« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月30日 (木)

♀?♂?

リンク: 犬の名前ランキング「チョコ」4連覇!(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース.

 11月1日(ワン・ワン・ワン)の「犬の日」を前に29日、アニコム損害保険が「犬の名前ランキング2008」を発表し、「チョコ」が4連覇を達成した。
「チョコ」はオス部門1位、メス部門でも2位を獲得。
犬種別では柴犬のオス部門で「コタロウ」が1位になるなど独自性がみられたが、「チョコ」はダックスフント、チワワのオス部門を制すなど幅広さが勝因となった。
ランキングは同社の「どうぶつ健保」に新規加入した0歳の犬8万匹を対象に調査した。

たしかに「チョコ」ちゃん、多いですよねえ~。
実際のところ、たしかにこれといった特定の犬種でもなく、まんべんなく出会いますよ。
名前を聞いただけでは、「ん?おとこのこですか?おんなのこですか?」とあらためて聞かなくちゃ分からない、性別のイメージがない名前でもあるんですよね。
ホント、何度聞いたことか。
coldsweats01

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水)

こんどは

ワンコを救おうとして火事の中で・・・。

昨日に続きますが、今回はあまりに悲劇です。
・・・つくづく、ワンコを飼っていることと火事との厳しい現実を感じます。
火には本当に気をつけたいですね。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)

炎の中でワンコ

リンク: 「命がけ、犬が子猫4匹救助に貢献」.

一匹の勇敢な犬が燃えさかる炎の中で大活躍しました。
オーストラリアのメルボルンに住む雄の犬「レオ」は火事が発生した時、取り残された4匹の子猫を助けるため、家の中に居続けました。
駆けつけた消防隊員が発見した時、レオは子猫たちの入っていた段ボール箱の隣に寄り添うように座っていました。
「もう一匹の飼い犬は家族と一緒に避難しましたが、レオだけは子猫から離れようとしなかった。おかげでレオは命を落としかけました」(消防隊員)
酸素マスクや心臓マッサージなど消防隊員の必死の努力のかいあって、レオは一命を取り留めました。
子猫たちも段ボールの上のカバーが煙を吸うのを防いだため、4匹とも無事でした。
レオは自ら危険を冒して勇敢に人命救助にあたった人に贈られる賞に推薦されるということです。

なんとけなげなワンコsign03
自分の身を危険にさらしながら、炎の中でじっと動かないってものすごいことですよね。
最近も日本で火事で犬が逃げられずに死んでしまったというニュースもありましたね。
それもあって、こういうちょっとホッとできる話はいいですねーconfident

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

通学路の子どもとワンコ

リンク: 防犯パトロール犬が人気に 室蘭(北海道新聞) - goo ニュース.

室蘭市柏木町の通学路に、黄色い防犯用のジャンパーを着たパトロール犬不二子(ふじこ)(雑種、雌、八歳)が登場し、子供たちの人気を集めている。
住民でつくる地域安全パトロール隊が、通学路を飼い主の岡真智子さん(61)と散歩していた不二子をスカウト。
人なつっこい不二子の加入で「子供たちとの会話も弾むようになった」と隊員の評判も上々だ。

隊員の古いジャンパーを岡さんが不二子用に仕立て直して着せた。
意気揚々と任務に就き、「不審者のイヌ街にしたいワン」。

この話とは逆になっちゃいますけど。
ワンコの中には、こどもが苦手なコもいます。
例えば通学路などでのこどもたちの集団に出会うと、もうパニックでダメダメbearingになっちゃうワンコも多いですね。
それがつらくて、子どもたちに会うたびにずっと逃げて避けていた、という飼い主さんにも時に出会います。

それでもけっきょくは、しつけの度合いもかかわってきますが、まずはわざと登下校の時間帯を選んでワンコを連れ出してでも、子どもたちに日ごろ会わせておかないと、いつまでたっても慣れませんよね。
道をはさんででも、遠巻きに見せるだけでもいいから、見慣れさせることから始めるのが大切なんですね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

受難のチワワたち

リンク: よみうりテレビ ニュース&ウェザー.

東京・八王子市で、チワワばかり17匹が相次いで保護されていたことがわかった。

八王子市保健所によると、今月9日から13日にかけて、八王子市長房町付近でチワワが相次いで17匹見つかり、保健所が10匹を、近隣の住民が7匹を保護したという。
保健所が保護したチワワを預かっている「東京都動物愛護相談センター」の職員は、「ブリーダーが何らかの理由で捨てた可能性が高い」「犬を飼いきれなくなったからといって、捨ててしまうのは犯罪行為ですので絶対にやめていただきたい」と話している。
保護されたチワワは、いずれも元気で、24日以降、センターですでに講習を受けた希望者に譲り渡されるという。



まったくありえない、これは虐待と変わりないぞannoy
この17頭のワンコたち、どのコも3~5歳の成犬でだったそうで、・・・どんな人間が捨てたのかはなんとなく想像できますよね。

みんなそんな目にあっても人懐っこい性格のワンコたちだったようで、今後の新しい生活のことを考えると、それがせめてもの救いです。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

まさかの感電

リンク: いつもの街灯で片脚をあげたイヌ、飼い主とともに感電-デンマーク.

デンマーク・ユトランド半島バーデで16日夜、散歩中のイヌとその飼い主をハプニングが襲った―いつもの散歩コースを歩いているときに感電してしまったのだ。

 いつもの散歩コースを進み、“お気に入りのスポット”である街灯に到着したイヌと飼い主。
ところが、用を足そうとイヌが片脚を上げた瞬間、イヌと飼い主は感電したのだという。
突然の出来事に驚いてしまったイヌは、その場から一目散に逃げてしまった。
このイヌは数時間後、飼い主により無事発見されている。

なんというタイミング、こんなこともあるんですねー。
いつもの街灯にオシッコしようとして油断していただけに、まさかの感電とはbearing
ワンコも夢にも思ってなかったでしょうからね、そうとうのパニックだったでしょうね。
今年の雷の激しさを考えると、外国のとか他人ごととは思えないですね。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

さらに

ブルセラ症感染について、さらに気になる状況になってきました。
不気味に広がっているのが、なんとも・・・。
防ぐのがとてもむずかしいことの歯がゆさがありますね。

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

ブルセラ症の今

ブルセラ症の今の現実を知っておいた方がいいですね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

子どもとワンコ

リンク: 子供の肥満、犬が防止?=低年齢ほど効果

犬を飼っている家は、飼っていない家より肥満児が少ない-。
オーストラリアのディーキン大学(ビクトリア州)はこのほど、子供の肥満と飼い犬に関する調査結果を公表した。
年齢の低い子供の方が肥満を防ぐ効果があるという。
 調査は5-6歳の281人、10-12歳の864人を対象に、身長や体重と、犬を飼っているか、犬と散歩に出掛けるかといった行動パターンとの相関関係を調べた。
 それによると、肥満の子供の割合は5-6歳で犬を飼っていなければ25.2%だったのに対し、犬を飼っていれば19.8%だった。
10-12歳では、犬がいなければ30.4%、犬がいれば27.5%と、差が縮小した。
男女差はなかった。
 豪州では、急速に進む子供の肥満が社会問題化している。
調査を行ったサモン助教授(行動・栄養学)は、「犬と定期的に散歩に出掛けなくても、一緒に遊ぶだけで効果があるようだ」と話している。

日本でも同じような結果がでる、かな。でるでしょう。
ワンコの思わぬ効果が、こういうところにも出てきますねー。

・・・でも、
だからこれからワンコ飼いたい飼おう、というのはね、あまりに安易すぎですね。
しっかりワンコと一生をともにする覚悟、責任がもてなければネ
sign01

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

フード

リンク: CNN.co.jp:ペットフード汚染問題で飼い主に総額24億円を補償 米国.

有害物質のメラミンが入ったペットフードを食べて犬や猫が死んだり具合が悪くなったりした問題で、飼い主が起こした集団代表訴訟の和解が14日、成立した。
ニュージャージー州米連邦地裁のノエル・ヒルマン裁判官は、飼い主に総額2400万ドル(約24億円)を支払う内容の和解案を承認した。
11月24日までに申請した飼い主を対象に、来年以降、補償金が支払われる。

補償の対象となるのはペットの治療費、健康診断費用、埋葬費、代わりのペット購入代金、ペットの汚物で汚れたカーペットの代金、飼い主がペットの治療のため仕事を休んだ対価などの諸費用。
ただし、一部の飼い主が求めていた精神的苦痛に対する損害賠償は認められなかった。


この問題では2007年3月に犬や猫の健康被害が表面化し、200種類以上のペットフードに、メラミンが混入した中国産の小麦グルテンが使われていたことが発覚した。

原告側弁護団長のシェリー・サベット氏によると、メラミン混入のペットフードを食べて死んだペットは1500匹以上に上るとみられる。
これまでに1万人以上の飼い主が損害賠償を申請し、1人当たりの平均請求額は約1500ドルとなっている。


このニュースには、去年本当に驚かされました。
アメリカのこのドッグフードの被害が、今さらながらいかに大きな規模だったかが、この訴訟でも分かりますね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

集団感染がおきて

リンク: イヌブルセラ症:レンタル犬会社の18頭集団感染 - 毎日jp(毎日新聞).

小・中型犬を有料で貸し出すレンタル犬サービス会社「ジャネット」(東京都品川区)の所有する18頭が、人や家畜にも感染する「イヌブルセラ症」に集団感染したことが分かった。
人への感染は現在のところ、確認されていないという。


ジャネットの説明によると、五反田(品川区)と浦安(千葉県浦安市)の両店で所有する計59頭のうち、2日に18頭が陽性、3頭が陰性、38頭が再検査を要する疑陽性と判明したという。
9月に交配した1頭が、ブルセラ症の典型的症状である流産をしたため、全頭検査をしていた。

この結果を受け、同社は両店を閉鎖し、3日に保健所や都動物愛護相談センターに報告した。
感染犬の尿や汚物に触ると感染することがあるが、通常の生活では人への感染はまれだという。

同社はドッグカフェや犬が走り回る広場なども運営しており、会員約1600人にはメールで感染を連絡。
荒木学社長は「感染ルートは分からない。感染を広めないためにも、両店に出入りした人や犬は検査をしてほしい」と話した。

浦安店を利用していた看護師の女性(36)は「飼い犬を検査しているが、感染した犬といつも遊ばせていたので怖い」と不安を口にした。

犬から人にもうつる可能性がある「人獣共通感染症」とはいうものの、そのことより今は感染ルートははっきりしないぶん、その場所だけで感染が終わってるのかの心配がしばらく続きますね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

やっぱり

越谷レイクタウン周りの道路、やっぱり混み始めた。
駐車場8000台sign01以上停められるとなればね、まあ、予想通りと。
今日ちょうど通ってきたら、けっこう車ノロノロでした。
これが週末だったら・・・考えただけでもおそろしいwobbly

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

放置するなんて

リンク: ペットのブタ捨てた男書類送検

ペットショップから譲り受けたブタを公園に捨てたとして、大阪府警曽根崎署は4日、動物愛護法違反容疑で大阪市西成区南津守の男性会社員(29)を書類送検した。
調べでは、会社員は6月12日午後、同市北区野崎町の公園に、体長約80センチの雌ブタ1頭を捨てた疑い。
会社員は同日、以前から通っていた同区内のペットショップで、売れ残っていたブタをペット用に無料で譲り受けた。
約6キロ離れた自宅まで台車に乗せてブタを運ぼうとしたものの、疲れて立ち寄った公園で放置したという。
通報を受けて同署がブタを保護し、目撃情報から会社員を割り出した。
会社員は「かわいくて家で飼おうと思ったが、公園で草を食べるのを見ているとすごい食欲で、飼う自信がなくなった」と供述しているという。

少なくともペット動物を「かわいい」と思える感覚は持ってるのにどうして、不慣れな場所に放置したままにするなんて、非情そのものでしょう。
こんなことをしたらかわいそうだと思えないとおかしいですよannoy

感情を抜きに考えても、これは犯罪で、罰せられるんだということがしっかりと広められていかなければいけませんねsign03
飼いたいけど、飼える状況じゃないからガマンして飼わない人たちもいるのに、イヌネコ含めてのペット動物全体のことを考えてみても、いてほしくない人の話ですね。

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

犬鼻いらず?

リンク: 人工鼻で爆発物やがんの検出が可能に?

 人間が香りを楽しめるのも、犬が爆発物を嗅ぎ分けられるのも、嗅覚受容体を備えているためだ。
この嗅覚受容体を実験室で大量生産できるようになったとする研究が2008年9月に発表された。
この発見を基に、いずれ人工の鼻が完成する日もやって来るかもしれない。

ワンコがにおいを嗅いで探知する能力っていうのは、さすがに人工的にはむずかしいだろうなと思ってたのに、なんだか現実味が増してきましたね。

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

重っ!

リンク: よみうりテレビ ニュース&ウェザー.

イギリス・ワイバートンに住む犬のサンプソンは、体長180センチ、体重126キロとかなりの巨体。
飼い主は太りすぎないよう餌に気を使っているというが、体重は年々増加、ついに「イギリス最大の犬」に認定された。
しかし、サンプソンは太りすぎが原因でじん帯を損傷。
飼い主は高額な手術費に頭を痛めているという。

126キロっsign03coldsweats02

まあ、これは極端な話だけど、
ワンコの体重がベストより太りぎみなってくると→→体が重くなりスタミナも落ちてやがて動くのがおっくうになってきて→→全体的に活動的でないワンコになっていって→どんどん体重が増え続ける

と悪循環にはまって大変です。
夏、暑さでバテていたワンコも、秋になって食欲もモリモリ湧いてますから、注意していきたいですね。

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

遠く飛べ

リンク: 「イヌに付いているノミの飛距離」研究、08年のイグ・ノーベル賞受賞 国際ニュース : AFPBB News.

ノーベル賞のパロディー版、「イグ・ノーベル賞」の授賞式が2日、米マサチューセッツ州のハーバード大学で行われた。
18回目となった今年は、「イヌに付いているノミの飛距離」「ポテトチップのパリパリ感の認識」「ひもが必ず絡まる原理」などの研究に賞が贈られた。
 今年の生物学賞は、イヌに付いているノミの方がネコについているノミよりも平均20センチ遠くへ飛ぶことを証明した、仏トゥールーズ国立獣医大学
の研究者3人が受賞した。

どうすごいのかよく分からないけど・・・coldsweats01
とかく嫌われがちなノミの世界も深いっ!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年10月 6日 (月)

歯がゆいキモチ

7歳の小型ワンコを飼い主さんとしつけをしていたところ、「今までしつけで困ってたのなら7歳になってから始めるんですか?」と、通りすがりでそのワンコのことを知らない人に疑問をぶつけられたことがありました。
このワンコの場合は、もともと大家族の中で暮らしていたんですが、色々あって6歳すぎになったころには2人家族になりました。
そこからだんだんと、以前は問題なくできていた「呼び戻る」「待つ」などのしつけも聞こえないフリをしたりしてやらなくなり、吠えたり咬んだりの切実な問題行動も出始めたんですね。

歳を重ねたワンコのしつけでは、本当にそれぞれ事情があって、元からしつけに問題があったからではないんだけど、
飼い主さんとの信頼が揺らいで、環境の変化で精神的に揺らいで、しつけを通じてコミュニケーションを取り直したほうがいい場合があるんですね。
自信が取り戻せるんですね。
実際に、幼いころにしつけで伺ったワンコのところに数年後にまた復習に伺う、ということも多いのはこういう理由もあるんですね。
生活環境が、ワンコがきてから生涯通じてずう~~っと変わらないほうが、珍しいともいえますしね。
ところがこの「環境の変化についていけてないのでしつけなおしてるんですよー」というのが、ご自身で犬を飼っていてもピンとこない方が時々いて「はあ、そんなこともあるんですか???」と。

こういう時にジレンマで歯がゆいんだなあ。
despair

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

携帯、ゴックン

リンク: 携帯電話を飲み込んでしまった犬、腹を10針縫う手術に - GIGAZINE.

ドーベルマンとグレート・デーンの親を持つネロは、飼い主の手から携帯電話を奪い取って丸ごと飲み込んでしまったそうです。
病院で撮影したレントゲンには携帯電話の影がはっきりと写りこみ、ネロは手術をすることとなりました。

携帯電話は昔に比べてコンパクトになっているので、動物相手でも飲み込まないように注意する必要があるようです。

ネロは、飼い主の娘であるドリーキーさんから餌をもらっていた時に、彼女の指の隙間から携帯電話をくわえ取り、一気に丸飲みしました。
「ネロが死んでしまうと思い、娘は叫び声をあげていました」と飼い主のマリーさんは話しています。
彼女たちはすぐに近所の動物病院までネロを運び、レントゲン撮影をしました。
翌日の手術で携帯電話は取り出され、ネロは腹を10針縫合することになりました。
手術の際にネロの体内からは携帯電話だけでなく、多くの石ころも出てきたそうです。


それにしても携帯電話って、ホント小さくなりましたよねー。
僕が15年ほど前に出張しつけトレで最初使っていたのは、当時はずっしり重くてかさばるサイズでした。
とてもとてもワンコが飲み込むなんて、ありえなかったですねー。

ひょっとしたら犬の本でも、飲み込みに注意するものとして、当たり前に「携帯電話」が書かれる日がくるかもしれませんねcoldsweats01

まさかワンコも食べ物と間違えることはないでしょうが、口で咥えてもてあそんでいる時に、人に取られそうになると慌ててゴックンと飲み込むワンコもいますから、どうも携帯を狙ってるような目をしたワンコがいたら、届く所に置かないように注意しておいたほうがいいかもしれませんね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

6ヶ月!

まったくの通りすがりで散歩中の犬を蹴って殺した男に、執行猶予つきながら懲役6月の判決がでました。
被害にあったチワワのワンちゃんや飼い主さんにとっては・・・いたたまれないですよね。
まったくなにも落ち度はないんですからね。


ただこれが前例として判決が出たことで、
「犬に対しての非道な行為には厳罰が待っているんだぞ」、と示せたのならせめての救いです。
それにしても、こんな人もいるのかと背筋が凍る事件でした。
ありえないでしょう、こんなの。犬のしつけもなにも関係ない、防ぎようがない。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

サメからの脱出

海で、サメに食べられそうになって口の中にまで入ってしまったワンコを、素手で救い出した飼い主がいたと!coldsweats02
危機一髪も危機一髪、これは究極ですよね~。
まさに絆の強さがなせる奇跡でしょう。すごいね。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

競争激しく

越谷市のイオンレイクタウン、オープンしましたね~。
それにしても、ここも含めて埼玉の南東地域は、巨大ショッピングモールだらけ。
いくらなんでも多すぎないかい。coldsweats01
イオンレイクタウンも、かなりもりだくさんだそうで、これでますます競争激化に。
それはいいんだけど、ただ近くを通ることもあるので、車が混んで渋滞にならないかだけが心配で。週末とかどうなっちゃうんだ。
それだけはカンベンしてよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »