« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月28日 (木)

ひきつづき

未だ見つからないそうです。
ひきつづき目撃情報などありましたら、よろしくお願いいたします。

埼玉県蕨市の迷子犬ですhttp://daybook.catch.littlestar.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イタタッ!

ゴルファーの上田桃子さんが、盲導犬のPRの席で、PR犬にリードを引っぱられて爪を引っかけてケガをしたとのこと。

せっかくの盲導犬のPRの場だったのが残念ですが、見慣れない場所、見慣れない人に囲まれて、運悪く爪が引っかかるアクシデントも重なってですからねー、誰も責めようがない事故ですね。
しかし、想像しただけでも痛そう~bearing


引っぱるワンコといえば、

急に走りだして、飼い主ごとリードごと強く引っぱっていこうとするワンコの場合に、一度は自分なりにしつけをしてみたものの直らずに困っている飼い主さんの中には、
ワンコに引っぱられたら黙って腕力にまかせて引っぱりかえすを繰り返すだけだったり、声で叱りつけるばかり、という方が多くいます。

ワンコにとって、嫌なイメージのものをくりかえすのは、しつけのうえでマイナスばかりだということは、全体にいえることなので、肝に銘じておきたいですね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

母性愛

リンク: CNN.co.jp:寒天で捨てられた生後直後の赤ちゃん、母イヌが温め命救う.

南米アルゼンチンのラプラタ市郊外で寒天の中、捨てられていた赤ちゃんを子犬を産んだ母イヌが一緒に温めているのが見つかり、赤ちゃんを無事に保護したと、地元警察が22日報告した。
住民が20日夜、赤ちゃんの泣き声がすると警察に通報、発見し保護した。
診察した医師らによると、赤ちゃんは生後数時間と見られ、気温2.7℃の屋外では、母イヌが赤ちゃんを温めていなければ死んでいた可能性があるという。

母イヌは6匹の子犬と一緒に赤ちゃんの面倒を見ていた。
警察によれば、赤ちゃんが捨てられていた場所から、母イヌが約50メートルほどの距離を口でくわえるなどして運んだとみられ、子犬と一緒に守っていたという。
この母イヌが野良犬なのか飼われているのかは不明。
赤ちゃんには、すり傷とひっかき傷などがあったが、命に別状はない。
赤ちゃんが保護された翌日、14歳の少女が母親と名乗り出たが、赤ちゃんを捨てた詳細などについては多くを語ろうとしていないという。

母犬が自分の子犬もいるのに、わざわざ自分の住みかに運んできてまで、人の赤ちゃんを守っていたことに驚かされます。

わけへだてないこの犬の母性愛の深さに、感動、泣かせる~confident

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

迷子の情報

埼玉県蕨市にて、迷子の情報が入ったのでお知らせします。

thunderに驚いて、だそうです。
今夏はたしかに、激しい雷が多いですから、苦手にしてるワンコを飼っている方は、まだしばらくは注意していきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

さる~~

渋谷駅におサルさんsign03

いったいどこから?
イヌネコと違って高い所にもヒョイと乗れるし、つかまえるのは大変ですよね。
う~ん、人に飼われていたのかどうかは分からないけど、はやく無事、保護できるといいですねー。
おサルさんにとっても、近くじゃあ、落ち着ける場所もないでしょうからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

新しいしくみが!

リンク: <東京都>高齢者向けにペット一時預かり 入院時など

 東京都は、入院や体調不良でペットを世話するのが難しくなった高齢者の代わりに、一時的に預かる受け皿作りに乗り出した。
従来は、多くのペットが都に引き取られ、殺処分されていた。
全国初の試みで、都は年度内に詳細なルールを策定し、来年度にモデル事業を始める。

受け皿役を担うのは、ペットの適切な飼育を呼びかけるために、都が委嘱した動物愛護推進員。
現在約300人が登録され、約100人が一時預かりへの協力を申し出た。
計画では、飼い主が家族や知人に預け先を探した上で、それでも難しい場合に、地域や環境が近い推進員が預かる。
飼い主の体調が回復した段階で返す。
期間が長期化した場合には、新たな飼い主を探す。

都は、動物愛護管理法などに基づき、捨てられたり持ち込まれたペットを引き取っている。
イヌで年間約3000匹、ネコで年間約6500匹に達し、約2割のイヌと大半のネコが殺処分されている。
預けられたイヌやネコの10~15%が飼い主の病気が原因という。
都内では、21%の高齢者が1人暮らしで、その割合は全国で2番目に高い。
都内での高齢単身者のペット所有率は不明だが、ペットフード工業会が実施した全国調査では、イヌ、ネコとも単身で飼っている50~69歳は16~29歳の2倍で、高齢になるほど高かった。
このため、都内でも進む核家族化と高齢化で、世話が困難になる人と路頭に迷うペットは急増する恐れが高まっていた。
都環境衛生課の中村重信・動物管理係長は「単身世帯の多い都で全国の参考になる仕組みを構築し、殺処分されるペットを減らしたい」と話す。

明るい未来のための、新しい試みsign01
これがうまく確立して、全国的な流れにつながれば、不幸なイヌネコが減る1歩につながりますね。
今後、大注目なニュースでしょう。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

人とあくびとワンコ

リンク: 人間のあくび、犬にも「伝染」することが判明

人間のあくびが犬に移ることが英国の研究で明らかになった。
これにより、犬にも初歩的な他者に共感する能力がある可能性が示された。
英国の科学者らが6日発表した。

あくびは多くの動物で見られるが、他者があくびしているのを見てあくびが引き起こされる「移るあくび」についてはこれまで人間とチンパンジーでしか確認されていなかった。
ロンドンのバークベック・カレッジの研究員、千住淳氏らが専門誌に発表した記事によると、調査した29匹の犬のうち72%が人間のあくびを見た後にあくびをした。
この行為から、犬は人間の社会的な「合図」を察知する能力に長けていることが示されたとともに、犬の「共感する能力に関連している」可能性があるとしている。

犬は、よくあくびをしますねー。
犬のあくびは、眠気覚まし、より、ある種の緊張の中にいるときにもよく使うもの。
気持ちを自分なりにほぐすんですね。
だから、ワンコが落ち着かないときに、人がわざとあくびをしてみせてあげると、それを見たワンコがちょっとはリラックスしやすくなるものなんですね。

そんな、あくび。たかがあくび、されどあくび。
人とワンコとの間に、あくびを通じて、まだまだ目に見えない深いかかわりがありそうで先の研究が楽しみ。

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

夏といえば

リンク: 飯田で飼い犬逃走急増 保健所に通報相次ぐ:長野

飯田市内で8月に入ってから、飼い犬の逃走が急増している。
飯田保健所は「お祭りや雷など大きな音に驚いて逃げ、他の家に迷い込んでしまう」とし、飼い主に注意を呼び掛けている。

保健所によると、8月1-6日に「迷い込んだ犬を保護している」という通報が9件、「飼い犬が行方不明」が3件あった。
昨年1年間の「迷い犬」通報は89件、「行方不明」は128件。
迷い犬は、ここ6日間で昨年総計の1割を超えた。
夜間にいなくなり、別の家に入り込むのが特徴で、首輪もなく、飼い主が分かりづらいことが多いという。
保健所では「逃げ出した犬は、交通事故や河川への転落など危険も多い。首輪や鎖、留め具を確認し、万一に備えて連絡先を付けて」とアドバイスしている。


これは長野県の飯田市内だけの記事ですけど、夏お祭りはどこでもあるわけで、こうやって実際の犬の数で出てくると、夏は特に気をつけなくちゃいけないと実感できますね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

クマとワンコ

リンク: ホッキョクグマと出会ってしまった犬の行方.

とっても癒されました。
こんなこともあるんですねー。

思わず鳥肌がたってしまう、仲睦ましいクマとワンコですhappy01

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

お水とトイレの場所

「ワンコがうまく室内トイレの場所でオシッコ・ウンチしてくれない」
と、トイレのしつけで悩んでる飼い主さんの、実際の様子を見にいってみると、トイレの場所の片すみにお水飲みが置いてあって、さらにそこでゴハンもあげていて、飲食とトイレの場所がいっしょになってしまっていることも多く見かけます。
それでうまくいっていればいいですが、やはり、お水や食べる所と、トイレとは離れたところにセットしたほうが、ワンコもはっきり区別しやすいですね。

トイレの敷きものの上には、おトイレの時以外は立ち入らないですごせるように、飼い主さんが気を使ってあげていると、キレイ好きなワンコになっていきますよ。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

ソファーとワンコ

人の座る、家のソファーに、ワンコがのって寝るのはしつけとしてよくないの?止めさせた方がいいの?と時々質問されます。

厳格にしつけのことだけを考えれば、乗らせないようにしたほうがいいのは間違いないですね。
でも実際に様々な飼い主さん宅に伺ってみての結論として、どっちでも飼い主さんの好みでいいなと思ってますし、実際そうアドバイスさせてもらっています。

ただし、あくまで飼い主さんとワンコによりますからね、すべてがOKとはいきませんね。
飼い主さんがワンコに、「ソファーから降りて」と言えば降りさせられて、寝てるワンコにさわっても唸ったり噛んでくることがないのなら問題なしですが、その逆だと大いに問題ありで、そのままではさらに悪い方向にいってしまいますからね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »