« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月30日 (火)

北海道犬が

今年のCMでは、某携帯会社の白の北海道犬が大人気でしたねー。
かつてのハスキーのような安易なブームで飼う人が増えるかなあと少し心配してましたが、皮肉というか、あまり
飼うまでの人気には結びつかなかったようです
流されて増えるかなあと思えば、意外な結果sign01
きちんとしつけをすれば特に難しい犬種とは思いませんが、でも、慎重に選んで飼わないのなら、北海道犬でもなんでも不幸なワンコを増やさないために喜ばしいことです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ   にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

おみごと~!

続きですが、
万引きワンコの映像、これはなかなかすごいsign03
もうちょっと小さいお店を想像してましたが、かなり広い。
よくもまあ、あの中で目的の骨を見つけてまんまとしかも堂々と逃げおおせたなあ。
感心しながら爆笑させてもらいましたよ。happy01

にほんブログ村 犬ブログへ    にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

やるね

リンク: 大胆な犯行 - MSN産経ニュース.

米ユタ州ソルトレイクシティー近郊で、スーパーマーケットの監視カメラが、犬が万引する様子をとらえた。
カメラの映像では、犬は正面玄関から“入店”し、まっすぐにペットフードが並ぶ通路へ向かい、2・79ドル(約250円)相当の骨をくわえた。
見つけた店のマネージャーは「放せ」と怒鳴ったが、犬はちらっと見ただけでひるんだ様子はなく、そのまま再び正面玄関から出て逃走した。

けっこうカラスやおサルさんが店先から取っていってしまう話は、日本でも聞きますね。
ワンコもやるか。coldsweats01
骨っていうところが、さすが、いかにもで迷いがないね。
しっかり下見してたのかな。

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

賞味期限が

リンク: これからは義務です ペットフードに賞味期限(社会) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース.

環境、農林水産両省の合同審議会は24日、国内で流通する犬と猫用のペットフードすべてに、賞味期限や原産国の表示を義務付けることを決めた。
これまでは、業界団体「ペットフード公正取引協議会」が定めた自主基準に基づき表示されていたが、来年6月に施行される「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」に基づく省令に盛り込む。
審議会のまとめでは、製造過程のうち最終加工の工程を完了した国を「原産国」とし、日本で工程を完了した場合は「国産」と表示できる。
賞味期限を設定するため、製品の栄養価や味を保証する期間をどの程度見込むかなどは今後、専門家の意見を基にまとめる。
ほかに、使用された原材料や添加物はすべて表示することを原則とするほか、製造、輸入、販売いずれかの業者名と所在地を明記することも義務付ける。

今のところ、順調に6月には表示されることになりそう。confident
それで絶対完ぺきではないけれど、でも安心材料にはなりますね。

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

あべこべ

リンク: 「母性のねじれ現象?トルコで犬と猫が?」 News i - TBSの動画ニュースサイト.

犬が猫を、さらにその猫がまた犬を・・・。
カゴの中で小さく震えているのは、トルコ・イズミールで生まれた3匹の子犬。
真っ白な毛並みです。
赤ちゃんたちのお母さんに「ミルクの時間ですよ」と獣医さんが赤ちゃんを近づけると・・・どうしたんでしょう、お母さん、何だか遠慮気味です。
ミルクをあげるのをためらっているのでしょうか。
しかし、母犬はなぜか猫にはミルクをあげています。
しかも、今度は全然嫌がらずにお乳をあげています。
実は、こちらの母犬は7匹の赤ちゃんを産みましたが、出産直後に4匹が死んでしまったのです。
そのショックからなのか、母犬は残った3匹に全く関心を示さなくなってしまいました。
ところが、子犬に興味を示さなくなった母犬が、なぜかこの猫を積極的に子育てし始めたということです。
さらに、まだまだ不思議は続きます。
母犬に無視された子犬たちを世話しているのは、なんとさっきの猫。
赤ちゃんたちは、しっかりきれいにしてもらってます。
この不思議な母性愛に、病院も驚いているということです。

へぇ~~不思議。coldsweats02
まわりまわって、うまいこと収まりましたね。
犬が子猫を、猫が子犬を、とわが子同然に育てる話は、時々聞きますけど、まさか両方ともお互いの子とは。
きっと仲良く育っていくんでしょうね、本人たちはワンコだかネコだか分からなくなっちゃったりして。
delicious

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年12月22日 (月)

バリ

バリ島で初めて、狂犬病が発生したそうですbearing
観光地ですからね、日本に持ち込まれなければいいけど、とかなり不安も感じます。
今まで無かったバリ島も、どこかから持ち込まれたってことなんでしょう。
予防注射、しっかり打っておきましょう。それしかない。





にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

半日耐えた

リンク: <犬救出>無事生還、よかったネ 30センチのすき間に12時間以上も--釜石 /岩手(毎日新聞) - Yahoo!ニュース.

釜石市新浜町で17日、飼い犬が水産加工場の幅約30センチのすき間に挟まれて出られなくなっているのが見つかり、従業員らによって無事救出された。
少なくても前夜から空腹と寒さに震えながら12時間以上は閉じ込められていたとみられ、うれしそうに尾を振った。
加工場近くの飼い主が留守にするため近所の男性に預けたドーベルマンの雑種の雄で、推定3歳。体長約1メートル。
同日朝、出勤してきた加工場の従業員が隣の壁とのすき間(奥行き約15メートル)で身動きできないでいるのを確認し、釜石保健所に通報。預かった男性が駆け付け「ルック」「ルック」と名前を呼んで身を反転させ、午前10時半過ぎに救出した。
ルックは16日、男性のすきを見て逃げ出したらしい。
加工場の経営者が前夜10時ごろに鳴き声に気づいていることから、半日以上は抜け出せないでいたとみられる。
従業員に抱きかかえられて裏の階段から脱出したルックは、うれしかったのか「ワン、ワン」と鳴いて引き綱を引っ張った。
女性従業員からは「良く頑張ったね」と声を掛けられ、身をかがめた。


案外、だだっ広い場所より幅が体ギリギリのところって、ワンコ大好きですからねー。coldsweats01
頭が通れれば大丈夫だろうと、ムリヤリにでも進もうとしてけっきょく身動きできなってしまうことも。
そうなったときに悲しいかな、後ろにさがるのが得意じゃないのが、ワンコのつらいところなんですよね。
それが例えば飼い主が留守中だったりすると、もう誰も助けられないですからね、そんな危険がある場所がワンコの行ける範囲にないか、注意しておきたいところです。

それにしても、半日以上身動きとれない状態だったとは・・・いやあ耐えたね~、エライ。
無事助けられて、本当によかった。happy01

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ   にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

パルボが

沖縄県で、犬パルボウィルスが流行りだしてるそうです。
怖いですねー。despair
毎年のワクチンの予防接種が、いかに大切なことか分かりますね。
恐ろしいパルボウィルス感染症にかかってしまったら、かなり高い確率で死んでしまいますからね。
忘れずにワクチン打っておきたいですね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ  にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

いまだにするー!?

リンク: 兵庫県:採用試験で介助犬拒否「犬嫌いに配慮」 - 毎日jp(毎日新聞).

兵庫県が先月、身体障害者向けに職員採用試験を実施した際、女性受験者の「介助犬同伴で受験したい」との申し出を拒否していたことが分かった。
女性はやむを得ず犬を家族に預けたが、「介助犬と使用者は一体。不安でしかたがなかった」と訴えている。
公共施設への介助犬同伴受け入れは「身体障害者補助犬法」(02年施行)で義務づけられており、同法を所管する厚生労働省も「法的に不適切な措置で、残念な行為」と指摘している。

受験したのは、車いすで介助犬と暮らす同県宝塚市の女性(26)。
この女性が受験書類に「介助犬同伴」と記して応募したところ、採用担当の職員課から「犬を連れてくるなら試験中は別室で預かる」との連絡があり、介助犬の役割を説明しても受け入れられなかったという。
女性は「介助犬は常に一緒にいる存在。離れるのはとても不安だった。長い時間他人に預けて世話が行き届くかも分からず、自宅に置いて受験するしかなかった」と話す。結果は不合格だった。
同課は毎日新聞の取材に「犬嫌いやアレルギーの人がいる可能性もある」などと釈明。
しかし同じ県の障害者支援課は「(職員課の)補助犬法への認識不足があった。配慮が欠けていた」と過失を認めたうえで、「犬アレルギーの人がいれば、使用者に介助犬同伴で別室で受験してもらうなどの措置を取れたはずだ」と指摘した。

一連の対応に「日本介助犬使用者の会」(宝塚市)の木村佳友会長(48)は「障害者の手足となってくれる介助犬は、目の不自由な人の白いツエと同じ。
県は法律の普及をリードする立場でもあり、考えられない対応」と批判している。


あきれて、驚きました。
お手本にならなくちゃいけない場所なのに・・・・。
完全に公共の施設で、義務づけの法律もできてずいぶんたった今、受け入れないしないとは、ありえないでしょう。
簡単に別室に預かるなんて言うところが、補助犬法も補助犬の役割もまったく理解してない証拠ですよ。angry

にほんブログ村 犬ブログへ   にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

ワン、ツー決めたっ

またまた中国の話ですが、「史上最も感動的なペット映画ランキング」の1、2位に、日本の映画が選ばれたそうです。
へぇ~~~なんだか鼻が高いな。
「いぬのえいが」と「盲導犬クイールの一生」だそうですよ。
ちなみに3位が「南極物語」のハリウッドリメイク版だそうですが、これは個人的には日本のが好きですけどね。think

ともあれこの2作品、僕もどちらともとても感動できて観てよかったなと思えた映画ですから、大納得です。
国が違っても、評価されてるのがなんとなくうれしいですね。
観てない方にも、オススメできる2本ですよ。
変にお涙ちょうだいじゃなく、素直に泣けます、きっと。weep

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ  にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

ありえないポメ

リンク: 愛犬、今度はホッキョクギツネ!飼育1年で判明中国

2008年12月12日、湖北省武漢市で、ある市民の愛犬がイヌに似ていないため地元動物園に鑑定を依頼したところ、ホッキョクギツネであることが判明したと伝えられた。
同市内在住の張(ジャン)さんはおよそ1年前、出張先で見初めたポメラニアンを600元(約8400円)で購入した。
しかし、成長するにつれしっぽが長くなり、鳴き声も「ワンワン」ではなく「ウーウー」とうなるようになり、飼い主にも一向になつかないばかりか、噛みつくこともしばしば。
今年の夏からは、なんともいえない体臭を発するようになり、毎日シャンプーしても改善の兆しが見えず、張さん一家は辟易した。
「これは、イヌではないのでは?」
疑念を抱いた張さんは、武漢動物園の獣医に鑑定を依頼。
なんとポメラニアンは人工繁殖されたホッキョクギツネであることが判明した。
ホッキョクギツネは北極域に棲息する小型のキツネで、むくむくとした多毛や丸っこい体型が特徴。
中国では国家保護動物にも指定されている希少種で、もちろん飼育には適さない。
張さんは「愛犬」を動物園に寄付することにしたという。

う~ん、たしかに同じイヌ科、似てるといえば・・・似てる、かなあ。
まあ顔だけでいえば、何度かは、柴犬系のミックス犬でキツネに似てるなあと思えるワンコに会ったことはありますから、ありえない話ではないのかもしれませんが。
しかし気づくのに1年間はすごいな。coldsweats01
けっきょく動物園で保護されるとのことですけど、キツネ本人の気持ちはどうなんでしょうねー、せいせいしてるのかちょっとはさみしいのか聞けるものなら聞いてみたいですね。confident

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

どうしても助けたかったんだね

高速道路で助け出そうと懸命な犬、ちょっと話題になっていますね。
自らの命もかえりみずなんとか助け出そうとする勇気に、心が熱くなります。despair
強いきずなで、結ばれていたんですね。

それと、安全運転sign01これにつきますね。
僕も車使いますからね、さらに肝に銘じました。
無謀な運転をする人にこそ、ぜひこの映像は見てほしいですね。

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

とりましょう

ウンチが5万円
放置したらの罰金の話ですが・・・。coldsweats01
厳しいっ!
もっと大きい規模で、こんな規定が制定されたらたまりませんね。

外でウンチしたら、きちんと回収していきましょう。
これ以上、犬立ち入り禁止の公園が増えないようにするためにも、大切ですね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ   にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

全盲ボスに思う

全盲のトイプードル「ボス」が、幸せを運ぶワンコとして、人気だそうです。happy01
以前の飼い主が咬み癖があったボスを治そうせず成犬になるまで放置して、さらに言う事を聞かないといって叩いているうちに、どんどん吠えぐせ、咬み癖が悪化してしまったのを、今の飼い主さんが愛情をかけたら・・・本来持っていたんでしょうね、とても優しいワンコに変身。confident
良かったね、末永く幸せに~。

このボスの話は、とっても意味のある例ですよ。
咬みぐせや吠えるくせを、「歳を重ねればいずれ自然にしなくなるんじゃない」と放っておいても何も解決しません。
解決どころか怖いのは、飼い主が次はいつ噛むか吠えるかと気にするあまり、だんだん冷めた接し方になったり、最悪なのはイライラして叩いてしまう。
すると歳を重ねていくごとに「あ~もう愛されてないなあ」と、飼い主との対話をあきらめてしまったワンコの困ったくせが、ますます誰にも止められなくなって、さらにエスカレートしてしまうことです。
しつけ直そうと思ったらまず第一歩は、ちゃんと普段愛情をかけてあげてるかな?、と考えるところから始めましょう。

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

つないでる、外れた

つないで飼われていた犬が脱走しての、咬傷事故がおきてます。
この事故については、細かい状況は分からないので、悔しいし悲しいとしかいえないですね。
特に今のハスキーは、ブームだからではなく本当に好きな人が飼っていて、しつけに関してもしっかりしている飼い主さんが多いので、とても残念です。

この事故で思うことですが、
例えば、
リード(ロープ)でつないでいる限りは、何も周りとトラブルを起こすことはないとか、
散歩中リードを手に持っていれば、なにも周りとトラブルを起こすことはない、というのはあまりにあまりにも不安な状態ですよね。despair
犬が苦手な人にとっても、これは全然まったく安心できないですね。

「リードが外れたら、もう飼い主が何を言っても聞いてくれないおさえられない」なんて、せっかく家族の一員としているのに悲しすぎますよ。
最低限の生活上のしつけは、リードが付いてる付いてないはいっさい関係なしのレベルまで、しっかりしておきたいですね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

ドラマ

来年の大河ドラマのマスコットキャラが、犬をモチーフにしたものになったそうで。dog
なかなかの愛らしいキャラですよ。
だから、というわけではないですが、なんとなく気になってるドラマではあるんですよね。
あんまりドラマは見ないんですが、これ、見てみようかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

車と犬

車を運転中、車内に乗せている犬に気を取られて、子どもの列に突っ込んでしまう事故が起きました。
車に犬を乗せることがあれば、これは絶対に気をつけなくちゃいけない事故ですね。
この事故の場合はどうだったのかは分かりませんが、
車内を自由に動きまわれるようにしてる飼い主さんならば、ワンコが落ち着きなく動いて運転に支障がでないように、車に乗せる用にハウスを用意して入れておくなり、きちんと席に座らせて犬用シートベルトをつけるなりして、ワンコを気にせずに運転に集中できる環境をつくっておきたいですね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ  にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

出産してないのに

リンク: 未出産の犬が 拾い猫に授乳/沖縄市

沖縄市のジャスティン・クロフォードさん(21)=米空軍嘉手納基地所属=と加世子さん(20)夫妻の飼っている犬「ジャスミン」が子猫「くーすけ」(雄)に乳を与えている。犬は生後約十一カ月の雌だが、出産経験はない。
沖縄こどもの国は「県内で犬が猫に授乳しているのは聞いたことがなく、出産経験もないのに乳が出るのも珍しい」としている。
子猫は近所の車の下にいるのを夫妻で見つけ拾ってきた。
初日は猫が犬を警戒していたが、翌朝二匹を見るとくーすけが乳をくわえていた。
平らだったジャスミンの乳房もミルクを与えるうちに、次第に張ってきたという。
加世子さんは「テレビでは見たことがあるが、まさか身近で起きるとはびっくりだ。ジャスミンは初めて猫を見たので、自分と同じ犬と思っているのだろう。母性本能も目覚め、本物の親子のようだ」と驚く。
授乳以外にも毛繕いをしたり、尿の処理をしたりと母親のように振る舞っている。
猫が乳に口を近づけるとすぐに立ち止まって飲みやすい姿勢でじっと待っているという。
沖縄こどもの国によると、母乳は抵抗力をつける成分などが多く含まれている。
人間が飲む牛乳を与えるより、犬の乳のほうが子猫の成長にとっていいという。
夫妻はともに猫アレルギー。
拾ってきた当初は飼い主が見つかるまで預かるつもりだったが、二匹の仲を引き裂くことはできないと、ジャスティンさんはアレルギーを抑える薬を飲み、接している。
加世子さんは「家族が増えてうれしい。二匹がこれからどのように成長するのか楽しみだ」と話している。

出産経験があれば、「ワンコが養母に」というのは時々聞きますね。
でも、出産経験のないのに・・・本当に珍しい話ですよ。

母性の神秘には、ホント驚かされますねー。confident

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ  にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いっしょにね

ワンコといっしょに初詣する人が増えているそう。
家族ですからね、当たり前といえば当たり前ですよね。
あ、ちなみに僕はもともと初詣いかないので、個人的には関係ない話なんですが・・・。
まあいいじゃないですか。coldsweats01

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

広げて広める

リンク: asahi.com(朝日新聞社):捨て犬猫の収容所拡充、飼い主と出会いの場に 環境省 - 社会.

捨て犬や捨て猫の処分を減らすため、環境省は来年度から、全国にある収容施設の拡充支援に乗り出す。
収容数を増やして「待機期間」を延ばして新たな飼い主との出会いのチャンスを増やす。

収容所は元々、狂犬病が広がるのを防ぐのが主な狙いで、3日以内に処分されることが多く、「出会いの場」として十分に認知されているとはいえない。
特に、中・大型犬では飼育の負担が大きいため、引き取りを検討している間に処分されてしまうこともあったという。

このため、同省は来年度から、主に捨て犬や猫の収容数を増やせる施設の新築や改修について、費用の半分を補助する。
施設を「出会いの場」としての存在としても強調していき、現在より譲りやすくする。

野良犬や、元の飼い主から捨てられた犬や猫は、都道府県や指定市の動物愛護センターや保健所など約400カ所に収容されている。
04年度は94%が処分された。

毎年殺されてしまう犬の数は、たしかに減っていますね。
行政もこうやってある程度良い方向に進めてるけれど、でもやっぱり悲しい現実も物語ってるニュースですよ。

けっきょくは飼い主のモラルです。

「捨てても、きっと誰かが飼ってくれる」なんて甘い考えをしても、捨てたら信じてる犬を裏切ることになり、そして死なせることになるんです!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ  にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »