« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

ああ、それをかじっちゃあ

リンク: 子犬にパスポート食べられ17歳少年 ペルー旅行不参加に

米国、ウィスコンシン州で飼っていた子犬がパスポートを食べてしまったせいでペルーへの修学旅行に参加できないアクシデントがあった。

30日、AP通信などは高等学校に在学中のジョン・メイヤー(17)がスペイン授業の一環でペルー旅行に行こうとするも破損したパスポートのせいで出国できなかったと報道した。

メイヤーとその家族によれば1歳になったゴールデンレトリバー『サンシャイン』がメイヤーのパスポートの一部を噛んで食べたという。
パスポートに書かれた数字のいくつかが不明瞭になったこと以外問題はなかったようだ。
そして特に問題ないと思ったメイヤーはパスポートを持って旅行に出た。
まずは飛行機でウィスコンシン州からイリノイ州のシカゴへそしてシカゴからフロリダ州のマイアミへ。
ここまでは無事だった。
しかしマイアミ空港でブレーキがかかった。

マイアミ空港当局は損傷したパスポートではこれ以上旅行はできないとし、飛行機への搭乗を禁止した。
パスポートを再発給しようとしたが時間が足りなかったようだ。

メイヤーは「子犬だけでなく誰も恨まない」として「むしろ子犬をとても愛している」と話したという。

----------------------------------

パスポートをかじって口の中でモグモグしてるワンコの姿が、目に浮かびますねー。coldsweats01

似たような話は、けっこうありがちですよね。

紙の素材でできてるものはもろくて、ワンコにかじられたら、まず無傷ではすまないから、ヘコみますよね、ホント。

それに、どうでもいいような置きっぱなしの紙には、目もくれないワンコなのに、ちょっと一時だけテーブルに置いた書類が無残にいたずらされるパターンが、本当に多いですよね。

そんなワンコがいる家では、最終的な予防策は・・・置かないこと。confident

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月29日 (月)

一瞬で

死んだフリするワンコはたくさんいますけど、これはなかなかマネできないでしょう。

何度もけなげにするのもいいし、なによりその思い切りのよさがすごい、一瞬ですからねー。

まさに究極の演技ですよ、これは。

なにも知らずにこの芸を目の前で見せられたら・・・きっとリアルすぎて笑えないなあ。coldsweats01

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

通行人を咬んでしまった

大型犬のシェパードが通行人を咬んでしまう事故が、残念ながら相次いでいます。

山形 愛知

シェパードに限らず大型犬全般にいえることですが、散歩中に道路で行きすぎる通行人の中には大きさにビックリして、

通りすぎるまで立ち止まっていたり、

犬を大きく避けたり、

もっと極端な反応だと子どもが大声をだしながら走って逃げる、

のも小型犬に比べてありえますよね。

覚えがある飼い主さんも多いと思います。

もちろん基本的な生活のうえのしつけができているかもかかわってくることですが、こういう出会う人の反応をみて、「お、みんな怖がってくれてるのか」と自信を持ちすぎてしまって強気になるワンコもいます。

さらに、そんな強気なワンコの様子を見て不安になった飼い主が、道ばたで人にできるだけ会わないようにと、人通りのない道や時間帯を選んで散歩をくりかえしていく。

それを何日何年と重ねていけば、他人との接し方が分からない犬になってしまうこともありえます。

しつけを含めた日ごろの散歩のしかたには、大型犬の飼い主さんには注意を払っていてほしいと思います。

それに、大型犬はそもそも力も強いので、散歩をする人はリードを引っぱることに頼りやすいですね。

そこで、リードはあくまでもつけているだけであって、しつけをしていくうえでリードはあくまでも補助に使うものという感覚がもって、いざリードが外れても慌ててしまうことのないようにしていくべきなんですね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

受講、済ませてきました。

Photo 昨日は、年に1度出席して受講しなくちゃいけない、埼玉県の動物取扱責任者研修にいってきましたー。sweat01

動物を取り扱って仕事をしている者は、これに出席して3時間の長~い講義を聴いたあとで、やっと写真のような「動物取扱責任者研修修了証」がもらえる、そうやって毎年県の認可を得なくちゃいけないことに法律で決まっています。

ただ主に想定してるのはペットショップなので、講義の内容もショップにちなんだ話が中心になっています。

そういうことでペットショップには必ずこの認可を受けた責任者がいなくてはいけないので、信頼がおけるお店かどうかを見分けるためのひとつとして、修了証があるかどうかチェックしてみるのもいいかもしれませんね。

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

いい歌ですよ

前にもおすすめしたけれど、この歌は本当にいいです。confident

犬を飼っている人にとっては、誰しも共感できる歌詞ですよねー。

しつけの相談で伺うワンコの中には、元の飼い主に身勝手な理由で手放された過去を経て今の飼い主さんのもとにきた、という場合も多いんですよね。

それを考えると、複雑な気持ちにもなります・・・。

もし、自分の飼っている犬に愛情がさめてしまっているなと思ってる人がいれば、そういう人にもぜひ聴いてほしい1曲です。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

防犯ベルなみ

犬の大声コンテスト開催。

イギリスのお話ですが・・・。

ギネス記録が防犯ベルの音と同じなんだそうで、そこまでの大声となると街中で飼うのはちょっと大変かな。coldsweats01

ワンコが家で、散歩で、吠えて困ってしつけを始めた飼い主さんは多いですからね。

そんなワンコが、もしギネス級の大声の持ち主だったら・・・ゾッとしますね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

流された!助かった

リンク: 子犬を洗うつもりが、トイレに流しちゃった!=英.

【ロンドン15日AFP=時事】15日付の英紙デーリー・ミラーによると、ロンドン西部でこのほど、4歳の男児が泥だらけになった子犬を便器で洗おうとして誤って流してしまう事故があった。
ロンドン西部ノーソルトに住むダニエル・ブレア君は生後1週間のコッカースパニエルが庭で遊んで泥だらけになったため、洗ってやる必要があると考え、便器に入れて水を流した。
ところが子犬はそのまま流され、パイプの中に閉じ込められてしまった。
 駆け付けた消防隊や動物福祉関係者ではどうにもならず、ダニエル君の母親が配管工を呼んだところ、子犬が自宅から約20メートルも離れたパイプの中で逆さま状態になっていることが分かった。
ようやく無事救出された子犬は、配管工の所属会社の名前にちなんで「ダイノ(Dyno)」と名付けられたという。
 とんでもないことをしてしまったダニエル君は、双子の兄が犬を泥だらけにしたため「洗ってやらなきゃ」と思ったと言い訳しながらも、「本当にごめんなさい。もう2度としないよ」と深く反省している。

-----------------------------

実際の様子を想像すると、なんと残酷なことかと思いますよね。

でも、本人に悪気はないとなれば、無事助け出されたのが本当によかったですよ。

本人に悪気がないといえば

・・・以前に、かなり高齢の小型ワンコでなおかつ足腰が悪くて歩きがふらつくほどのコを飼っている家で、その家の幼い子が、そのワンコの背中にふざけて乗ろうとしたのを見かけたことがあります。

慌てたお母さんが止めたので、特に問題なかったですが、あの時は目の前で見てて思わず「ウワッcoldsweats02」と声がでちゃいましたからねー。

その子もまったく悪気はなかったんですが、ワンコの方はすっかり滅入ってしまって部屋の隅に逃げていって、ジ~~~ッとその子の動きを見て距離をとってるのを見て、苦笑いするしかなかったですよ。coldsweats01

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

風格たっぷり

どこか哀愁を感じる人間くさい表情たまりません。

落ち着いた目で、何か一点を見つめてる時の表情。

ワンコに限りませんが、何かひきつけられるものがありますねー。confident

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

頭なでのお返し

なでた後のワンコのしぐさで、元気をもらえますよね。

グルグル回ったり、お腹見せたり、目を細めて気持ちよさそうな顔したり、と色々してくれます。

中にはポーカーフェイスのままのワンコもいますが・・・。coldsweats01まあそれも個性ですから。

こんなのはどうでしょう。

やさしいワンコの手のなで返しが、たまりませんね~。happy01

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

本当はこんなに活発

リンク: 保護された毛の長い汚いワンちゃん・・・短髪にすると超キュートに大変身!.

アメリカ、カリフォルニア州のあるヘレン・ウッド・アワード動物センターで保護された『ラッキー』という名前の犬が話題になっている。

保護されたときは弱っており毛も異常に長くまともに歩くことはできなかったという。
動物センターは、すぐさまラッキーを洗い、治療を開始。
そして歩くことができるよう毛を短く切った。

すると、なんとそこに現れたのは清楚で超キュートな犬だったのである!外見が奇麗になったことでラッキーは活発に明るくなり今では元気いっぱいに走り回っているという。
この驚くべきで感動的な変身ストーリーが動画共有サイトを通して知らされて、ラッキーに関する市民らの問い合わせが急増している。(動画もあります)

----------------------

自分の想像していた犬との生活とは「イメージ」が違うからと、だんだんと世話をしなくなる。

イメージというのは、飼うまでは、もっと明るくて言うこともよく聞いてくれる活発な犬を想像していたんだ、というわけです。

そんな、元の飼い主が飼えなくなったという理由の話を、引き取ってきたという今の飼い主さんのお宅で伺って、そういう性格のワンコなのかな?と見ながらもしつけを進めていくうちに、思わず

「はあ?!」

と言いたくなる場合があります。

まさしく、明るくてよく言うことをきいてくれる活発な犬そのものじゃないですか、このワンコは。

もし元の飼い主が飼えなくなった理由が本当だったとしたら、実はその人本人の接し方や生活環境がよくなくて、本来の性格が隠れてしまっていたんですね。

「ラッキー」の話は、とっても象徴的ですよね、本当に。think

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

バスケワンコ

バスケットボールbasketballダンクシュートを見事に決めるワンコhappy01

前足を巧みに使って、ドリブルパスも決めてます。やるねー。

ちなみに、昔中学のころはバスケットボール部だったんですよね。

ものすご~~~~~~く弱いチームでしたけど・・・・・。coldsweats01

ダンクシュートなんてとてもできませんでしたからね~、このワンコちょっとうらやましいぞ。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

今日から始まりましたー

「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」が施行開始されて、今日からペットフードの規制が強化されます!

「ペットフード」といっても、イヌとネコのフードのみの施行ですが。

有害な原料を含んだフードが出回って食べたたくさんのイヌたちが死んでしまった事件が、アメリカでありました。
きいた時は本当にビックリしました。

同じようことが日本で起きないよう、この法律でしっかりと安全を確保できるように期待したいですね。

これを機会に、いつも買っているフードのパッケージの表示を見てみるのもいいですね。

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »