« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

♂♀ともに

非常に珍しい雌雄同体のワンコが。

驚きました、あるんですね。

そういう症状は聞いたことはあっても、実際のワンコの話として紹介されると、また犬の世界の深さを痛感します。

ただ、その症状を理由に捨てられてしまった、とてもつらい思いをさせられたのが残念ですね。

せめてこれからは、女のコとして楽しく暮らしてほしいですね。

・・・それにしても本当にあるんですね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

スカイツリーに犬が

東京スカイツリーのキャラクター、のサブに犬キャラ。

スカイツリー、完成楽しみですね。confident

地元八潮からもバッチリ見えてますから、だんだん高くなっていく経過を見続けていられるのは、単純にワクワクしますよ。

しかし、「スコブルブル」って・・・smile

犬とペンギンは入場していいってことなら、おもしろいな。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

キュートなアート

ハロウィンの見事な仮装ワンコたち

ワンコが楽しんでるのかどうかは、まあ別にしてcoldsweats01

ここまでいくと、本当に芸術ですね。

とても凝った仮装ばかりで、おもわず紹介したくなってしまいました。

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

人気の名まえ

ワンコの名前ランキングが発表されました。

さすが人気のある名前だけあって、短くて呼びやすい名が多いですよね。

ただ、たしかにつけやすい名前だけあって、しつけ訪問で同じ名前のワンコに同じ日に2頭、3頭と会うこともあります。

しかも、時には同じ犬種だったりもしますから、一瞬迷ってしまうなんてこともけっこうあるんですよね。coldsweats01

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月21日 (木)

ハーモニー

合唱してるかのような子ワンコたち。

それぞれの子犬が、微妙にパートが分かれてメロディを奏でてるように聞こえなくもないですねー。confident

まるで近所のワンコどうしが遠吠えで共鳴してる時の声にも似ているようで、不思議ですね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

どっちがクサイ?

イヌとネコ、あのおトイレの臭いの違いは?

そんな疑問に答えてくれる調査結果がでてます。

なんとなく臭い、ではなく、ネコの臭いのほうがイヌより勝ってるのかが納得できますね。

まあ、クサイことではどちらも変わらないですが・・・・coldsweats01

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

タイプの違いが

悲観的thinkなワンコと、楽観的confidentなワンコと。

タイプの違いを実験で立証した研究結果がでました。

同じ局面でも、ワンコによって行動が分かれますよね。

そこには、性格の違いが大きく表われていますから、当然しつけについても、どんなワンコでも進め方はいっしょということはないわけですね。

「しつけの本などを参考にして、自分なりにワンコに教えてはみたけれどうまくいかなかった・・・」という家の実際のワンコの様子を見てみると、性格に合った形でのしつけができていなかったというパターンがよくあります。

ワンコの性格がしっかり把握できていると、案外すんなりといくことが多いですから、よくみておきたいですね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

ワンコで減る

リンク: 子どもがアトピー発症するリスク、犬の飼育で軽減=米研究 (ロイター) - Yahoo!ニュース.

アレルギー疾患の家族歴がある子どもが1歳までに犬と生活すれば、アトピー性皮膚炎を発症するリスクが低くなると、米国の研究チームが小児科専門誌で発表した。
同チームはまた、猫のフケや唾液、尿などにアレルギーがある子どもが猫と生活した場合は、アトピー性皮膚炎を発症するリスクが高くなる可能性があると指摘している。

 研究を率いたシンシナティ大医学部のトーリー・イプシュタイン准教授は、子どもを持つ親にペットについてのアドバイスをするのは状況が複雑で難しいと説明。
ただ、過去の多くの研究から犬の飼育がアトピー性皮膚炎のリスク低下と関係あると示されていると話した。
生活環境とアレルギーの関係を長期間にわたり調べたこの研究では、親にぜんそくやアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎の既往歴がある636人の子どもを乳児のときから追跡調査。
その結果、4歳までにアトピー性皮膚炎を発症した子どもは全体の14%を占めた一方で、乳児のときに犬と生活していた184人の子どもだけをみると、9%だった。

---------------------------------------------

なかなか興味深い研究結果ですね。

だから、みんな1歳までにワンコと生活をしましょう、というわけではないですが・・・・。coldsweats01

しつけの面で、お子さんとワンコのかかわりを心配される飼い主さんも多いですが、それ以前に、こういったアレルギーなどとの関係を心配されている方には、明るくなれるまさに“朗報”ですね。confident

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

ケガじゃありません

Photo_3

Photo_4

最近のピーチの散歩中の声の掛けられ方は、「その犬、高齢なんですか?」よりも「足、ケガしてる?」

・・・まあ、たしかにそう見えるのかもしれませんね。coldsweats01

こんな感じで時々止まって、さて歩き出そうかとスタートしようとすると、目に見えて日増しに足運びがギクシャクしてきて、体がゆれるゆれる。

でも、歩けるだけでりっぱりっぱ、満足、満足。confident

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

うけとめワンコ

車にはねられてあわやのところを受け止めて助けたワンコcoldsweats02

こんな奇跡って、あるんですねー。confident

どうやら、たまたま偶然ワンコの上に落ちてきたようで、ワンコが積極的に動いて受け止めたのではないみたいですが。

それでも、ほんの一瞬にすべての良い条件が整ったんですからね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »