« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月29日 (日)

興味がつきないこころみ

リンク: 受刑者が盲導犬育成

 法務省は、島根県浜田市に10月開設される刑務所「島根あさひ社会復帰促進センター」で、受刑者が盲導犬候補の子犬を育てる全国初の事業を来年4月から始める。
視覚障害者に関する教育も行い、受刑者の更生を促すとともに、子犬飼育者の不足を補って盲導犬増加につなげたい考えだ。
 同センターは、民間資金活用による社会資本整備(PFI)方式で設置される国内4番目の刑務所。

とっても有意義な話だけに、本当に先が楽しみな試み。
ただ、将来人が好きで意欲的なワンコになるのかは、子犬の時期の接し方が大きく影響するだけに、大丈夫なのかなーと考えちゃう気持ちもちょっとだけありますよ。
まあ、いずれにせよきっとテレビがほっとかないでしょうからねー、どんな様子でしているのか、特集組んでやってほしい。tv

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年6月26日 (木)

これから飼う人は注目

リンク: ペット(犬・猫)の表示に留意を 公取が提示 | エキサイトニュース.

公正取引委員会ではペット(犬・猫)の取引における表示に関する実態調査を行うと共に、実態を踏まえて「表示上の留意点」を6月23日に示した。

 調査した結果では、「ブリーダーショップ等のブリーダーである旨を表示する小売業者の中には自家繁殖を行っていないものもいた。また、ブリーダー直送等のブリーダーと取引関係にある旨を表示する小売業者の中にはブリーダーから直接仕入れていないものもいた」との実態が浮かび上がった。
このため、公取委では「このような表示を行う小売業者においては、消費者の誤解を招かないように、生体ごとに自家繁殖によるものか、ブリーダーから直接仕入れたものか、又は他の手段により仕入れたものかを明りょうに表示することが望ましい」としている。

 また、「ワクチン接種済み」等のワクチンに関する表示を行う小売業者の中には生体の販売価格とは別にワクチン接種費用を請求するにもかかわらず、その旨を表示しないものもいた、としており、「ワクチン接種費用を生体の販売価格とは別に請求する小売業者においてはワクチン接種費用が別途発生する旨を明りょうに表示すべきである」としている。

 このほか、「豆柴」「ティーカップ・プードル」「タイニー・プードル」等の一般的な犬種よりも小型であることを強調する表示を行う小売業者の中には成犬時の大きさの定義を設けずに表示を行うものもいた、として「一般的な犬種よりも小型であることを強調する表示を行う小売業者においては当該表示が犬種ではなく成犬時に予測される大きさに基づいた呼称である旨を明りょうに表示するとともに、当該表示を行う個体が成犬時にどれくらいの大きさになるかについて定義を設け、かつ、当該定義を併せて表示することが望ましい」としている。

これからワンコを家族にむかえようと考えてる方々には、特に注意してチェックしてほしいですね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ


にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

つづきですが、

土佐犬の事故のつづきです。
どんな程度かは分からないですが犬が脚を悪くしていて、最近は外に連れ出すことなくオリの中だけでの生活が続いていた、という事情だそうです。
もしかしたらそこに、突然咬んでしまった原因があったかもしれませんね・・・。
たくさん歩かせるとまでいかなくてもいいから、日に何度かはオリの外に連れ出してあげていたら、荒れたりしなかったんじゃないかなと考えちゃいますね。
しっかり世話をされて可愛がっていた飼い主さんだったそうなので、くやしいですね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

残念な事故が

福岡県で、咬傷事故で土佐犬の飼い主の男性が亡くなりました。
・・・残念です。
ケガではなく、人が亡くなるなんて・・・。
特に土佐犬の事故は、また、なんですよね。
本当に残念です。

近所の人の話で、いつもは普通にさわれるしおとなしい犬だから大変驚いている。
おりの中にいるとき、よく吠えてる。
飼い主さん一家は、とてもかわいがっていた。
犬の体が大きくなりすぎて散歩ができないと、飼い主の男性に聞いたことがある。


と、色々記事の中にでてますが、まだはっきりしませんね。

以前の事故では、食器に倒れかかった飼い主の動きに驚いて瞬間的に咬んでしまった、というのがありましたけれど、今回は、ストレスなのか?何かで驚いて突発的に咬んでしまったか?
いずれにしても、情報どおり、普段は周りの人が不安を感じるようなことがまったくないおとなしい犬だったとしたら、こんな悔しいことはありませんね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

その犬種、知ってます?

リンク: マース ジャパン、犬種別「飼い主の意識調査」を発表 - 犬種別アンケート .

ドッグフード販売のマース ジャパン リミテッドは2008年6月19日、ミニチュア・ダックスフンドやチワワなど人気犬種の飼い主1000人に対する意識調査の結果を発表した。

「愛犬へ伝えたいことは?」という質問に対しては、「ありがとう」「愛してる」「長生きしてね」の3つの言葉がほぼ同数で上位に並んだ。
しかし、愛犬に対する改善願望を抱いている飼い主も多く、37.6%が「吠え癖」を「改善したいこと」としてあげていた。
特にミニチュア・ダックスフンドでは49.0%の飼い主が「吠え癖」で悩んでいることが分かった。

また犬種ごとにかかりやすい病気が違うが、飼い主にそのような知識が不足している場合も多い。
愛犬の病気で動物病院を利用したことのある飼い主の25.6%が、犬種に対する知識不足のために愛犬の病気を悪化させてしまったことがある、と答えた。


このような結果について、
友愛動物病院グループの津田圭子代表は「飼い主と愛犬が幸せな生活を送るためには、飼い主がその犬種の特徴や気質をよく理解し、犬種別にケアを行っていくことが重要」とコメントしている。

吠える、とよくいわれる犬種の飼い主さんの中には、「今は吠えるけど、いくつか歳を重ねればきっと落ち着いて吠えなくなるだろうから、今だけガマンしてほっておけばいいんじゃない。」と考えてしまう方がいます。
でも、吠える、とよくいわれる犬種というのは「吠えるくせがつきやすい」だけじゃなくて、なにも飼い主さんがしつけをしないと、だんだんとエスカレート、激しくなって止めにくくなってしまう可能性も高いんですね。
すぐ興奮しやすい犬種、人に依存しやすい犬種なども、同じようにエスカレートしてしまう場合があるんですね。
それを考えると、犬種のことを知ってることは、とっても大切なことなんですね。

そこで、ある飼い主さんの話なんですが、
ワンコを買ったペットショップで「この犬はとってもおとなしいですよー。」と勧められるままに家に連れてきたら、とんでもない。
ものすごい暴れん坊ワンコで、とてもしつけをしないでいっしょに生活できない、でももう離れらないからしつける、となりました。

こういうこともけっこうあるので、飼おうかなあと思って調べるにしても、何冊かの本、複数の人や情報源で調べたほうがいいんですね。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

救出された!

リンク: 孤立ペットをヘリで救出 4日ぶり飼い主の元へ(河北新報) - Yahoo!ニュース.

岩手・宮城内陸地震で孤立している岩手県一関市厳美町に取り残されていたペットが18日、地震から4日ぶりに“救出”された。
「何とか助け出したい」との声を受け、市が自衛隊に協力を要請し、飼い主がヘリに同乗して運び出した。
念願がかなった被災者には安堵(あんど)が広がる一方、愛犬を見つけ出せなかった住民もおり、「早く救出を認めてもらえていたら」との声も上がった。

救出されたのは犬6匹、猫1匹。
飼い主が自宅から連れ出し、専用のゲージに入れてヘリで運んだ。
ペットは市内の動物病院などに保護された。

愛犬の命を守れたことに被災者たちはホッとした様子。
パート従業員の沼倉恵子さん(54)は自宅に走り、「良かったね」とシベリアンハスキーを抱き寄せた。
「ペットは家族。心配していただけに助け出せて良かった」とヘリに乗り込んだ。

応急危険度判定で立ち入り禁止になった自宅から、2匹の雑種犬を連れ出した40代男性も「市や自衛隊、獣医師会に感謝したい」と話した。
被災者が救出を希望していた犬のうち1匹は見つからなかった。
猫は10匹が被災者宅から姿を消していた。

農業佐藤勝雄さん(70)は一時帰宅が許された17日に犬の首輪を外していた。
「自宅にいつ戻れるか分からないので、犬を放してやったのが裏目に出た。きのうの時点でペット搬送が分かっていたら…」と悔やんだ。

実家で猫を探し回った40代女性は「自衛隊や報道ヘリの音が怖くて林に逃げ込んでしまったのかもしれない。次の機会に何とか探したい」と目を真っ赤に腫らした。

 ペット救出は18日になって急きょ決まった。
市は17日まで「県が自衛隊に行う災害派遣要請は人道援助が最優先」などと、被災者の願いを受け入れてこなかった。
今回の救出も「住民の一時帰宅」が名目になった。
一関市災害対策本部は「ペット救済を目的にヘリを要請することに遠慮があった。災害時のペット保護の在り方について、あらためて検討したい」と説明している。

山間部の被災の厳しさが、こういうペットの保護からも見えてきてつらいです。
梅雨の雨が降りだす前に、全部ではないのが残念ですけど、まずは救い出せたのはよかったですね。
家族の一員ですからね。
今回保護できなかった犬や猫たちも、いずれ無事に保護されることを願うばかりです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

クローン

リンク: 韓国でがん探知犬「マリーン」のクローン犬、誕生 国際ニュース : AFPBB News.

韓国のRNLバイオ社は16日、ヒトのがん細胞を探知するクローン犬4匹が5月に誕生したと発表した。
4匹は、日本で訓練されたブラックレトリバーのがん探知犬マリーン(6歳半)から採取した皮膚をもとに育成されていた。
がん探知犬のクローンの育成は、日本の株式会社シームスの要請により、ソウル大学の李柄千教授率いるクローンチームが同大医学部の協力のもとで実施した。
シームスは、マリーンが子宮摘発手術を受けて子どもが産めなくなったことから、クローン犬の育成を要請したという。
  RNLバイオ社によると、クローン犬4匹は、まもなく日本に送られて母親と同じ技能を身につけるための訓練を受ける。
うち2匹は、それぞれ5億ウォン(約5200万円)以上でクライアントに売られることになっている。
マリーンは、千葉県白浜にあるセントシュガー探知犬トレーニングセンターのヘッドトレーナー、佐藤悠二さんが所有している犬。
犬が肺がん・乳がん・前立腺がん・皮膚がんを初期または治療可能な段階で探知できるのかについて、現在、複数の国で研究が進められている。
研究者らは、がん細胞には特有のにおいがあり、犬はこれを呼気または尿からかぎ分けるのではないかと考えている。

ついに・・・ここまできたのか、という感想です。
正直、複雑な気持ち・・・。

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

家出~!

リンク: asahi.com(朝日新聞社):がけっぷち犬、家出していた 保護され心の訓練中 - 社会.

徳島市の眉山(びざん)中腹で立ち往生していたところを救出され全国的な人気者になった「がけっぷち犬」が、引き取られた飼い主のもとから「家出」した。
3週間余り野外で暮らし、再び野良犬になりかけていたが、保健所が捕獲。
人との信頼関係を深められるように改めて特訓を積んでいる。


がけっぷち犬は06年11月に救出され、徳島県動物愛護管理センター(神山町)で約2カ月暮らした後、抽選で同県つるぎ町の馬木(うまき)カズ子さん(67)に引き取られた。
名前は「リンリン」。1カ月でお座りを覚え、一緒に散歩に出かけるのを喜んでいた。

1年3カ月が過ぎた今年4月18日の夕方、散歩中に首輪が外れ、走り去ってしまった。
首が太くなって苦しいだろうと馬木さんは首輪を少し緩めていた。
リンリンは自宅周辺の畑が点在する住宅地をうろつき続けた。
えさを置くと食べに来るが、近づくと逃げ出す。
しばらくすると3匹の野良犬と行動をともにするようになった。
相談を受けた美馬(みま)保健所が、好物のちくわなどを入れたわなを畑に仕掛け、5月12日に捕獲に成功。

リンリンは再びセンターに預けられた。

センターによると、犬は生後3カ月ごろに人と接するとよくなつく。
現在2歳のリンリンはがけから保護された時、すでに生後半年を過ぎていた。
そのうえ、がけにいた数日間に多くの人の視線やカメラのフラッシュを浴びたことが心の傷となり、警戒心が強くなったらしい。

センターに戻って1カ月。
スタッフはできるだけ手からえさをやり、体をなでて、触れ合いの時間を持つようにしている。
獣医師の城万里(じょう・まり)さん(36)は「がけから保護された時は人を見るとパニックを起こし、草むらなどに逃げ込もうとしていた。馬木さんに飼われたおかげでその回数が減った」と話す。

馬木さんは「大事な家族だから、いないと寂しい。できるだけ早く迎えに行って、また一緒に散歩したい」と再会を楽しみにしている。

そんなことになってたんですねー。
はからずも有名になってしまった「リンリン」。
忘れかけたころにこんなハプニングでまたニュースになるとはね。coldsweats01
まあまあ、でも無事に見つかってなによりですよ。
またじっくりとゆっくりと人との社会に慣れていってほしいですね。

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

ワクチン

リンク: 「犬猫の混合ワクチン」平均金額(小売ベース)を発表 アニコム 時事ニュース PETWALKER ニュース.

アニコム損害保険株式会社(東京都新宿区:代表取締役 小森伸昭)は、犬猫の混合ワクチンの価格についての調査を実施し、犬の混合ワクチンの平均金額は7,710円(2007年調査 7,759円)、猫の混合ワクチンの平均金額は5,817円(2007年調査 6,071円)と、犬、猫ともに昨年よりも低下していると発表した。
混合ワクチンの金額は年々低下しており、特に猫のワクチンの平均金額は昨年より5%の低下となっている。
要因としては、定期的に混合ワクチンを接種する飼い主の増加で、ワクチンが一般化したことによる価格低下と考えられるという。
犬と猫のワクチン平均金額を比較すると、約1,900円の違いとなっており、年間にかかる予防費用の合計では、犬は混合ワクチン接種に加えて狂犬病予防接種、フィラリア予防なども必要となるため、犬で27,182円、猫で7,266円と約20,000円の違いが生じるという。

ワンコを飼っていれば、一生し続けなくちゃいけない大事なワクチン注射ですからねー。
少しでも相場が安いならそれはそれでうれしいですよね。
値上げが多い最近にして、なかなかいい話だね。smile

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月 9日 (月)

兵士とワンコ

リンク: イラクの野良犬、駐留米兵に引き取られ米国へ

イラクやアフガニスタンで駐留する米軍兵士にペットとして拾われた犬24匹が今週、飼い主に再会するためバグダッドから当地のニューアーク国際空港に到着した。
 支援団体のSPCA(動物虐待防止協会)インターナショナルによると、兵士が迷子の動物と接触することは表向きは軍の規則に違反するものの、イラクに駐留する兵士にとって、ペットはストレスの軽減や精神衛生の向上に計り知れない役割を果たしているという。
 米軍が5月に発表したデータによると、イラクやアフガニスタンに駐留経験がある兵士の間で、新たに心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断されたケースは2007年に46.4%増加。
5年間で合計4万件近くに上っている。
 犬をバグダッドから米国に送る同プロジェクトを統括するテリ・クリスプ氏によると、昨年開始されたこのプロジェクトに対して、約100人の兵士から電子メールで問い合わせを受けたと述べた。


知りませんでした、こういう話もあるんですね。

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

きのこ

Sa290056_6

近所の公園に、花が・・・いえいえ、きのこ群です。

写真じゃわかりずらいけど、この公園の地面は木片チップで覆われてます。
何年ぐらい前だったのかなあ、木片チップを一面敷いたのは。
まあ、それからというもの、毎年の風物詩のようにこの雨の時期、元気なきのこの大群が咲くようになったんですよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

犬に対してでも同じ罰ぞ

リンク: 警察犬は公務員=最高裁が判決―ノルウェー.

ノルウェー最高裁は5日、警察犬は公務員とみなすべきであり、警察犬に暴力を振るった場合は、警察官を暴行した場合と同等の処罰を与えるのが相当とする判決を下した。

 同国南部のベルゲンで昨年5月19日、民家に強盗に入った男がジャーマンシェパードの警察犬ベラに捕まり、手錠をかけられる際、ベラを殴った。1審と2審では、男は不法侵入の罪では有罪となったものの、公務員に暴行を加えた罪では無罪となった。
最高裁は、この判決を覆した。
 最高裁は判決で、「公務を支援する役割を担い、警察官の指揮下にある警察犬に対する暴力は、公務員保護をうたった刑法の条項に該当するのは明らか」と指摘した。

男は最高で禁固3年の刑に処せられる。

日本の話?、じゃないのか、ちょっと残念。
それにしても結果として、人への危害と同じ罪として処罰したんですからね。
これは、スカッとしますね。smile

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

病院とサンポ

動物病院じゃなくて、人間の病院。hospital
特に大きな病院の近くを歩いてみると、時には、ケガや病気のために、杖をついていたりすり足で歩いたり、高齢で腰を曲げていたりで、ともかく歩きかたに特徴がある人に出会うことがありますね。

ワンコの中には、経験不足や神経質な性格などで、この歩き方の個性が理解できずに、慌てて吠えてしまって相手を驚かせてしまったり、必要以上に避けようとしてリードをひっぱって飼い主さんが転びそうになってしまった、ということがあります。
トコトコと平然と歩けるようにしつけをするのも大切ですが、そういった色々な歩きかたの人を、ワンコ自身の目で見て慣れることも大事なしつけですね。

近所に大きな病院があるなら、時々でもいいから散歩コースに入れたほうがいいですよ、とオススメしています。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

そんな中で劇的に

そんな厳しい四川大地震の中で、奇跡のような感動的な救助劇の話sign01
眠らないように顔をなめていたことで助かったとは・・・
もしそこにワンコがいなかったら飼っていなかったら・・・と考えちゃうと、運命というのか飼い主さんと犬との強い絆にグッときましたよ。confident

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

助けられたけど

リンク: 四川大地震:ペットのワンちゃん 助けるべきか否か

四川大地震の影響で被害が出た建物の中に閉じ込められているペットの犬を広西チワン族自治区からやってきた救助隊が29日午後に助け出した。
しかし同隊内では「人間の救助を優先すべきだ」との批判もあがっている。

同隊は25日に現場に到着した。
その際に大きな被害が出た建物の中で犬が生きていることを知らされた。
飼い主が助けに行こうと試みたが、他の市民から「今にも崩れ落ちてきそうで危険だ。犬のために命をかける必要はない」と制止された。
見かねたある隊員が29日午後に救助に向い、約30分後に犬を救出した。
これに対して同隊内では「人命は犬の命より大切だ。犬1匹のために自分の身を危険にさらすなんて理解できない」との批判があがっている。

本当に大変な震災になりましたね。

中国では日本と違い、今でも狂犬病で毎年人が亡くなっていて、それもあって非常の時の「犬」についての考え方が、日本よりはるかに厳しいことが分かります。

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »