ。
相性なんですね~。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月29日 (木)

ウチのワンコ、ピーチのフィラリア予防薬、今季は今日飲ませて終了~!
媒介するのは、そう、それは蚊。
今年はホントに蚊がしつこかったなあ。
水辺や草ヤブが近くにある飼い主さん宅に伺うと、秋になっても元気な蚊がブ~ンプ~ン。
へたすると、夏より秋の方が刺されたんじゃないかあ。

・・・・ちなみに蚊といえば、実際に試したことはないんですが、こんな話が。
インチキはやめてほしいですね。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成立しました

リンク: ニューストップ > 「犬」の検索結果 > 補助犬連れでも就労しやすく、企業に受け入れ義務化 - Infoseek ニュース.

 補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)を連れた障害者の受け入れを企業に義務づけることなどを盛り込んだ改正身体障害者補助犬法が28日午前の参院本会議で、全会一致で可決され、成立した。
来年4月に施行され、同10月から企業の受け入れが義務化される。
対象となるのは、障害者の雇用が義務化されている常勤労働者56人以上の企業。
また、都道府県に障害者や企業などからの苦情や相談を受け付ける窓口を設け、助言や指導を行うことも盛り込んだ。

 同法は2002年に施行。
認定を受けた補助犬を連れた障害者の受け入れを交通機関や公共施設、不特定多数が利用するデパートやホテルなどに義務付けた。
しかし、企業は努力義務とされたことから、補助犬同伴を理由に就職を断られる例が報告されており、義務化を求める声が補助犬の使用者から相次いでいた。

補助犬の中でも、特に盲導犬は大型犬。
犬に慣れてる人の中でも、普段は小型犬にしか接してない人で、たまたま大型犬を見かけると、見た目だけで怖いと思ってしまうこともあるんですよね。
まして、犬嫌いの人にはさらに恐く映るでしょう。

それを考えても、一般の仕事場に大きいワンコがいることだけでも、社会全体にほどよく、慣れができてくれるので、早く浸透してほしいですねー。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月28日 (水)

獣医さん

獣医さんと飼い主さんとの間での訴訟で慰謝料が高額化している、とのこと。

ワンコの主治医の動物病院を替えたという話を、飼い主さんから時々聞きます。
その理由の中には、以前の所より獣医さんと診療について対話しやすい所に変えた、というのもけっこうありますね。
これって、お医者さんとしての腕と、同じくらい重要なことかもしれませんね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

皮はぎがとんでもないことに

リンク: 木の皮をはぐ習慣がある愛犬だったため…… | エキサイトニュース.

[米ペンシルバニア州アルトゥーナ AP 23日]
木の皮をはぐことが大好きなピット・ブルが、公園に植えられていた木々に多大な損害を与えたため、その飼い主に罰金3100ドル(約335000円)の支払いが命じられた。

今夏、飼い主のタイラー・ポート氏が公園で愛犬を放して運動させていたところ、木の皮をはぐ習慣があったため、愛犬が周辺の木々に噛みついて皮をはぎ取ってしまったという。
この被害により、公園に植樹されていたアメリカサイカチの木3本を植え替える必要が出てきたため、市当局がその費用としてポート氏に3100ドルの支払いを要求している。

ポート氏は「私の愛犬は木を見ると夢中になってしまうクセがあるのです。子供たちも楽しんでいましたので、そのまま好きなようにさせたのです。誰かに注意されたら、すぐに止めさせるつもりでした」と話す。
また今回の支払い請求については、「市ときちんと話し合えば取り消しになると思う」とポート氏は楽観的な姿勢だ。

木の根っこを、地面に穴を掘って露出させてしまったり、小枝を引っ張って折ったり、と木を遊び道具にするワンコ、よくいますよねー。

ストレス解消になるから、ワンコにしてみれば、いいじゃん好きにやらせてよー!と言いたいところでしょうね。
でもねえ~整備された公園だと、そうはいきませんよね。
習慣になると感覚がマヒして、さらに無我夢中になってしまうので、飼い主さんがしっかり抑えないといけませんね。
かわりのストレス解消の手段も、考えてあげないといけませんね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

事故一歩手前でよかったけど

また、飼い犬を追った飼い主さんが線路に入って、今回は幸いなことに事故のギリギリだったようです。

しつけの問い合わせで、飼い主さんとワンコの普段の日常の話をうかがう中で、
「何もないところでなら、ワンコは、呼んだらまあまあ戻ってくるけれど、何かあると戻ってこないんです。」と場所によっては呼びが不安だという飼い主さんはとても多いです。

今回のような、例えば線路ぎわや、工事現場、車通りの激しい道路際など、呼び戻せないと即、命にかかわる場所は街中ではそこらじゅうにありますよね。
一度そういう場所で、普段呼べる自信がある飼い主さんも試してみてほしいなと思います。
「いざとなればリードを引っぱれば大丈夫、大丈夫」と、リードを過信していても、金具が壊れたり切れたりして、長く使っていけば外れることはよくあること。

リードがあるなし関係なく、呼び戻しには自信の持てるようになっていてほしいですね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

熱いね

越谷市の南、武蔵野線沿いに大きなショッピングモールを造ってるかと思えば、新三郷駅のあたりも、大きくかわるらしい。
道が混まなければ、お互い車で30分もかからない距離なのにねー。
三郷市にはピアラシティって巨大モールもあって、その近辺もどんどんお店や家が建ってる。
いやあ~三郷、熱いなあ。

にほんブログ村 地域生活ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

がけっぷち

ああ、もうがけっぷち犬の話は1年前なんだー。
早いなあ。
あの救出映像は、たしかにインパクトありましたよね。
しっかり記憶に残ってますよ。

今も元気そうで、なによりです。
なんだかちょっとした、シンボルのようなワンコになりましたね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

朗報、アマミノ

奄美大島にて、アマミノクロウサギの11匹の死骸があった付近で、元気に動き回るアマミノクロウサギが、死骸発見以来、初めて確認されたそうです。

とりあえず、ほっとしましたよー。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

冬がくると

今日はついに木枯らしピューピュー、風寒っ!
一気に冬らしくなりましたね~。

寒くなると元気になるワンコ、多いですね。
いくら動いても体が熱くなってバテてしまうことは少ない季節なので、散歩の運動量は増やせるようなら、そうしたほうがいいですね。
もちろんワンコによりますけど。
元気が有り余って、今までは問題なかったしつけが、この時期にくずれることがよくありますからね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

情もモラルもない人たち

リンク: <ペット火葬>ブーム便乗の悪質業者横行 数十万円の請求も(毎日新聞) - Yahoo!ニュース.

 ペットの火葬をめぐり、トラブルが相次いでいる。
焼却炉を備えた車で飼い主宅まで出張した業者が、死骸(しがい)を焼却炉に入れた後に数十万円の高額料金を請求するもの。
「嫌なら今すぐ焼却炉から出す」「遺骨を返さない」--などとすごみ、飼い主の愛情につけ込み金を要求する。
ペットブームに便乗した悪質商法に、各消費者センターは注意を呼びかけている。

 東京都消費生活総合センターによると、東京都内の50代女性は今年、インターネットでペットの火葬業者を見つけ連絡した。
ホームページ(HP)では、体重別の料金を掲載。
約20キロの犬は5万6000円で他の料金は一切かからないとあったが、業者は犬を移動火葬車の焼却炉に入れた後、22万円を請求した。
女性は抗議したが「生焼けで犬を返す」などと言われ、やむなく15万円を支払った。業者はその後も電話で執拗(しつよう)に残額の支払いを請求、警察通報後も電話は続いた。

 同センターなどによると、業者は違っても手口には共通性がある。
HPには小動物から大型犬まで、体重別に1万円台から数万円の料金が表示され、一部に「高速料金がかかる場合がある」などと書かれている場合もあるが、料金が請求されるのはきまってペットを焼却炉に入れた後。
大型犬で火葬料金が6万円弱のはずが40万円請求された40代の男性もいた。

 料金内訳の提示は書面ではなく口頭だけのことも。
全額を払わないと、残額を支払う「示談書」名目の念書を取られたケースもあったという。

 動物の火葬業者には基本的に法的規制がなく、同センターは「事前に見積もりを出させるなど料金の確認が必要。納得できない場合は、支払いや書類へのサインを急がないように」と話す。
トラブルは秋以降、関東で目立つ。
国民生活センターによると、ペットサービスの相談は04年263件、05年314件、06年405件と増加している。

うわさとしてこういう業者がいると聞いたことはあったけど、まさかここまで悪質とは・・・。
亡くなった直後は、気持ちを整理するために、しばらくは静かにすごしたいと思う飼い主さんが多いはず。
そんな中で、亡き骸を人質に取るようなやり方は許せませんね。
亡くなる場面を想像したくないのに、こういうこともあるからと考える必要があるなんて、イヤになりますね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月15日 (木)

アマミノ

奄美大島で、国の天然記念物で絶滅危惧種のアマミノクロウサギが多数死んでいたのは、元は飼い犬だったのに捨てられて野生化した犬が、野犬となってかみ殺してしまっていたそうです。

もとはといえば、身勝手に放した飼い主がいるわけで、なんだかくやしい気分になりますよ。
それにウサギを、食べる目的じゃなく、ただ衝動的に捕まえるため咬んだようです。
もしそうなれば、猟犬、とのこと、捨てた飼い主がどういう人が想像できて、よけいに腹立たしくなりますよ。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

祝!

浦和レッズ、ACL優勝おめでとう!!!

ちょうど昨日、埼玉スタジアム近くの道路を通った時に、頑張れの念を送っておいたのが通じたな、きっと。(笑)

にほんブログ村 地域生活ブログ 埼玉情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

いまだに

しつけの問い合わせで、時々あるのが、ミックス犬のこと。

「ミックスだと、しつけが入らないんですか?」
「ミックスだと、しつけができないって周りの人が言ってるんですけど、そうなんですか?」

人に言われて、ずっと「ああ、ウチのミックスワンコはどうせしつけられないんだから、あきらめるしかない。」と思い込んで、迷って悩んで、やっとしつけ直す飼い主さんも多いんです。
でも、「そんなことはないんですよ」と説明すると、あっさり誤解をといてくれる飼い主さんも多いですね。
すぐ誤解を解いてくれた飼い主さんは、だいたい、誰かしらに根拠もないまま「ミックスって、そうなんだってよ」とうわさ話のように吹き込まれてるだけなんですね。
いまだに続く、そういう誤解の生むうわさ、何とか止まってほしいものなんですけどね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

奇跡!冬眠

リンク: 奇跡の犬!?ボーダーコリーがトランクの中で9日間生き延びる - イギリス - 海外 PETWALKER ニュース.

イギリス・ノースヨークシャー州ファイリングソープ村で、農場経営のTamar Jonesさんが飼うボーダーコリーのGaleが車のトランクの中で9日間生き延びるという奇跡的な事件が起こった。

Galeは発見の日から2週間前にJonesさんの農場から消え、隣村の住人などが協力して捜索に当たったが見当たらず、一時捜索を中断。
ところがその数日後に、GaleはJonesさんの友人が持つ乗用車のトランクの中で発見された。
Jonesさんと友人が車の荷物を積み分ける際にGaleはトランクに乗り移ったようで、Jonesさんの友人はそれ気づかずトランクにGaleを残したまま知人を訪ねてロンドンに旅行、帰郷後に車を掃除しようとしたところGaleを発見したという。
発見時のGaleは立つ余力も残されていなかった様子で、友人から引き取ったJonesさんはGaleをすぐさま動物病院に運んだ。

Galeを診た獣医は、自分の体力を保つために本能的に自分の体を冬眠状態にしたのではと分析。
本来犬が冬眠状態に入ることはないが、必要時には血液の循環を保つために身体機能を停止させることができるのだそう。
今回の事件で驚くべき生命力をみせたGaleは、Jonesさんの農場で今も元気に走りまわっているという。

9日間!?
しっかしまあ、よく無事に生還したなあ~。
それにワンコって、思わぬところに入りこんじゃって、入ったはいいけど出れなくなることってありますよね。
けっこう考えるところが多いニュースですね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

散歩の悲劇

リンク: 散歩の犬に引っぱられ列車に…18歳女子学生死亡(産経新聞) - Yahoo!ニュース.

8日午後6時半ごろ、埼玉県寄居町末野の秩父鉄道踏切で、近くの専門学校の女子学生(18)が、三峰口駅発羽生駅行き普通列車にはねられ、間もなく死亡した。
寄居署が原因を調べている。
 調べでは、女子学生は犬の散歩中で、列車の警笛に驚いた犬に引っ張られ、踏切内に入り込んだ。
犬は中型の雑種とみられ、即死した。
踏切には、警報機や遮断機はなかった。

痛ましい事故が起きました・・・。
今回は引っ張られてとのことでしたが、以前にも、線路に入った犬を追いかけた飼い主さんが轢かれて亡くなってしまったこともありましたね。
踏切、線路の事故の恐ろしさを強く感じるし、こんな悲しいこともないですよね、犬の散歩をしていただけなのにこんな・・・。

この事故の原因にもあるように、
なんらかの音や動きに驚いてパニックを起こした時に抑えきれない、引っ張れた時に力負けしてしまう、などをきっかけにしてしつけを始められる飼い主さんはとても多いです。

何もないところなら、強く引っ張られても、地面に転ばされる程度ですむかもしれない。
でも時と場合によっては、ワンコ、飼い主さん、ともに重大な事故に巻き込まれてしまうことがあると、肝に銘じておきたいものです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月 7日 (水)

ちょっと意外

リンク: <叙勲>皇居・宮殿に初めて盲導犬 天皇陛下が受章者を祝福 | エキサイトニュース.

秋の叙勲受章者らを天皇陛下がお祝いする行事が7日あり、皇居・宮殿に初めて盲導犬が入った。
旭日双光章を受けた元京都府視覚障害者協会会長、福嶋慎一さん(74)の「ルカ」で、ラブラドルレトリバーの4歳のオス。

陛下は宮殿・豊明殿などで約1600人の受章者らを祝福。
その後、福嶋さんの手を握り、「(盲導犬とは)もう何年くらいになりますか」「よくついてきますか」などと声をかけた。
ルカは、肌色の服を着せてもらい、福嶋さんの横におとなしく座っていた。

福嶋さんは全盲で視覚障害1級の認定を受けており、外出時にはいつもルカを伴い、2年半、一緒に生活している。
盲導犬の同伴を申請し、許可された。
宮内庁によると、盲導犬の同伴申請も初めてだったという。

 福嶋さんは「(盲導犬を)入れていただき本当にありがたい。社会に盲導犬への理解が広がる大きなステップになるのでは」と話した。
 

正直、意外でした。
今まで一度も補助犬が入ったことがなかったんですね。
そのことに、逆に驚きましたよ。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月 6日 (火)

そりゃそうだよね

リンク: asahi.com:ペットフードの安全性、4割が不安 国民意識調査 - 暮らし.

ペットフードの安全性について、約4割の人が不安を感じていることが環境、農林水産両省が実施した国民意識調査でわかった。
米国でメラミンを含む中国産原料を使ったペットフードを食べた犬や猫が多数死んだ事件などの影響が大きいとみられる。
規制のあり方を検討する両省の研究会で6日、報告された。


調査は10月、ペットを飼っている1351世帯と飼っていない1649世帯を無作為抽出し、計3000世帯にネットを利用し回答してもらった。

約4割の人が市販ペットフードの安全性に不安を持ち、食品と同様か一般の商品以上の安全の確保を進めるべきだと8割以上が答えた。
ペットの健康被害を防ぐには、メーカーによる原材料の安全確認が重要と考える人が最も多く、安全確保には法的規制より企業の自主規制を中心に対応すべきだとの回答がやや上回った。
また、犬を飼っている人で7割、猫の飼い主で8割程度が、市販のペットフードだけを与えていると答えた。
購入する際に注意している表示内容は、原材料、添加物、原産国を挙げる人が特に多く、価格より安全性を重視するとしていた。

最後は選ぶ飼い主さん次第だけど、せめてねえ、フードの内容表示のウソだけはやめてほしいな。
この前のサンライズの件みたいのは、もうカンベンしてほしいよ。

家族同然というより家族そのもののワンコの食べ物なんだから、もう動物用だから規制が甘いというのは、とてもじゃないけど納得できないな。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

フード値上げか

リンク: ペットフードの値上げ企業続々 時事ニュース PETWALKER ニュース.

水産資源の価格高騰や円安などによる輸入コストの上昇から、様々な物価の値上げが続く昨今。
ついにペットフードの値上げまでもが広がりつつある。
ペットフードの製造および販売を行うユニ・チャームペットケア株式会社(代表:二神 軍平)は、今年の4月に容量の減少による実質値上げを開始しており、さらに原料となる魚価の高騰から今年2回目となる値上げも予定しているという。
今回の値上げは実際の店頭価格に反映する見通しのようで、直接売上に影響するのかが気になるところ。
その他にもペットフードの出荷価格を上げる企業が増加しており、今後ますますペットフードの値上げが波及するようだ。

ひえ~。
ま、ご時世として、しばらくはしかたなく耐えるしかないでしょうね。
毎日のフードを残すワンコがいて、それがまたもらえるからと甘えているだけなら、これを機会に直すように心がけてみるのいいかもしれませんね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

ワンコ回復、ヨカッタネ

リンク: 毒ヘビから飼い主救ったイヌが危篤状態から回復 AFPBB News.

オーストラリア・クイーンズランド州南東部のゴールドコーストで飼い主を救うために毒ヘビと戦い昏睡(こんすい)状態に陥っていた牧羊犬が、順調に回復に向かっている。
診察にあたった獣医師が2日、明らかにした。

オーストラリアン・ケルピーのテスは前月28日、飼い主のフェイ・ペールソープさん(68)が自宅の敷地内で体長2メートルもあるイースタン・ブラウン・スネークに襲われた際、2匹の仲間とともにペールソープさんの元に駆けつけ、ヘビをくわえて放り投げた。

ペールソープさんとイヌ2匹は無傷だったが、ヘビをくわえた際に耳をかまれたテスは内出血を起こし動物病院に運ばれた。
獣医師が直ちに抗毒血清を注射したがテスは昏睡状態に陥り、生存の可能性は五分五分とされていた。
しかし、テスはその後順調な回復力をみせ、今は食事もとれるまでになっているそうで、3日には退院できる見込みだ。

ペールソープさんはAFP
の取材に対し「テスが帰ってきたら、思いきり抱きしめてキス攻めにして迎ようと思う」と愛犬の退院を心待ちにしている。

癒される~。
無事助かったから明るく語れるけど、毒ヘビの恐ろしさもひしひし感じますね。
身近にはいないから良いけど、出会ったらイヤだなあ、ホント。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

義務になる

リンク: 企業受け入れ義務付けの障害者補助犬法改正案、衆院で可決(読売新聞) - Yahoo!ニュース.

 盲導犬、介助犬などを同伴した身体障害者の受け入れを定めた身体障害者補助犬法改正案が2日、衆院本会議で全会一致で可決され、参院に送付された。
今国会で成立する見通し。

改正案では、障害者の雇用が義務化されている常勤労働者56人以上の企業などに、補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)を同伴した障害者の受け入れを義務付けた。
また、都道府県に障害者や企業などからの苦情や相談を受け付ける窓口を設け、助言や指導を行うことも盛り込んだ。

同法は2002年施行。
認定を受けた補助犬を同伴した障害者の受け入れを交通機関や公共施設、デパートやホテルなどに義務付けた。
しかし、民間企業は努力義務とされたことから、補助犬同伴を理由に就職を断られる例が報告されており、義務化を求める声が補助犬使用者から出ていた。

良いニュースですねー。
受け入れの前例がないならつくらなきゃ、ね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

メタボとしつけ

リンク: 日本獣医生命科学大、イヌ・ネコのメタボ診断基準を来年末めどに作成(日刊工業新聞) - Yahoo!ニュース.

日本獣医生命科学大学の新井敏郎教授、田中良和講師らは、イヌやネコのメタボリックシンドローム(MS)の診断基準を08年末までに作成する。
ペットショップや動物病院、ブリーダーなどの協力を得ながらイヌとネコの血液を5000匹ずつ計1万匹分調べていく。
イヌやネコのこうした大規模な健康調査は初めて。
診断基準を作ることで、飼い主がエサを減らしたり、運動させるなどの目安にすることを期待している。

 新井教授は「まず“健康な”イヌやネコの基準を作り、それを参考にMSの基準を作りたい」と話している。
最近は団塊の世代を中心に、退職後にペットを飼う人が増えているが、ダイエットや健康管理をペットと一緒に行える指標として、話題を呼びそうだ。

メタボ・・・。

ある5歳の中型犬ワンコのしつけに伺った時のことです。
散歩中のリードの引っ張りが強く、家では寝ているところを邪魔されるのを極端にきらうワンコで、もし触ろうものなら、うなったり咬もうとするほどでした。

そこにきて、このワンコ・・・・・メタボ。
幸い運動制限が出るほどではなかったですが、それでもスタミナ切れが早くて、飼い主さんも苦笑い。
けっきょく、しつけトレーニングでもそこを気を使いながらですから、ずいぶん時間がかかってしまいました。
もともと性格は素直だったので、メタボじゃなかったら、もっと手間もかからずしつけ直せたんじゃないかと思います。

ワンコは基本的に腹八分目なんて自分でできませんからね~。
飼い主さんが、しっかりコントロールしてあげてほしいですね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »