« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

やっと蚊

ピーチの今年のフィラリア予防薬、やっと終了~。
今年は、なかなか蚊がいなくなってくれなくて、まいった。
気候も影響してるのかな。
プ~ンと耳障りな羽音が、ごく最近まで聞こえてましたよ。
同じ埼玉県内でも場所によって「ほとんど1年中蚊飛んでるよ~despair」という飼い主さんのぼやきも聞きますからね、これでもまだありがたいと思うべきなんでしょうが。

にほんブログ村 犬ブログへ   にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

携帯がにおうぞ

リンク: CNN.co.jp:受刑者保持の「携帯電話」摘発の専門犬が出動、既に手柄と .

米ニュージャージー州トレントン――ニュージャージー州の矯正施設運営当局は28日までに、州内の刑務所で受刑者が不法保持する「携帯電話」を嗅ぎ付ける犬の出動を始めたと発表した。
犬は数匹で、電源を切った時でも探知するという。
州にある14カ所の刑務所全部で既に手柄を立てた。
犬の種類は不明。
AP通信は、犬が携帯の何に反応するのかにも触れていない。

獄内での携帯電話摘発は、同州のギャング団が刑務所内で盛んに使っているとの報告書を受けて始まった。
脱獄手段や犯罪の協議などを防ぐためともしている。

においを探知する犬の活躍の場が、ますます広がってきました。
こういう新しいアイデアは、さすが、犬の鼻を公に認めているアメリカ、早いですよねー。confident
まあ、とはいっても、これは中身はある程度秘密にしなくちゃいけない性質のことですからね。
実際の探知の様子を表に出せないとなると、活躍の様子が分からないですね、ちょっと残念。

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月28日 (金)

来年6月から

リンク: ペットフード法6月施行:社会:スポーツ報知.

 政府は27日の事務次官会議で、ペットフードの安全性を確保するため製造、販売業者などを規制する「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」の施行日を2009年6月1日とする政令案を了承した。
28日の閣議で正式決定する。

当面の規制対象は犬と猫用のペットフード。
国が製造方法の基準や使用してはならない物質など成分の規格を定め、これに合わない製品の製造、販売、輸入を禁じる。
製造、輸入業者は国への届け出が義務付けられ、有害製品が流通した場合、国は廃棄や回収を命じることができることなどを定めている。

ペットフードも表示偽装などの問題がおきて、今信頼が危ういですからねー。
まずは規制がdogcatのフード限定ということで、最初はそのほうが混乱がなくて良いのかもしれませんね。
来年6月以降、より安心して食べさせられますね。happy01

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ  にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

水難

リンク: 愛犬助け80歳男性が海に転落死 - 社会ニュース : nikkansports.com.

 26日午前3時50分ごろ、宮崎県日向市の細島漁港で、近くに住む無職坂本英雄さん(80)が海に飛び込んだ飼い犬を助けようとして誤って海に転落、死亡した。
日向署の調べでは、坂本さんは妻の松代さん(67)と犬の散歩中だった。
犬が突然海に飛び込んだため、松代さんが海へ入って助けた犬を、坂本さんは係留中の漁船から受け取ろうとして海に落ちた。
夫婦は犬にせがまれると、夜でも散歩に出掛けることがあったという。
この日は、ひもを外して犬を自由にしていた。

海ではないですが、川の近くにいくと、どこでも飛び込もうとしてしまうワンコがいました。
夏に散歩で河川敷にいって好きに泳がせていたら、季節がいつだろうと、その場所の水がきれい汚いも関係なくどこでも、飼い主さんの制止を聞かずにリードを引っぱってでも勢いで飛び込もうとするようになってしまったんですね。
かといって散歩で川に近づかないにも限界があるので、これを機会にとしっかりしつけなおしましたが、ちょっとこの事故で思い出しました。
泳いでいるワンコの姿は、見ていて楽しいものですが、場所によっては危険な所もありますよね。
注意したいですね。

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

八潮から富士さん

Sa290075

何日か前の夕方ですが、あまりにきれいだったのでパチリ。
良いタイミングでした、フレスポ八潮(ショッピングモール)の屋上パーキングにて。
小さいですがまぎれもなく富士山ですよー、くっきり見えました。
心洗われましたよ。
confident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

ドカン

リンク: “土管犬”50時間ぶり救出 香川県

綾川町で排水用の土管に迷い込んだ子犬が21日、約50時間ぶりに高松西署員に救出された。
子犬は生後間もないオスで体長約30センチ。
発見した坂出市御供所町、県立農業経営高3年荒木彩佳さん(18)が、出会いにちなんで「ドカン」と名付けて育てるといい、「怖い思いをした分、いっぱいかわいがってあげたい」と話している。

荒木さんは19日午前8時30分ごろ、綾川町の町道で、友人と自転車で登校中に鳴き声に気付き、深さ約1メートルの排水口の溝に落ちた子犬を発見、声をかけると土中の土管(直径約30センチ、長さ約11メートル)の中に逃げ込んだ。
同日の下校の際と20日朝、パンなどで呼び寄せようとしたが、おびえて土管から出ず、「土管に水があふれればおぼれるかも」とあせったという。

20日午後8時頃、同署に通報。
署員2人が竹ざおで、子犬を反対側の排水口に押し出そうとしたが失敗。
21日朝から署員3人が、竹ざおの先に新聞を入れたごみ袋をくくりつけて子犬を誘導し、約2時間後に救出した。
子犬にけがはなく、荒木さんが与えた餌を食べていたため、元気だった。

荒木さんは「無事かどうかが気になって授業も手に付かなかった」と言い、放課後、子犬と対面すると抱きしめていた。
荒木さんは動物科学科で、牛や豚の飼育などを学んでおり、「鳴き声が聞こえて良かった。この子との縁を大切にしたい」と話していた。

救出大成功sign03
せまいところに入ってしまうと、うっかり手で引っ張り出そうすると、さらに奥に入ってしまいますよね。
食べ物をあげたら、そんな不安な状況の中でも食べてくれたのが大きいですね。
よかったね~、「ドカン」とはまた、どストレートな意外に斬新な名前でおもしろいかも。coldsweats01

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運転?!ワンコ

リンク: 散歩いらず?運転手のイヌ間に犬がドライブ 国際ニュース : AFPBB News.

わざわざ散歩に連れてってもらう必要はないよ、自分で車を運転するから――。
米ニューヨーク
州ロングアイランドで、駐車してあった車を犬が「運転」し、カフェの窓に突っ込むという騒ぎがあった。
ミュージシャンのブライアン・メイハーさんはそのとき、愛車のバンにボクサーとシャーペイ犬との雑種の愛犬ベントレー君を残し、カフェで休憩していた。
そしてふと外を見ると、愛車が動き出しており、自分の座っている窓際に向かってくるのを目撃したのだ。
運転席に座っているのは、何とベントレー君だった。
メイハーさんによれば、「その日は気温が低くかったから、ベントレーが寒がるといけないと思って、エンジンをかけっぱなしにしていたんだ。顔を上げたら、僕の車がこっちに向かってきてたんだよ」。
ベントレー君は、何かの拍子にギアをパーキングから動かしてしまい、車が動き出してしまったようだ。
車はカフェの窓に突っ込んで止まったが、幸い、けが人などは出なかった。
カフェのオーナーのパトリシア・マッカーシー
さんは、「事故の後?そうね、ベントレー君はしっぽを振っていたわね」と語った。

いやあ、まあ、大事に至らなかったから笑える話ですんでるけど、ケガ人が出たら笑えない、ギリギリ紙一重のこわい話ですよね~coldsweats01
車内でワンコの留守番は、冬場は特に暑さを気にしなくていいことで、けっこう機会が増えますからねー、どこかで日本でも起きてもおかしくないですね。
ドアキーをロックしちゃったワンコの話はめずらしくないですからね。

車の運転席で落ち着かず動き回ってるワンコがいたら、ありえそうでこわいなあ。

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

へアレス

オバマアメリカ次期大統領に飼ってほしいと、ペルーのへアレスドッグをアピールしているそう。
これはちょっとした、でもりっぱな国際交流ですよねー。
ワンコを通じてそれができるなんて、ちょっとうらやましいなあ。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ にほんブログ村 犬ブログへ




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

おどろいた!

110キロの猛スピードの車に正面でぶつかったワンコのとんでもないミラクルcoldsweats02
ケガだけで命に別状がないなんてsweat01
へぇ~~~~~~あるんだこんなこと。
信じられない、ほどの奇跡だし、まずありえないでしょう。
でも、あったんですよね、あ~驚いた。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ にほんブログ村 犬ブログへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

駅とワンコ

リンク: 「ボク、駅長だワン!いわて銀河鉄道で待ってるよ」(読売新聞) - Yahoo!ニュース.

いわて銀河鉄道「犬の名誉駅長」の飼い主──本木 ヨコさん(65)
ヨークシャーテリアの愛犬マロン(8歳、オス)は、制服姿もかわいい駅長さん。
岩手県一戸町の奥中山高原駅。
電車が着くたびに、ホームで乗客を出迎え、得意そうに改札口に先導する。
1日の利用客が400人ほどのひっそりとした山あいの駅に、週末になるとマロン目当ての観光客が訪れる。

 地元で生まれ育ち、鉄道に縁がなかったが、1999年に町職員から声を掛けられ、第3セクターになる前のJR時代から委託駅員を務める。
「愛犬を交通事故で失ったことがあり、子犬のマロンを自宅に残しておけなかった」。
8年前から、マロンと勤務するようになった。

改札口に座り、人が近づくと、ほえて知らせてくれ、パトロールも怠らない。
客たちの口コミで広がった人気に、厳しい経営が続く会社が目を付け、今年6月に名誉駅長となった。
制服と制帽も贈られ、今月には大手出版社から写真集が売り出された。
「私の元気の源」というマロンと一緒に、これからも「利用客の笑顔が絶えない駅にしたい」と願っている。

駅にワンコがいるっていいですよね~~。
駅には必ずイヌやネコ駅長をおくべし!!!
とか規定しちゃったらどうだろう。
happy01
いやほんと、そのほうが絶対楽しいって。

にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月14日 (金)

広すぎ

それにしても、越谷レイクタウンはとんでもなく広いsign03
感動すらおぼえるよ。

何度か中をのぞいてみたけど、いまだに全部は見てまわれてない。
まあ、そのうちに見れればいいかなってぐらいのモチベーションしかありませんが。coldsweats01
ただ、ワンコの出入りできる場所が、ごくごく一部に限られてるのがちょっと残念といえば残念かな。
まあ、ホームセンターじゃないしいついっても人だかりだし、それはそれでしかたない、か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

これも続報

リンク: 二俣ドッグラン一時閉鎖 市川市 : 千葉 :

市川市は、イヌブルセラ症の犬が確認されたとして、この犬が利用していた犬の屋外運動施設「二俣ドッグラン」(同市二俣新町)を一時閉鎖にした。
消毒などの対策を講じ、安全確認できるまで「当面閉鎖する」としている。

市と市川保健所によると、飼育者は市内在住。
10月に集団発生(陽性18頭、疑陽性38頭)の発覚した、浦安市のペット犬取扱店のレンタル犬と、9月に飼い犬を遊ばせた。
自主的な検査を受けたところ、陽性反応が出た。
感染経路は不明。

飼育者は今月7日、保健所に連絡。
保健所は市に情報を伝え、市は感染防止のため、8日から一時閉鎖の措置を取っている。
ドッグランは愛犬を放して自由に遊ばせる施設。
平日は数頭だが、休日は20~40頭の利用がある。

イヌブルセラ症に感染した犬は死・流産する。
感染犬の死骸(しがい)、出産時の汚物にふれると、まれにヒトにも感染する。


どうなっているかと思えばまだまだ、終わっていませんでしたね。despair
感染経路が分からないのが、不気味です。
他の地域に飛び火しなければいいんですが。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

その後元気で

テレビを賑わした、がけっぷち犬。
引き取られた里親さんのところで何度も脱走してしまって、また動物管理センターにもどって、人に慣らす再トレーニングを進めてるところまでではニュースで知りましたが、
その後どうしてるのかな?と思っていたら・・・。

やっと、脱走することもない落ち着ける所で暮らせるとなったのなら、これはこれでよかったですよねー。confident
里親さんのもとに戻れなくなったのは残念ですけれど、やむをえない事情もあるようですしね。
リンリンにとっては、信じられる人がいる場所で暮らしていければ、きっと、人への信頼も強まってくれるでしょうしね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何度くりかえす?

また咬傷事故です。
さらにまたも、幼い子どもがケガをしました。
咬まれた子にとっては、やはり咬んだ犬が悪者で怖いと思うわけで、いくらすべて飼い主の責任といっても、それは変わりませんからね、やりきれない気持ちになりますよ・・・。

自宅の敷地から外に抜け出て目についた人を咬んでしまう状況が、最近の咬傷事故で何度も何度も繰り返されているのがとても残念です。
普段外での散歩中はおとなしいワンコでも、たとえ咬むまではしなくても、自宅敷地から外に飛び出すと気持ちが高ぶって強気になって、通り過ぎる人を吠え立てながら追いかける場合もありますからね。
それは重大な問題をおこす予備軍ともいえるわけですから、心当たりがあればしっかりケアしてほしいですね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

サルモネラ~!?

リンク: サルモネラ汚染のペットフードで79人が体調不良に

[ワシントン 6日 ロイター] 
米疾病対策センター(CDC)は6日、サルモネラ菌で汚染された乾燥ペットフードにより、子どもを含む少なくとも79人が体調不良を訴えたと発表した。

複数のブランドがすでに商品回収を実施し、ペンシルベニア州にある製造工場も閉鎖されたが、CDCはペットの猫や犬が食べる可能性はなおあるとして、飼い主たちに注意を呼びかけている。
CDCによると、今回のサルモネラ汚染で死者が出たとの報告は今のところないが、子どもやお年寄りなどが汚染されたペットフードを触ることによって体調を崩したり、出血性の下痢を起こす可能性があるという。
今のところ、今回の件に関連してペットが体調不良を起こしたとの報告は出ていない。

あくまでアメリカ国内のフードの話ですが、最近は食の安全関連のにゅーす続きですからねー、なんとなく気持ち悪い話ではありますよね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

ワンコ選びの悩み

リンク: オバマ家 娘の愛犬探しに悩み(産経新聞) - Yahoo!ニュース.

 オバマ家の「懸案」は愛犬探し-。
オバマ次期米大統領は7日の記者会見で、ホワイトハウスへの引っ越しに当たり、2人の娘に約束した子犬をどう探すのかが悩みの種だと打ち明けた。
オバマ氏は4日の勝利集会で、長女マリアさん(10)と、次女サーシャちゃん(7)のペットとして、子犬をプレゼントする約束があったことを明らかにしていた。
オバマ氏は、父親としてこの愛犬探しが「最大の懸案だ」と発言。
子犬を選ぶ「2つの基準」として、アレルギー体質のマリアさんを刺激しないことと、動物保護施設に収容されている犬を譲り受ける希望を挙げた。

大統領のワンコ話が続きます。
こういう話題がマスコミをにぎわすところが、ワンコ好きを刺激してくれますよ。
日本の首相も、ワンコ話で賑わせてくれる人ならもっと親しみがもてるのに。
まあ、政治そっちのけでそればっかりじゃ、どうしようもないけどねcoldsweats01

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

噛んだっ

リンク: ブッシュ大統領の愛犬、ホワイトハウスで記者に噛みつく(CNN.co.jp) - Yahoo!ニュース.

米ホワイトハウスで飼われているブッシュ大統領の愛犬、スコッチテリアのバーニーが6日、ロイター・テレビの記者に噛みついた。
流血の「惨事」となった被害者のジョン・デッカーさんは、バーニーが「4日夜の(米大統領選での)共和党の大敗に、いらついていたのではないか」と話している。

デッカーさんは、ブッシュ大統領の愛犬バーニーがハンドラーと一緒に記者団の前に近づいてきた際に、しゃがんで撫(な)でようとした。
「とっても機嫌良さそうで、フレンドリーに見えた」とデッカーさんは話しているが、右手の人差し指を噛まれた。
バーニーの歯はデッカーさんの指に食い込み、流血。
すぐにホワイトハウス担当の医師の手当てを受け、抗生物質を処方された。7日に再診を受けるという。
デッカーさんの母親もバーニーと同じブリーダーから入手したスコッチテリアを飼っており、デッカーさんはスコッチテリアには慣れているはずと強調。
「何も怒らせるようなことはしていない。何が問題だったのか」と、いぶかしんでいる。
また、ローラ夫人の広報担当も、バーニーが人間を噛むことは今までなかったと述べ、「おそらく、パパラッチへの対応としての態度だったのではないか」と推測している。
デッカーさんと話し合った結果、「ジョンは話しの分かる、さっぱりした人物で、特に大事にはしないと言ってくれた」と述べている。

一方、デッカーさんがバーニーに噛まれる様子のビデオを見た犬の専門家は、次のように分析。
「問題点は2つ。ひとつは、誰も犬のストレスを見抜いて解放してあげなかったこと。もうひとつは、噛まれた人物の行動だ。ビデオを見ると、スコッチテリアの姿勢は非常に緊張しており、何らかのストレスを受けている状態だ。このストレスを軽減できなかったことが一因。また、噛まれた人物も、非常に素早い動きでスコッチテリアに接近し、高い位置から急激に手を差し出している。これは、特に小さな犬にとって、恐怖を与える動作だ」という。

ホワイトハウスでは歴代の大統領がペットを飼う習慣がある。
ブッシュ大統領一家はバーニーのほか、もう1頭のスコッチテリアとイングリッシュ・スプリンガー・ スパニエル1頭、猫1匹を飼っている。
また、クリントン前大統領も、猫とラブラドール・レトリーバーを飼っていた。




飼い主さんの気持ちがそのままワンコにうつること、ありますからね~。
いつもはそれほど気にならない人の動作が、何らかのストレスにさらされていると、耐えられないほどイライラするものに変わってしまうことがありますからね。
それにスコッティーはテリアの王様。
本来自分の今の気分を大事にする、隠さない、自己主張はしっかりとする犬種ですからね、その性格がこの場合は悪い流れに乗ってしまったんでしょうね。
・・・そう考えると政治家家族のワンコは、また独特な環境にいますよね。
普通に暮らしてて、記者に囲まれるなんてないですからねー(当たり前)coldsweats01

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

表示がかわるっ!

リンク: <ペットフード>賞味期限義務化 メラミン問題受け政府方針(毎日新聞) - Yahoo!ニュース.

 環境省と農林水産省は、国内で製造・流通する犬と猫用ペットフードのすべての製品に、賞味期限や原材料名などの表示を義務づける方針を固めた。
6月に成立したペットフード安全法に基づく措置で、来年6月から施行する予定。
残留農薬などペットの健康に影響する項目の基準値も設定するという。

 これまでは、業界団体の「ペットフード公正取引協議会」が定めた業界の自主基準に基づき表示されていた。
協議会には国内の製造業者や輸入業者46社が加入し、国内取扱量の9割以上を占めるが、基準は会員以外に適用されず、違反しても罰則がなかった。
そこで両省は、国内で製造・流通にかかわる全事業者に安全性の表示を義務づけることにした。
具体的にはフードの名称▽賞味期限▽事業者名と所在地▽原産国名▽すべての原材料名--の記載を求める。
さらに、フードに含まれる有害物質による健康被害を防ぐため、かび毒▽農薬▽重金属▽有害微生物▽使用に注意が必要な添加物--の残留値や使用上限値を設ける。

 違反すると製造禁止処分を受け、1年以下の懲役または100万円以下の罰金となる。法人の場合は最高1億円の罰金が科される。
ペットフードについては昨年、米国で有害物質メラミンを含む中国製品を食べた犬や猫が相次いで死ぬ事故が発生。
日本にもメラミン混入フードが輸入されたため、規制を求める声が上がっていた。

これで、ひとまず安心できそうですね。
これでもう、メラミンなんて言葉、聞かなくてすむ、かな。confident
こうしてみると、今までいかにゆる~い規制だったかが、あらためて分かりますね。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

鍵が外れて

室外でオリで飼っていて、鍵のロックミスで脱走、外に走り出ていって人を咬んでしまってケガをさせる事故が、土佐闘犬であったと思ったら、紀州犬でも似たような事故がありました。
本当にこういう、オリの鍵が外れての咬傷事故が多くて残念です。

オリで飼っているワンコが、もし飼い主さんの目が届かないときに鍵が開いたらどう動くか。
勝手に飛び出て外に出て行ってしまうのか。
飼い主がいないのでそこで動かずじっとしてるのか。

普段散歩でオリから出す時に、興奮するようなら要注意ですね。
日ごろの鍵のチェックには神経を使ってほしいですね。
咬むまでいかなくても、ノーリードの犬に追っかけられるだけでもみな怖いですからね。
悪いのは犬ではないのに・・・。

実際の伺ったケースで、オリ飼いの小型ワンコで、家の前の道が車がビュンビュン通る道路で、飛び出すと車に轢かれてもおかしくないほど危険だったので、しつけを進めて室内飼いにした例もありました。
オリで飼っていて、鍵が外れたらどうなるか不安な気持ちになることがあれば、飼い方を変えられないか、しつけはどうだろうと、一度しっかり考えてほしいと思います。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

慈愛のワンコ

リンク: <猫>いじめられていた子猫の命を救った愛犬ジャッキー(毎日新聞) - Yahoo!ニュース.

神戸市須磨区、ドレス販売店経営の畑竜次さん(32)の愛犬ジャッキーは、シーズーのオスで16歳。
この高齢犬ジャッキーが、若者たちから子猫を救助した。
事件は今年9月、深夜の駐車場で起きた。
畑さんがジャッキーと散歩中、ビールかけをして騒いでいる若者たちの横を通ったところ、普段おとなしいジャッキーが珍しく吠え続けた。
結局、住民からの通報を受けた警察が到着し、若者たちは急いでその場から逃げ出したという。
後には、ビールかけの被害に遭い、ビールまみれの姿で左目が開かない状態の生まれて数カ月ぐらいの子猫が残された。
畑さんはジャッキーの「連れて帰ってあげよう」という悲痛なまなざしを感じ、子猫を引き取ることを決意した。
手術の結果、左目が完治した子猫は「たま」と命名され、ジャッキーと寄り添って寝るほどの仲良しになった。
畑さんは「最近の若者たちは弱いものに対して攻撃的」といい、「たまとジャッキーの寝顔を見るといろんな意味で幸せです」と語った。

こういった、かわいそうな他の動物のシグナルを感じて飼い主さんに知らせるワンコの話を、時々聞きます。
考えてみれば、不思議ですよねー。
深夜に吠え続けるのはご近所迷惑になりがちだけど、こういう顛末なら大いに歓迎ですよね。
小さな命も救えたし、騒いでる人たちも追い払われたわけですから最高でしょ。
・・・それにしてもあらためて人間の残酷さを感じますよ。
悲しいねー。think
それでも、最後はこのうえないハッピーエンドsign01
よかったよかった。confident

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »