« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月23日 (土)

変わる

7歳以上の比較的高齢のワンコが全体のおよそ半分、7割が室内飼いという調査結果がでてきてますね。

外で飼っているワンコのお宅に伺うほうが圧倒的に少ないですからね、実感として感じてますよ。

ひと昔前なら、老犬扱いしていたような年齢のワンコも、今は元気ですね。

元気すぎて、まるで子犬のような落ち着きのないワンコもいますからcoldsweats01、犬の世界も本当に変わっていってますよね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

意外な

ずっとながめていたいconfident・・・そんな気持ちになる画ですね。

なんとも意外な組み合わせ。

ワンコとネコとヒヨコ

させたい放題なのがいいですねconfident

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

反響が

この、3週間ぶりの救助劇のワンコのニュースに、外国の反響もあったようです。

厳しい震災の話のなかで、少しホッとできますね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

早くも

リンク: 救助された漂流犬が飼い主の元へ - 速報:@niftyニュース.

 宮城県気仙沼市の沖合約1・8キロの海上で漂流していたところを、津波から3週間後に救助された犬が4日、名乗り出た飼い主の元に戻った。
飼い主は「これから絶対離さずに、大事に飼う」と喜んでいたという。
犬は雑種の雌。
震災の行方不明者を捜索していた第3管区海上保安本部(横浜)の特殊救難隊のヘリコプターが1日に発見、救助艇で助けた。
県動物愛護センターで保護されていたが、気仙沼市の避難先でテレビを見た50代男性の家族が「うちの犬じゃないか」と名乗り出た。
妻が同センターを訪れたところ、犬はしっぽを振って大喜び。
センター職員らに見せる態度とは全く異なり、飼い主と判断したという。

------------------------------------------------

無事飼い主さんのもとにもどれて、本当によかった。confident

苦難の中で助かったんですからね、末永く仲良くすごされるといいですね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

救出

ワンコの奇跡の救出劇が。

自宅近くからそして海上でも

悲劇的な話が多い中、少し前向きになれますね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »