« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月29日 (土)

プリズンドッグ日本版だ

刑務所で受刑者が盲導犬のパピー育てる矯正教育

日本初ですよ!
うまくいけば、とても画期的ですね~。
やってみなければわからないこともあるでしょうね。
プリズンドッグ日本版の、いいスタートになればいいな。
来年始まれば、きっとテレビなどで紹介されるでしょうね。
来年、注目。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飼い主の気持ちを軽くみないで!

今年は偽装、ウソつきのニュースが多かったですが、残念ながら、またこういう人の気持ちを踏みにじる話がでてきました。

ひとつの市の役所の話といえばそれまでだけど、なんだか怒るとか通り越して、こんなことまでしちゃうんだと、ある意味怖さを感じる。
謝る気がゼロって、・・・絶句!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月28日 (金)

残酷すぎる

こんな人が獣医だったなんて、それにしても悪質すぎる!

こうやって裁判でしっかり判決が出た以上は、今後同じようなことが起きないように、みんなで教訓にしていきたいですね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

フランダースの犬

な~んとなくそんなウワサは聞いていたけど、「フランダースの犬」が日本以外の国では、それほど評価されてないそうで。

たしかに、あの最終回はつらい。
初めて観た昔、最終回を観る直前まで、てっきりラストは捜しにきたみんなに救われて、幸せに暮らしましたとさ、でおしまいだと思ってましたからね。
ところがおもいっきり悲しい結末。
いやあ、大泣きしましたよ、あれは・・・その日は1日落ち込んでたんじゃなかったかなあ。

だから、ハッピーエンドで物語を作り直したくなる気持ちも、よ~く分かります。

でもやっぱり名作だと思うところが、日本人気質そのものなんですかね(苦笑)

にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

火事~

リンク: 愛犬ライリー、飼い主女性に火事を知らせる | エキサイトニュース.

[米ミネソタ州イーガン 21日 AP] キャシー・ミニグさんにとって、愛犬「ライリー」は命の恩人となった。
水曜日の夜、ミニグさんが自宅地下室でヘッドホンを付け、音楽を聴きながらランニングマシンを使ったトレーニングをしていたところ、まだ子犬のラブラドル犬「ライリー」がソファーの上で飛び跳ね、何やら奇妙な行動を始めた。
愛犬の行動を不思議に思ったミニグさんがヘッドホンを外したところ、火災報知器が鳴り響いているのに気がついたという。
階段を駆け上がったところ、すでに居間は炎に包まれており、ミニグさんは愛犬を抱いて屋外へ脱出した。

どちらもケガはなく、ミニグさんの子供たち二人も当時は外出中で無事。

地元消防当局のマイク・スコット氏は、「愛犬が知らせてくれなければ大変なことになっていたでしょう。家は全焼です。出火元は飾ってあったクリスマスツリーの付近とみられます」と話している。


家が全焼しちゃうほどの大火事の中、ファインプレーなワンコです。
「まだ子犬」が生後何ヶ月か分からないけど、大人のワンコじゃないのにすばらしいねー。
メリークリスマス。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月22日 (土)

ボール食べちゃたの?!

とんでもなく高い価値のボールを食べちゃったそうな、アララ。

これがまた人が大事にしてるものに限って、嬉々としておもいっきり壊してくれちゃいますよねー。
この心理を逆手にとって、ワンコが完全に飽きちゃってるワンコ用のおもちゃでも、大事そうに飼い主さんが抱えてると、また、奪い取ってでもそのおもちゃで遊ぼうとすることもあるからオモシロイ。

ワンコの背の高さで届く範囲に、飼い主さんが大事にしてる自分のものを置く習慣のある家では注意したいですね。

ちょっとでもいじりはじめるとハマっちゃって、かじりまくって破壊しきるまで止めないことも多いですからネ。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月20日 (木)

ほめ方も個性

「ウチのワンコ、しつけ本に書いてあるようにほめても、大して喜ばないんですよね~。どうすればいいでしょう?」
こういう質問、けっこう多いんですね。

好きなほめられ方って、ワンコそれぞれの個性によって変わります。
いつでもほめて撫でてもらいたいと思うワンコがいれば、時々ほめて撫でられるぐらいのほうがいいと思うワンコもいる。
ちょこっとほめただけなのに興奮しすぎちゃうワンコもいれば、しっかりほめてあげないと伝わらないワンコもいる。

しつけでつまずいてしまう原因になっている場合も多いので、「ウチのワンコってどうだろう?」とよ~く観察してほしいですね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

叱るより

ワンコの困ったくせを直そうとするときに、ともかく、叱る、ひたすら叱りつける飼い主さんに時々出会います。
吠えるたび叱る、リードを引っ張るたび叱る、甘噛みするたび叱る、拾い食いするたび叱る・・・と。
でもそんな人に限って、ワンコへのほめ方がうまくできてないことも多いですね。
日ごろ、叱り慣れちゃってるんですね。
ホメようとしても、なんだかギクシャク。

偶然でもたまたまでもいいから、ワンコがもし好ましい行動をしてたら、しっかり褒めなくちゃ。
やっぱり「叱られたことを2度とやらない」よりも「ほめられたことをまたやる」ほうが、スムーズに覚えてくれるワンコが多いですからねー。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

レッズ3位!

浦和レッズ、世界3位おめでとう!
やったねーパチパチ。
地元民として、ホント鼻高いよ。

これで来年春までは、埼玉スタジアム近くの道路でユニフォームを着たサポーターを見かける、なんてこともしばらくないわけか~。
待ち遠しいな。

にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

ある?

「ぜんぜん遊ぼうとしないから、出すのやめちゃった。」

ワンコがまだまだ5歳ぐらい、いやもっと若く3歳ぐらいでも、1歳の頃はあったワンコ用のおもちゃを、遊ばなくなったからとワンコに用意しなくなる飼い主さんに、時々出会います。
ワンコのしつけの悩みについては、吠える、噛む、引っ張るなどなどそれぞれ違いはありますが、そこでおもちゃを用意してあるかどうか、これが重要なポイントになることがあります。
おもちゃをくわえて、アゴを使う。
これだけでワンコが、一息つけることがあるんですね。

例えば、以前はなかったのに困ったくせが何歳か年を重ねてから出てきたとなった時、おもちゃで遊ぶ、それをするかどうかで、しつけ直しのはかどり方が変わる場合があるんですねー。


 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

レッズ惜しい!

浦和レッズ、おしい!
いずれリベンジだね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

悪質やめて

この前話題にしたペット火葬のトラブルについて、新しい動きがありました。

飼い主さんにとっては、常日頃気にする話ではないし、考えたくないのが当たり前ですよね。
でも、いつかは避けられないこと。
せめて、不快な思いをすることなく済ませられるように、業者さんにはモラルを持ってほしいものです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

チョコ、怖い

甘い食べ物って、ワンコも好きですよね。
でもチョコは要注意。

飼い主さんはあげないように気をつけていても、
「テーブルにのってたチョコケーキを、ちょっと目を離したすきに盗み食いされたっー!」
・・・ありそうな、実際よく聞く話です。
ちょっとぐらいなら平気だとは思うけどねー、こればっかりは個犬差があるから怖い。
ワンコが自主的に控えてくれればありがたいんだけど、そうはいかないから飼い主さんが気をつけてあげなきゃね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

つないだために

つないだために最悪の結果に。

もっと単純な例で、
柱につないでおいたら、グルグル回ってるうちに、柱にリードが巻きつき首が首輪ごと締め付けられた状態になって、身動きとれなくなってしまう。
これは室内、外、どこでつないだとしてもありうる話ですね。
逆に回ればすぐ緩んで苦しくなくなるのに~とは思うけど、残念ながらそうはできないワンコの方が多いですね。
さらには、滅多に繋ぐ事がないワンコは、不慣れな分、余計にパニックを起こします。
その場所が、外出先の不慣れな場所で、繋ぐしかないとなれば、細心の注意を心がけたいですね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

ハッピーエンド

リンク: 女性救った“湯たんぽ”老犬、無事飼い主の家に : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

行方不明となった茨城県内の認知症の女性(73)が今月6日に同県ひたちなか市の公園近くの草むらで約30時間ぶりに見つかった際、寄り添うようにしていた老犬が8日、飼い主のもとに引き取られた。
老犬は、6日に「飼い犬の可能性がある」(ひたちなか西署)として、発見現場近くで放されたが、8日午後3時半ごろ、同市内で改めて保護された。
女性と犬が一緒にいるところを見つけた長谷部美紀子さん(56)(同市)が同じ犬と確認。
長谷部さんらが、ひたちなか西署に届け出たところ、8日夜になって、飼い主の礒崎和子さん(44)(同市)が「新聞に出ていたのはうちの犬では」と、同署に名乗り出た。

老犬は、礒崎さん宅で12年程前から飼っているオスの雑種「ウシ」で、5日からいなくなっていた。
同署に引き取りに訪れた礒崎さんと3人の娘は「女性を助けるなんて、ウシは偉い」などと話していた。


女性が行方不明となっていた6日未明は氷点下にまで冷え込み、「ウシ」が防寒具代わりになったとみられている。

このお手柄ワンコ「ウシ」ちゃんが、公園で女性を暖めた一報だけではその後が分からず、ワンコはその後どうしたんだーと思っていたら・・・。
いやあ~ホント、飼い主さんの元に無事戻れてよかったですね~。

この認知症の女性の家にもワンコがいるということで、見ず知らずの「ウシ」にとっても、犬が好きな人だとは分かったんでしょうね。
だから、寒空の下で寄り添って野宿できたんでしょうね。
「ウシ」がもしこの女性を受け入れなかったらと考えると、やっぱり「ウシ」の性格のやさしさが大きな救いでしたねー拍手パチパチ。

ハッピーエンド最高!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

昨日の補足になりますが

昨日のリンク、切れてましたね。
つまりはこういうことです。

今日たまたま行った大型店のペットフード売り場でも、全商品撤去されてましたね。
陳列棚が、すき間だらけでスカスカ。
いかにたくさんの種類のサンライズのフードやオヤツがあったかが、撤去されてみてよ~く分かりましたよ。
他のフード会社、大丈夫だろうなあ・・・不安だ。
第2のサンライズが、出てこないことを祈るばかりです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エッ?!数がケタ違い!

最初は2種類といっていたのに163品のうちの大半とは・・・。

こういうフードの有名ブランドがここまで不当表示だらけとは、驚きました。
まさか食べて健康によくないほど危険ということはないとしても、なんの救いにもなりませんね。

人の食品偽装が続く中で、本当にウンザリしてるのに、まったく。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

ウチのピーチは、黒ラブ。
だいぶ白髪も目立つ歳になりましたけどねー。

Sa290005

今はそんなことはないけど、昔、少なくとも15年以上前は、黒いワンコは人気がなかったんですよね。
芸能人(たしかキムタク?)が自分で飼っている黒ラブワンコを、テレビで紹介したころあたりから、徐々にイメージが変わったのかな。

黒ネコのショッキングな話を見つけたもので、まったくニュアンスが違うことですけど、ふと思い出しました。

昔は、日本は白い犬が人気だったんですよね。
その点、今はかわりましたよね~。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »