« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

9年ごしの

リンク: 9年間行方不明の犬が飼い主と感動の再会へ 写真2枚 国際ニュース : AFPBB News.

オーストラリアで9年前に行方不明となっていたイヌと、17歳の飼い主との感動的な再会が31日、ついに実現する。

 クイーンズランド州ゴールドコーストに住むクロエ・ラシュビーさんは、8歳の誕生日に雑種犬のマフィーをプレゼントされた。
だが、2000年にマフィーが突然、姿を消してから9年。
ラシュビーさんは、マフィーとの再会を、ほとんどあきらめていた。

だが、動物愛護団体「王立動物虐待防止協会」がこのほど、自宅から2000キロも離れたメルボルン近郊で、段ボールの上で寝ているマフィーを発見。
マイクロチップが決め手となった。
発見されたときのマフィーは、薄汚れてノミだらけだったという。

早速、豪テレビ、チャンネル10が、ラシュビーさんを航空機でメルボルンに招待し、マフィーとの感動の再会をお膳立てした。

ラシュビーさんの母親によると、ラシュビーさんに電話でマフィーが見つかったと伝えると、「天にも昇るほどの喜びようだった」という。

再会の後、マフィーは、ペット輸送専門の航空会社の航空機で、ラシュビーさんが住むゴールドコーストに戻る。
マフィーが乗る飛行機はエアコン付きでVIP待遇だという。

-----------------------------

2000キロも離れた地で、しかも9年の歳月を経て・・・なんという奇跡sign03happy01

誰か映画化するぞ、きっと。confident

それに値するほど、劇的で感動的な話ですよね。

日本でも同じようなことがあってほしいと思いつつ、なかなかむずかしいですね。

飼い主さんが呼び戻すしつけなどで不安を抱えるワンコでも、普段は首輪もなにも着けてないという家も多くあります。

せめて、首輪ひとつでも、何か常に目印になるようなものをワンコに身につけておきたいですね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月30日 (木)

3犬種がなりやすいと

シーズー、シェルティ、ミニチュアシュナウザーなどの犬種に対して、高脂血症になりやすいとの調査結果が出てます。

もちろん、日ごろの生活そのものの問題でもあるので、犬種でセーフもアウトもないですけどね。

夏場でも、かなり体の重そうなワンコは多いですね。

冬場からそのまま食べ物の量や質が変わらないで、暑いからといって運動をさせなさすぎて・・・と悪循環にはならないようにしたいですね。

おやつをあげるならお肉のジャーキーよりも野菜もの少々にするとか、生活全般で見直せるところがあれば直して、厳しいダイエットはさけたいですね。

・・・・・それにしても、今年の夏は冷夏って話、当たりそうな天気が続きますね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

減ってしまって

狂犬病の予防接種率が、減ってきているそうです。

たしかに、日ごろ身近にはない病気ですから、気にならなくなってきますね。

でも世界的にはまったく減っていない病気ですからね、きっちり予防接種しておきたいですね。

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

あるチワワの奇跡

頭にフォークですよ、フォーク。wobbly

しかもフォークが刺さってから、2日間も結果として治療せずにいたのに・・・。

命が助かっただけでもすごいのに、脳に後遺症もないとは・・・とんでもない幸運に恵まれたワンコですよねー。

テーブルから落ちた話といえば、

ソースやタレをこぼしてしまって、下にいたワンコの顔にかかった程度の話はよく聞きますけどね。coldsweats01

治療したチワワのコがこの後、フォークを怖がるようになったのか、テーブルの下を避けるようになったのか、はたまた関連づけることはせずに変わらないのか、とても興味があるなあ。

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

赤ちゃんなら分かる

人間の赤ちゃんは、それまで犬に接したことがなくても、鳴き声を聴いて犬が怒ってるのか喜んでいるのかを理解できる、という研究結果が発表されました。

飼い主さんが今まで犬を飼ったことがなく、「このコが初めて飼う犬なんですが・・。」という家で、鳴いたり吠えているワンコがどうして鳴くのか、どんな感情なのかがよく分からなくて戸惑っている、ということでしつけのご相談に伺うことも多いですね。

そういう飼い主さんでも、赤ちゃんのころには分かっていたわけですよね。

そのころの記憶が、大人になっても残ってるといいんですけどねー。coldsweats01

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

ずんぐりの脚が

リンク: ダックスフントはなぜ短足?英米研究チームが謎を解明 国際ニュース : AFPBB News.

ダックスフントやコーギーなどの短足種の犬の脚がずんぐりと短くなったのは、犬が現在のような種類に進化する以前に、ある1つの遺伝子が変異したことが原因だった――16日の米科学誌「サイエンス」に、このような研究結果が掲載された。

 英国人と米国人からなる研究チームは、短足犬種95匹を含む835匹の犬を対象に遺伝子の分析を行った。
その結果、短足犬種すべてが、タンパク質を作る遺伝子の余分なコピーを持っていることが判明した。
この遺伝子の影響で成長を促すタンパク質が過剰生産され、進化の過程の不適切な時期に主要な成長受容体が刺激されたと、研究チームは考えている。

 チワワやシーズーのような小型のペット犬種と比べ短足犬種の脚は極端に短いことから、こうした遺伝子の変異は、現代の犬の祖先が進化の過程でオオカミから分岐した後に起きたと見られている。

「今回の研究により、この遺伝子が進化の過程で、これまで考えられていたよりも重要な役割を果たす可能性があり、特に種の多様性をもたらす要因になるということが分かった」と、同研究の筆頭執筆者である国立ヒトゲノム研究所のハイディ・パーカー氏は述べている。

---------------------------

新発見flair

あまりにもオオカミのイメージからは遠い体格の「犬」たちがいることの謎が、解けたといってもいいのかもしれませんね。

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

あれ、どうして

テレビやパソコンに動物の映像が映ったときに、

これは実物じゃないとすぐ分かって特に反応しないワンコがいれば、真剣に悩んでじっと見入っちゃうワンコがいますね。

このワンコは、かなり混乱してますcoldsweats01

近づいても、よく見てみても納得できない、そんな悩ましい首かしげの顔、最高です。happy01

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

アステカと犬

日ごろ、特に気にしていない考古学的な話題でも、犬が登場してくるとちょっと気になってしまいます。

古代の人は、犬が天国まで付き添ってくれる動物と考えていて、お墓に埋葬していたんですね。

はるか昔からの人間と犬と深~い関係には、今さらながら驚かされますよ。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

大手柄なワンコ

人の少ない山の中、真っ暗な夜間、まわりから見えない場所、助けを呼ぶこともできない状態。

ここまで厳しい条件の中に追い込まれてしまった人が、ワンコの知らせで無事救助された!

その人の飼い犬ならまだしも、違いますからねー。

ゴハンにも気をそがれないcoldsweats01、強い意志がすばらしいですね。

きっと山里の静かな所なんでしょうから、ワンコの感覚も研ぎ澄まされていたのが良かったとしても、それにしても文句なしのお手柄ですよね。confident

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

ザ・笑顔

表情が乏しくて、喜んでるのかそうでもないのか分からないワンコは、よくいますね。

表情豊かなワンコのあとに、そういうワンコを家族にむかえてとまどったという飼い主さんにもよく出会います。

しつけのうえでも、伝わってるのか迷ってしまうんですね。

そんなワンコを飼っている人には、こんなワンコの顔はうらやましい、かな。confident

まあ、ようはタイミングがいいところで、いかにも笑顔に見えるんですけど、ね。

口元のしわが、きれいにニコっとした形になってる。

こんな笑顔のワンコだと、少々のイタズラは目をつぶりたくなるでしょうね、きっと。coldsweats01

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

忠犬といえば・・・

忠犬ハチ公の物語が、ついにハリウッド映画でリメイク公開。

ついに完成したんですねー。

期待して良いのかな。

アメリカの話になるから、犬種も変えるのかなあとも思っていたけど、秋田犬はそのままなんですね。

まあ、これでまたハチ公ブームでも起きればおもしろいですね。happy01

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

通れません

長い棒をくわえたまま幅のせまい所を通り抜けようとして、立ち往生して困っているワンコ

思わず助けてあげたくなるほどの、必死の突進ぶり。happy01

ワンコは頭さえ通ってしまえば、あとはなんとか通れるだろうと思いますからねー。

その頭が通らないとなると、チャレンジしなおすしかない。

それでもこのコは何度もトライして頑張ってますが、1回通ろうとして棒がつっかえたら、すぐあきらめて口から棒を落としちゃうワンコもいてcoldsweats01、けっこう個性がでる場面でもありますよね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

後ずさりしたら

独特な後ずさりするワンコ、まさにムーンウォークといってもいいでしょうね。

ワンコ自身からすると、かなり偶然にも期待しなくちゃいけない、意識的にできるようなものじゃないようですが。

それでも、これはお見事。confident

意識していつでもできるようなワンコが現れたら、スター犬になれるかも。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

インパクトッ

リンク: FNNニュース: 米・カリフォルニア州にて世界一醜い犬....

アメリカ・カリフォルニア州で、「世界一醜いワンちゃん」を決める大会が開かれた。
世界一の犬に選ばれたのは、パブストちゃん4歳。
一見普通の犬に見えるが、優勝の決め手は口を閉じたときの表情だった。
下あごから突き出た歯が印象的なパブストちゃんは雑種で、3年前、動物保護施設にいたところを今の飼い主に引き取られた。
今回の優勝で、賞金およそ15万円をゲットし、ペット用品会社とモデル契約を結んだという。

-------------------------

世界一醜い・・と表現されるとなんだかなあとも思いますが、見てみるとたしかにものすごく印象に残る顔のワンコですね。happy01

一見恐ろしい顔になりそうなところなのに、目がとってもやさしいので、下あごの犬歯が飛び出してるアンバランスさがとってもよくて、愛嬌でてますね~。

このパブストちゃんのように、口を閉じていても下あごの突き出たワンコには何度かしつけを通じて出会ってきましたが、なぜかみんな人なつっこい社交的なワンコなのは共通してます。

偶然でしょうけどね。confident

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »