« 義務になる | トップページ | フード値上げか »

2007年11月 3日 (土)

ワンコ回復、ヨカッタネ

リンク: 毒ヘビから飼い主救ったイヌが危篤状態から回復 AFPBB News.

オーストラリア・クイーンズランド州南東部のゴールドコーストで飼い主を救うために毒ヘビと戦い昏睡(こんすい)状態に陥っていた牧羊犬が、順調に回復に向かっている。
診察にあたった獣医師が2日、明らかにした。

オーストラリアン・ケルピーのテスは前月28日、飼い主のフェイ・ペールソープさん(68)が自宅の敷地内で体長2メートルもあるイースタン・ブラウン・スネークに襲われた際、2匹の仲間とともにペールソープさんの元に駆けつけ、ヘビをくわえて放り投げた。

ペールソープさんとイヌ2匹は無傷だったが、ヘビをくわえた際に耳をかまれたテスは内出血を起こし動物病院に運ばれた。
獣医師が直ちに抗毒血清を注射したがテスは昏睡状態に陥り、生存の可能性は五分五分とされていた。
しかし、テスはその後順調な回復力をみせ、今は食事もとれるまでになっているそうで、3日には退院できる見込みだ。

ペールソープさんはAFP
の取材に対し「テスが帰ってきたら、思いきり抱きしめてキス攻めにして迎ようと思う」と愛犬の退院を心待ちにしている。

癒される~。
無事助かったから明るく語れるけど、毒ヘビの恐ろしさもひしひし感じますね。
身近にはいないから良いけど、出会ったらイヤだなあ、ホント。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

|

« 義務になる | トップページ | フード値上げか »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197208/16965064

この記事へのトラックバック一覧です: ワンコ回復、ヨカッタネ:

« 義務になる | トップページ | フード値上げか »