« 立てる | トップページ | あっというまの成長 »

2011年5月19日 (木)

皮肉なおかげ

リンク: 猛禽類にさらわれた小型犬、おかげで保護され命拾い (CNN.co.jp) - Yahoo!ニュース.

カナダで猛禽類(もうきんるい)にさらわれた小型犬が、そのおかげで保護されて命拾いする出来事があった。

ブリティッシュコロンビア州にある老人ホームの庭にメスのトイプードルが落ちてきたのは5月2日のことだった。
動物愛護団体SPCAによると、ホームの看護師に発見された時には背中に深い傷を負い、肋骨が何本も折れてひどく弱っていたという。
背中の傷を調べたところ、猛禽類のかぎ爪でつかまれてできたものと分かった。鑑札などが付いていなかったことから迷い犬とみられ、空中から落とされた際の骨折のほかに、つめが伸びて肉球に食い込み、虫歯もひどい状態だった。

SPCAのウェブサイトは「どれくらい長い間手当てを受けずにさまよっていたのかは分からないが、皮肉なことに、鳥がこの犬の命を救ったのかもしれない」「助かったのは本当に奇跡的。できるだけのことをしてやりたい」としている。
犬は発見された月にちなんで「メイ」と命名された。地元の病院で背中の傷と骨折の手当てを受けたが、SPCAは歯の治療のために3500カナダドルの寄付を募っている。


----------------------------------------------

鳥に小型犬がさらわれた話は、ニュースとして何度か見かけたことがありますけど、まさかそれがワンコの命を結果として救うことになるとは・・・。

こんなこともあるんですねー。

「メイ」自身にとっては、とんでもない災難が続いてただけでしょうから、喜べるようなことじゃないでしょうね。coldsweats01

それでもこういう奇跡な話、震災以来の今だからこそ、よけいに和むんだなあ。confident

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

|

« 立てる | トップページ | あっというまの成長 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197208/51716567

この記事へのトラックバック一覧です: 皮肉なおかげ:

« 立てる | トップページ | あっというまの成長 »